Piazza santo stefano にて

ボローニャの旧市街。随分と人の姿が疎らになった。いつも賑わっている広場に来てみたが、あまりに閑散としているので驚いた。時間帯のせいではなさそうだ。そういう時期になったのだ。朝の通勤にしたって、昨日辺りから急激に車の量が減った、ように感じる。いつも見かけるあの車も居ない。どうやら一足先に休暇に入ったらしい。同じ場所も季節によってこんなに印象が変わるのか、といつも思う。春には日向がオレンジ色に染まって楽しげで、夏の昼間は頭上から照りつける太陽が全てを支配しているかのよう。時間が止まったようにさえ見える。秋は少しメランコリーナ空気が漂い、冬には張り詰めるような冷たい空気の中で白い息を吐きながら走り回る子供達やポルティコの片隅に腰掛けて寄り添う恋人達を眺めていると、寒いのが嫌いな私もこんな時期も捨てたものではないと思う。この夏も少し経てば暑さの勢いが衰えるのだろう。その頃にはまた街に人が戻ってくるのだろう。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

こんにちは。
イタリアの、ボローニャの暑さが懐かしいです。
東京はまるで熱湯の湯気の中にいるような蒸し暑さ。
どこに行っても、何をしていても蒸し暑いです。
ボローニャの木陰や日影がこのうえなく懐かしく思い出されます。
ボローニャって、日差しの強さと日蔭の涼しさのバランスが素晴らしいですね。

2010/07/28 (Wed) 10:18 | Via Valdossola #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Via Valdossola さん、こんにちは。ボローニャの暑さが懐かしいですか。1週間前までのあの暑さを知ったら、ああ、東京でよかったと思ったに違いありません。連日の40度には流石にうんざりしました。しかしその後に思いがけずやって来た涼しさ。おかげで久し振りに散策を満喫しています。
Via Valdossola さんの言うように、確かにボローニャの日向と日陰のバランスって素敵です。光と影のコントラストが強いのも好きです。

2010/07/28 (Wed) 21:51 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する