良い予感の夜

今日も降った雨。今週末はどうなのだろう、とそればかりが気に掛かる。特に金曜日の夕方と土曜日。雨が降ると折角の週末気分が台無しだから、今日雨空に向ってお願いしておいた。返事はなかったところをみると、検討中というところか。時間を掛けてじっくり考えるのも宜しい。雨の降らない週末はどんなに皆に感謝されるか、それを考えたらやはり何とかしてあげたいと思うのが人情であろう。空に人情があるかどうかは知らないけれど。しかし困ったことになった。もう五夜も眠れない。私は人が驚くほどよく眠る人間なのに、この五日間ほど全然眠りに陥らないのだ。とても眠い。身体も疲れている。なのに眠れないとはどうしたことか。人の勧めで昨晩はカモミール茶を飲んでみたが、結局一睡も出来なかった。どうしたのだろう。相棒に相談したところ名案が浮かんだ。赤ワイン。姑の所に住み込みで助けてくれているウクライナ人の老女が、ボルチシ・スープを作って分けてくれた。何しろ老女なので体力はないし、いつまで経っても言葉が上達しないのでなかなか会話が難しいが、何しろ老女で経験豊富だから縫い物は上手いし料理も上手い。若くて元気なお手伝いさんも良いけれど、こんな老女のお手伝いさん来てくれて幸運だったと思う。初めの頃こそ不服そうだった姑も、最近は感謝を示すようになった。それで彼女のボルチシは特別美味しいのだ。それに合わせて赤ワイン。赤ワインとボルチシの夕食。体がぼーっと温まって、きっとよく眠れるよ、との相棒の提案だった。ボルチシを大鍋から深皿に取り分ける。長時間煮込んだらしく、肉の塊がほろほろと崩れるほどの柔らかさだ。何種類もの野菜もとろけるような柔らかさで、彼女が何時間も鍋を見張っていた様子が目に浮かんだ。先に栓を抜いておいたピエモンテ産の赤ワインは口当たりが良くてこんな晩に最適だった。何が楽しいでもないけれど美味しい食事と美味しいワインが揃ったら、楽しくない筈が無い。こんな楽しい夕食は久し振りのような気がした。体中の緊張が抜けたようだ。今夜こそ眠りに陥ることが出来そうな予感。そうして熟睡したらば、金曜日だ。旧市街へ繰り出して橙色の明かりに包まれた町を歩くもよし、友人と待ち合わせするもよし。うん、眠れそうな良い予感の夜。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

yspringmind さん、こんにちは。
昨晩はぐっすり眠れましたか?・・私も時々、5日間とまではなりませんが、眠れないときはあります。そんなときってだいたい凄く体が疲れていて、なぜか頭だけが凄く冴えて眠れないんですよね。目を閉じたまま寝なきゃ!と思うと余計に眠れなくって。お酒!名案だと思います!体も温まりぐっすり眠れそうですね。。

2010/11/19 (Fri) 07:16 | ca_fior #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ca_fiorさん、こんにちは。赤ワインは名案でした。もっと早く思いつけば良かったのに。5日間の不眠は私にとっても初めてのことで、本当に辛い5日間でした。私の不眠は体が疲れすぎている上に頭の中には考えることが一杯ありすぎだからみたいです。さて、お酒は名案だけど、適量が大切ですね。(あの晩はちょっと飲みすぎて翌朝頭がシンシンしました。)

2010/11/20 (Sat) 18:17 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する