アーティチョークが好物

本日は晴天。新聞に記されたボローニャの予報気温は14度。それを見るなりそんなに暖かくなる筈があるまいと頭ごなしに否定したが、それは大変な間違えであった。実際は17度にも上がり、何事も柔軟な心で受け入れることが大切であることを学んだ一日であった。空が晴れて気持ちが良い。雪が降ったおかげで空気が澄んでいるようにすら感じる。こんな日曜日はすべてが可能に感じるものだ。先日、旧市街を歩いていて足を止めた。店先にアーティチョークが上手い具合に山積みされていた。私はアーティチョークが大好きだ。例えばこんな風に置かれていると美しい花にそうするように観察せずにいられない。そうだ、言うなれば野菜の花だ。それから食べるのも大好き。柔らかく茹でたそれは何ともいえぬ美味しさだ。今では日頃の生活シーンで頻繁に目にするアーティチョーク。初めてこれを食べたのは18年近く前のことだ。私はアメリカに暮していて、ようやく経済力もつき友人たちとレストランへ足を運べるようになった頃のことだ。その町にはイタリア人街なるものが存在して、高級なものから庶民的な店までが驚くほど沢山存在していた。ある晩、私は友人とそのまた友人との3人で、ある店に行った。それは所謂庶民的な店のひとつで、店内は鰻の寝床のように細長くてその一部だけがガラス張りで外から店の様子が窺えるようになっていた。知人であるイタリア人が毎晩此処で夕食をするというのを聞いていたので、そんなに毎日通いたくなるような店とはどんな店なのかと私は長いこと興味を持っていたのだ。店に入ると案の定知人が奥の小さなテーブルについて夕食中だった。彼はイタリアからの移民で、連れ合いに先に逝かれたか別れたのか、兎に角自分ひとりの食事を用意するには年を取り過ぎていたので、店の人の好意で毎日違うメニューを手軽な価格で提供してもらう契約をしているらしかった。私達3人はテーブルについていくかの注文した。誰が何を頼んだのか覚えていないが、山盛りの茹でたアーティチョークが出てきたのだけは覚えている。花びらのように剥がして歯でしごいて食べた。苦くて美味しいと思わなかった。それにしても山盛りあるので、私達は一種義務的にそれを食べ続けた。残すのは店の人に悪いと思ったのだ。子供の頃に食べた苦い筍のような味だった。時々苦い筍に当たって、苦い苦いと大騒ぎしたものだが、あの味に共通していた。そんな苦くて美味しくないアーティチョークを食べながら、金輪際これだけは食べないと心に誓ったのに、イタリアで暮らすようになるとこれが好物になった。私の味覚が変わったのか、料理の仕方が違うのか。アーティチョークが好物。そんなことをあの頃の友人たちが耳にしたら、きっと大笑いするだろう。だってあなたは言ったじゃない。金輪際これだけは食べないって。山積みされたアーティチョークを眺めながらそんな昔のことを思い出した。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

苦い野菜
初めて見た時は美しい紫に、なぜ花が野菜売り場に?と疑問に思った物です。それがフランスで美味しく食べられているとは知らずに過ごしていました。
今でも正直おいしいとは思いません。でもあの花に魅力を感じ市場にいくとまじまじと観察してしまいます。

2011/03/06 (Sun) 21:20 | inei-reisan #79D/WHSg | URL | 編集
No title

私もアーティチョークが大好きなんですが、スエーデンで手に入るのはきっともう古いんでしょうね。この写真で見るとラベンダー色で、とてもやわらかそうで、おいしそう。
私はアーティチョークのシーズンは秋だと思ってましたが春なんですね。

2011/03/07 (Mon) 00:16 | poppy49 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

先日はブログにコメントをありがとうございました^^
昨日は珍しく晴れた日曜日でしたね。土曜日がいいお天気のことはちょくちょくあっても、ああやって日曜日が快晴だったのは久しぶりのような気がします。
雪が降ったかと思えば昨日のような温かさ、、、主人は「僕たちをからかってるのかなぁー」なんて言ってましたが笑。

私もカルチョーフィ大好きです。イタリアに来るまでは存在すら知らなかった野菜ですが、でも一度味わうとまた食べたくなってしまいます。
日本ではビン詰めのオイル漬けのものしか見たことがないのですが、こうしてフレッシュで頂けることはありがたいことですね~ある意味^^

ひとつひとつに毎回素敵な思い出、エピソードがあってホントに素敵ですネ♪

2011/03/07 (Mon) 10:03 | Bolognamica #79D/WHSg | URL | 編集
No title

これもひょっとしてvia pescherie vecchieにある八百屋さんでは・・・???
瑞々しいアーティチョークが手に入るイタリア、うらやましいです。ロンドンでも売ってはいるけど鮮度が全然違います。私のお奨め料理法は天ぷら。絶品ですよ。

2011/03/07 (Mon) 10:48 | orpheusbritanicus #79D/WHSg | URL | 編集
No title

inei-reisan さん、アーティチョークを私は野菜の花、若しくは芸術と思っています。だから観賞するとか観察するというのが大変正しい表現ですね。私はこれが大好きになりましたが、料理する方はいまいちです。何しろこんな姿ですから、手間がかかって大変ですよ。

2011/03/07 (Mon) 23:20 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

poppy49さん、イタリアのアーティチョークは確かに新鮮ですね。何年も前の春にシチリアへ行ったとき、トラックのなかに山のようなアーティチョークが積まれていて、お客さんが来ては其処から何本か手にとって購入していくのを見ましたけど、あの野菜は南の方が本場なのかもしれませんね。やっぱり新鮮なのは色もいいですね。

2011/03/07 (Mon) 23:23 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Bolognamicaさん、こんにちは。昨日の暖かさに今日の寒さ。ご主人が言うようにからかわれているのかもしれませんね、3月の空に。こういうときは体調を崩しやすいので気をつけたほうが良さそうですね。この野菜、調理に手間がかかって一苦労ですが、確かに新鮮なのを食することが出来るのは幸せなことですね。今年は面倒臭がらずに料理を頑張ってみようかしら。

2011/03/07 (Mon) 23:27 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

orpheusbritanicusさん、これはですね、大変良く似ていますがちょっと違うんです。via drapperie とvia clavatureの角っこの店なんですよ。この店、ちょっとも洒落ていないけどご贔屓さんが沢山いるところを見ると、新鮮で安くて良心的なのでしょう。どちらにしてもボローニャでは新鮮で安くなければお客さんが通ってくれないので、お店のほうも競うように言いものを取り揃えるようですよ。アーティチョークの天ぷら? 美味しそうですね。今度作ってみます。

2011/03/07 (Mon) 23:33 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する