柱の新聞

先日いつものバールに立ち寄ったら、ジャンニの陽に焼けた顔を見つけた。ジャンニはバールの中に設置されたタバコ屋の人で、髪は4分の3が既に白くなっていて若くはないが、長身でスレンダーな身に清潔で爽やかな衣服で万年青年みたいな人だ。とても優しくて穏やかな性格。皆ジャンニが大好きだ。そういえば彼は2週間ほど休暇をとって不在だった。何処へ行ったのだろう。この焼け具合からするとカナリア諸島辺りに違いない。と訊いてみたら、案の定カナリア諸島であった。この時期、カナリア諸島へ太陽を求める人はイタリアには沢山居る。以前フィレンツェで仕事をしていた時にもそういう人がいて、帰ってくるとこんな風に陽に焼けて帰ってきたものだ。休暇から戻ってきたばかりのジャンニは機嫌が良く、いつもより更にきびきびと働いていた。ところがふとした拍子に風向きが変わった。バールの客の誰かが政治の話を始めたからである。私はいつもこの話だけは避けているのだ。何故ならこれが始まると誰も彼もが興奮して、収拾がつかなくなってしまうからである。友人達との和やかな夕食会も、職場でも、それからこんなバールでは特にそうだ。誰かがとうとうと自分の意見を述べると、あっという間に討論会が始まってしまった。特に年配の人達はこの手の議題が大好きで、ジャンニも例にもれずその種の人間であった。彼らは決して怒っているわけではない。しかし傍から見るとかなり怒りが沸騰していて、ただ話しているようには見えない。口調が鋭く、声のボリュームもどんどん上がっていく。私はバールの隅っこに逃げ込んでことの流れを眺めていたが、そのうち誰かが、誰が良いとか悪いとかじゃない、つまりは俺達に選択肢がないのが問題なのだ、ときっぱり言うと誰もがそうだそうだと言って話がお仕舞いになった。私はほーっと溜息をついて話が丸く収まったことを喜んだ。ジャンニはそんな私と見て、大丈夫、僕達は決して良い争いをしていた訳じゃないんだよ、と陽に焼けた顔に笑みをたたえて私に小さなウィンクを送った。そうかしら。今日のはそんな風に見えなかったけど。私がそういうと周囲の年配の人達があははと声を上げて笑った。この土曜日、私は旧市街の、いつも歩かない界隈を散策した。日曜日から天気が下り坂で、ひょっとすると10日間ほど雨降りが続くと聞いていたので、思い存分楽しんでおこうと思ったからだ。旧市街の真ん中は人で一杯だけど、この辺りに来ると人は疎ら。昼時のせいもあるけれど、兎に角この辺りまでは旅行者は足を延ばさないからだ。天井の低いポルティコ。分厚い頑丈な壁。この辺りはボローニャの昔の匂いをそのまま残していると思う。何の彫刻も施されていない四角い頑丈な柱が並ぶこの辺りは、その昔庶民が暮していたのだろうか。大きなお屋敷は見当たらない。それとも私が知らないだけで、やはりこの辺りもまた由緒ある人達の暮らしの場だったのだろうか。少し行くと柱に新聞が貼ってあった。ボローニャ辺りはこんな風に道端やバスの停留所がある辺りに新聞が張ってある。しかも新聞は大抵政治のページで、通り掛った老人達が足を止めて読み耽っている。昔住んでいた界隈にもそんなバスの停留所があって、私はバスを待ちながら新聞に目を通すのが習慣だった。ある日知らない老人が隣に立って読み始めたかと思うと私相手に政治の話を始めた。ああ、どうしよう、この手の話はしたくないなあ。と、そのときバスが丁度来て幸いにも政治の話から免れたのであった。それにしても皆、政治の話が大好きだ。昔からそれは変わらないらしい。柱に貼られた新聞を眺めながら、思わず苦笑が零れた。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

