宝物

12月になって周囲がなんだか慌しい。私自身の生活はいつもと何の変わりもない筈なのに、まるで私の生活自体に微妙な変化が起きたように感じるのは何故だろう。と思いながらもひょっとしたら気がつかないだけで小さな変化が始まっているのかもしれないとも思う。そうであればいい。少しづつ良い方向へと動き出しているのだ、きっと。そんなことを思いながら週末を過ごす。雪が降ってもおかしくないような寒い週末、昼前に旧市街へ出掛けた。人と会う約束があるからだった。その前に、空が明るいうちにと思って散歩した。ボローニャ旧市街の中心のPiazza Nettuno では恒例のクリスマスツリーの飾り付けに忙しく、それを見守るかのようにして樅の木を人々が囲んでいた。まだ飾りつけが完了していないので、単なる背高のっぽの樅の木。でも飾り付けを終えた今夜には美しいライトに彩どられ、私達の目を楽しませてくれるに違いない。誰もがそんなことを思いながら、そんな期待を持ちながら作業の様子を見守っているようだった。久し振りに本屋へ行った。探し物があったわけではなかった。どんな本が並んでいるのかな、とそんな単純な理由だった。クリスマスを控え、贈り物には本をどうぞと言わんばかりに面白そうな本が並んでいた。私が高校生の頃、小遣いの大半は美術展の入場料に化けてしまった。そして残りの小遣いを貯めては画集を買った。私も4つ半上の姉も美術に傾いていたから、それがまるで当たり前のように思えた。それで画集であるが、その頃の私達の小遣いからは手が出ないほど高価で、一年に数冊しか手に入らないのだった。そんなことを思い出しながら一冊の画集を手に取った。それはユトリロの画集だった。私の家にもあった画集。あれは確か姉が買った筈だ。だけどいつの日か私の本棚に並ぶようになって、私は暇があるとそれを開いた。ユトリロの絵が好きだとか、素晴らしいとか、何とか、そういう訳ではなかった。私はユトリロが描いたパリの様子がとても気にいったのだ。それらの絵から私は勝手にパリのイメージを作り出し、空想しながらパリの絵を描いたりもした。そうだ、いつかパリへ行こう。自分の目でその街を確認しに行かなくては。大人になったかきっと。そんなことを思ったことをあれから何十年も経った今頃思い出した。忘れていたからとっくの昔に大人になったのに、パリへは一度も行かずじまいだ。ボローニャからなら飛行機でひとっ飛び、一時間で行けるのに。私は画集を手に長いこと考え事していたようだ。さあ、もう行かなくては。待ち合わせの場所に向いながら、久し振りに開いたユトリロの画集と、ユトリロが描いたパリの様子のことばかりを考えていた。長い年月を経て、また私の心の中に戻ってきた宝物のようなもの。何かを夢見たり望んだりする気持ち。久し振りに私の心に戻ってきた。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

はじめまして。
写真も文章もすばらしいです。
できれば文中にもう少し余白があると、読みやすいかも。
多分、意図的にこうなさっているんでしょうけど...

2010/12/06 (Mon) 13:14 | 余計なお世話 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

はじめまして
魅力的な写真と吸い込まれるような文章、コメント残さずには通り過ぎられませんでした。
バックナンバーも見させていただき、どれも魅力的、素敵な独り言。またお邪魔させて頂きます。

2010/12/06 (Mon) 22:16 | poppy49 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

余計なお世話さん、はじめまして。こんにちは。アドバイス、有難うございました。もう少し読みやすくなるよう、工夫してみますね。これからもお付き合いお願いします。

2010/12/06 (Mon) 23:46 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

poppy49さん、こんにちは。はじめまして。嬉しいですね、コメント残さずには通り過ぎられませんでした、って。普通の生活を普通の私の視線で見たものを綴ってますが、これからもお付き合いお願いします。

2010/12/06 (Mon) 23:49 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

写真のマント(?)の人物が、たまには昼間にコーヒーでも飲みに行くかと街中に繰り出すドラキュラ伯爵みたいですね。
パリは散々イタリアを見てしまった私にはパンチに欠けるというか、フェミニン過ぎて今一つでした。残念ながら。男性的な街が私は好きです。

2010/12/12 (Sun) 17:38 | micio #79D/WHSg | URL | 編集
No title

micio さん、マントを着たこの男性、不思議な雰囲気を漂わせていました。一体何だったんでしょうか。男性的な街ねえ。そう言われてみればボローニャは、男性的な街に属するのかもしれませんね。

2010/12/13 (Mon) 00:07 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する