採り立てのトリュフ

近頃、霧が濃い。ボローニャだから珍しくも無いことだけど、それにしてもこの濃霧はどうしたことか。つまりはそれ程寒くないと言うことなのだろう。嬉しいといえば嬉しいような気もする。予想はしていたものの忙しい一週間だった。いつもならそんな一週間はあっという間に終わるのに、今週に限ってはなかなか時が過ぎていかず、まだたったの水曜日なのかと途中で何度も溜息をつかなければならなかった。そうしてようやく金曜日の仕事を終えたので、金曜日の夕方に乾杯をしにいつものバールに立ち寄った。このバールはいつも混んでいるが金曜日の晩は飛びきり混んでいる。それでも店に足を踏み入れるなり、店の人達が欠かさず声を掛けてくれるのだから、このバールは本当に気分が良い。疲れきった体内の血の巡りを良くさせなくてはね、と赤ワインを頼んだ。小さく切られたパンの欠片を摘まみながらワインを頂いていたら、向うの方に馴染みの顔を見つけた。馴染みと言っても友達ではないが、互いの名前は知らないけれど互いに相手のことを悪く思っていない知り合い、そんな関係だ。その知り合いというのは80歳を目前にした独り者の男性だ。黒い革のジャンバーと帽子が目印みたいな素朴な人で、80歳を目の前にしながら老人という印象はあまり無い。彼はこのバールでは有名人で、私は何人もから彼の話を聞いた。彼には昼間の仕事もあったが、夜にはもっと大きな稼ぎがあった。それは秋から冬にかけてだけの仕事で、二匹の愛犬を連れて山に入るのだそうだ。と、此処まで聞いてピンと来た。そうだ、トリュフ狩りである。二匹の愛犬というのがトリュフを探しあてる専門犬で、だから一晩に幾つも探し当てることが出来たらしい。それらはボローニャ市内のレストランに売られていった。初めのうちはどうだか知らないが、そのうち彼が持ってくるトリュフの質はなかなか宜しいと評判になって、高級レストランが喜んで買い取ってくれたらしい。そんなことをしているうちにお金が随分たまったらしい。それまで住んでいた山の小さな家を引き払い、ボローニャ市内の、このバールの近くに大きなアパートメントを購入した。というのが彼にまつわる話であった。それで皆、彼のことをトロッフォラとか何とか(ボローニャの方言で採り立てのトリュフという意味らしい)呼ぶ。このボローニャの方言が私にはどうしても上手く発音できなくて、私が彼をそう呼んでも彼は一度も振り向いてくれたことが無いので、多分自覚している通り上手く発音出来ていないのだろう。だからいつも、ねえねえ、と後ろから肩を叩いて振り向かせるのだ。ところで初めて彼の顔を見たと気に直ぐに分かった、これはボローニャの古い家の分厚い壁のような人だと。数年前亡くなった舅に良く似た感じだったからだ。私はボローニャに暮し始めた当時こそ舅とうまが合わなかったけれど、ある時期から急に舅のことが大好きになった。だからその舅に良く似たトロッフォラに私は妙な愛着を感じていてやたらに話しかけるのだけど、彼はボローニャの方言しか話さないので私達の会話はあまり長く続かない。ある日昔の話、トリュフを採りに行った時代の話や飼っていた愛犬たちの話をしていたら彼の目はきらきら輝いて、まるで遠い昔の映像を見ているみたいな遠い目をした。それを嬉しそうに見守る人達。トロッフォラは多分沢山の人から慕われているのだろう。
向うの方に見つけたトロッフォラに手を振って“トロッフォラ”と呼んでみたが、思ったとおり反応が無い。私のトロッフォラの発音にはまだまだ訓練が必要なようである。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

お仕事おつかれさまでした。
週末、ゆっくりしてくださいね。

2011/01/16 (Sun) 00:13 | inei-reisan #79D/WHSg | URL | 編集
No title

金曜日って、疲れているけれどもそのまま家に帰るのが勿体なく思えますよね。で夜遅くまで遊んでしまい、土曜日は昼頃の起床になってしまうのです、、、。
ねえねえ というのはsentiとかsentaというのでしょうか?
私にはこの呼び方が無作法なのかどうなのか分からないのですが。(しかし、よく聞きます。)

2011/01/16 (Sun) 23:40 | micio #79D/WHSg | URL | 編集
No title

inei-reisanさん、こんにちは。とっても疲れたけれど、元気に仕事が出来るって有難いものですね。と、そんなことを考えながら週末を過ごしましたよ。

2011/01/17 (Mon) 19:29 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

micioさん、こんにちは。金曜日は本当に、疲れているけど真っ直ぐ家に帰るのが勿体なく感じますね。これは私に限ったことでないことがmicioさんのコメントで確信できましたよ。ところで私がこのバールの人たちに使う”ねえねえ”はsentiとかsentaではなくて、もっとくだけたehi です。親しい人に軽口を聞くと気に使う言葉でねえねえ、ちょっとー、みたいな感じの言葉です。しかしこれも凄んで言うと喧嘩を吹っかけているように聞こえるので、あくまでも明るく可愛く言うのがポイントです。それでsentiとかsentaですけれど、決して無作法な言い方ではありませんよ。ごく普通に使う言葉と思うと宜しいです。

2011/01/17 (Mon) 19:35 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する