素敵な話題だけは沢山提供してくれる政治家さん達に恵まれ、イタリア人の政治談議、話題に尽きないですね(笑
イタリア語がまだまだ、なので・・固有名詞がばんばん出てくる政治談議は私も苦手。
70年代の政治家なんて知らないっての(笑

急にお天気が下り坂でがっかりですね。
でも、これがボローニャの天気といわれれば・・そうかもしれない。
日は確かに伸びているし、春は直ぐそこ。と思っていても・・このどんより雲にはため息です(笑

2011/02/14 (Mon) 09:01 | erieri #79D/WHSg | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/14 (Mon) 09:45 | # | | 編集
No title

私は今日一日ドイツ人に言われたちょっときつい感じのコメントを引きずって暮らしています。いや、おこられたわけではないのですが、なんか日本人の感覚で気にしてしまう時ってあるのですよね。。

2011/02/14 (Mon) 14:53 | inei-reisan #79D/WHSg | URL | 編集
No title

お久しぶりです。
日本全国、1月末あたりから真冬が戻ってしまい、昨夜から今日にかけて大雪となりました。写真で見る限りボローニャは降雪はなさそうですね。

政治の話ではないですが、フィレンツェのバールで「ジャポネーゼ、イクスペンシブ?」と言われたことがありました。つまり日本人みたいな金持ちがモノが高いなんて言うな、って意味です。
相手はなんてことないオッサンでしたが、僕にもわかるようにわざわざ英語を交えて言ったところをみると、議論でも吹っかけようと思ったのでしょうか?
でも、こちらも黙ってはいませんでしたよ。「会社や国は金持ちだけど、サラリーマンはどの国も同じだ」と説明してやりました。「ほお、なるほど」というようなリアクションでしたが、彼自身、日本のイメージをそのまま鵜呑みにしていたようです。
ま、議論にもなりませんね。


2011/02/15 (Tue) 03:06 | ひろぽん #79D/WHSg | URL | 編集
No title

erieri さん、こんにちは。イタリアの人って政治の話が本当に好きですね。いや、もしかしたらボローニャの人は特にそうなのかもしれないと思うこの頃なんですよ。あの話に巻き込まれたら最後、エネルギーを使い果たすこと間違い無しなので要注意です。それにしてもあんなに興奮して話す必要はあるのでしょうか。
雨降りで萎んでいます。やっぱり晴れた空が良いですね。週末は晴天になるらしいですから期待していましょう。

2011/02/17 (Thu) 19:54 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

鍵コメさん、こんにちは。カナリア諸島で思い出しましたか。色んなことがあるものですね。鍵コメさんはカナリア諸島へ行かれたことはあるのでしょうか。私は何時か何時かと言いながら、暫くはお預けの楽しみです。太陽が一杯のカナリア諸島での冬の休暇。考えただけでも溜息が出ます。

2011/02/17 (Thu) 19:58 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

inei-reisan さん、こんにちは。もうドイツ人に言われたきつい感じのひと言から立ち直りましたか。その方面では私はかなり強くなりましたが、それでも時々ひどく気に掛かることがあります。言葉って本当にデリケートなもので、折角の会話なのだから気持ちよく出来た方が良いですよね。

2011/02/17 (Thu) 20:01 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ひろぽんさん、こんにちは。こちらは昨日から雨です。でも寒い雨ではなくて不思議な感覚の雨なんですよ。
イタリア人は気軽に人に話しかけますね。知っている人にも知らない人にも。多分このおじさんは論議しようとしたのではなくて、ひろぽんさんと話がしたかったのではないでしょうか。と言うのは、私も良くバールで知らない人に当たり障りのないテーマで話しかけるからです。つまりバールと言う所はそういう場所で、知らない人とも和やかに楽しく話せる空間なのだと私は理解しています。それが政治の話だけはいけません。あれが始まったら最後、皆大興奮で手がつけられなくなりますからね。ご注意ください。

2011/02/17 (Thu) 20:06 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する