店の前

近頃、仕事の後に旧市街に立ち寄ることが多くなった。疲れている日と雨降りの夕方を除けば、案外それは楽しい夕方の過ごし方だ。同じ24時間でも夏時間の今は24時間が長く感じ、ついつい長居してしまう。うっかりすると帰宅時間が遅くなってしまう。20時になっても、まだ帰宅したくない。だから時々相棒から、一体何処に居るのだ、と電話を貰うことになる。かと言って相棒だって家になど帰っていない。まだ友人知人たちと立ち話をしていたり、知人の犬と遊んでいたりするのだから、お互い様と言ったところだ。なるべく沢山歩きたいから、なるべく沢山多くのものを見たいから、帰りのバスはいつもよりもずっと先の停留所で捕まえる。大抵がVia Santo Stefano の途中。この店の前を越えてからまだ更に先のほうの停留所からだ。この店。ちょっとした食堂で案外流行っている。流行っているのは店の中だけでなくて、ポルティコの下に置かれた椅子に座るのも流行っているようだ。例えば土曜日の午後。この界隈に長年住んでいるであろう60歳を超えた男性達が数人腰掛けていて、ああでもない、こうでもないと話をしている。が、若いスタイルの良い女性が目の前を通過すると一瞬話が止み、そしてまたがやがやと話を続ける。誰一人として先程目の前を通過した女性のことについて話さない。皆が皆、自粛しているかのように一言もそれについては話さない。近くの店のショーウィンドウを眺めながら彼らの様子を窺っていた私にはそれがとても可笑しくて、何時私の腹の底から笑いが爆発してしまうかと気が気でなかった。皆堅い話ばかりしているのだ。政治のこと、年金のこと。と、また女性が通る。今度は先程の女性より年上で、同性の私から見ても爽やかな色気のある奇麗な人だった。足は出していない。細身のパンツに白いシャツを着て素足で踵の低い靴を履いていた。私はその女性の雰囲気が気に入って横目で眺めていた。彼女がすっかり過ぎ去ったところで誰かが沈黙を破った。うーん、と、たった一言だけ。けれども実にぴたりとくる一言だったので、皆が嬉しそうに顔を合わせて笑った。ひょっとしたら彼らと私の好みは大変似ているのではないか、何時か話をしてみたら案外気が合うのではないか、楽しい話が出来るのではないか、良い話友達になれるのではないかと、彼らの様子を見ながら思った。夕食時間のせいか、今日は店の前に誰も居ない。ちょっぴり寂しい気がした。

人気ブログランキングへ

コメント

No title

今晩は。
3月末にとうとう帰国してしまいました。6月になってようやく東京の生活に慣れてきたようです。ボローニャとは全く異なる世界です。
そしてyspringmindさんのブログを拝見する余裕ができました。が、拝見した瞬間、涙があふれました。なつかしくて。とくに5月22日のVia Altabellaの写真。そこの奥を右に曲がるとCentro Naturaという自然食レストランが有って、その横に柔道場が有ります。そこで一年ほどイタリア人に剣術や柔術を教えていました。ほとんど毎日通った道でした。途中のコピー屋のおばさんは 元気かな?なんて思い出してしまいます。
yspringmindさんのブログは、私をすぐにボローニャに引き戻してくれる、ちょっぴり胸を苦しくし、でも、うれしい写真と文章です。私のボローニャ滞在は一年でしたが、yspringmindさんのブログで、今も滞在し続けている気持ちになります。
ありがとうございます。

2010/06/04 (Fri) 10:36 | Via Valdossola #79D/WHSg | URL | 編集
No title

こんにちは。いつも楽しくブログを読ませていただいております。
今回の記事を読んでなんだか、それを観察しているyspringmindを思い浮かべてしまって笑ってしまいました。
確かにこの椅子に座って世間話をして、しかも道行く女の人を眺めていそうです。私もそれをどこからか眺めてみたくもあります。

2010/06/05 (Sat) 09:05 | yk-meron #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Via Valdossola さん、こんばんは。また遊びに来てくださってとても嬉しいです。お元気なんですね。のんびりしたボローニャから東京へ戻ると色んな面で違和感があることでしょう。ボローニャ滞在は一年でもVia Valdossola さんは自分から行動活動されていたから、普通の人の一年よりも思い出が沢山詰まっているのではないかと想像します。あの奥を右に曲がったところにあるCentro Naturaの前を私も良く通りましたが、あそこが自然食レストランだとは今の今まで知りませんでした。その横に柔道場あることにしても。ひょっとして気がつかなかっただけでどこかですれ違っていたのでしょうね、私達は。ボローニャは多分何時まで経っても今のまんまです。何時か此処に戻ってこられる日がきたら、多分その意味が分かっていただけるかもしれません。

2010/06/06 (Sun) 00:04 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

yk-meron さん、こんにちは。何時も遊びに立ち寄ってくださっているそうで、有難うございます。私は昔から観察するのが大好きなので、こういう人たちを見かけると放っておけないのです。ショーウィンドウを眺める振りして、実はこっそりその展開を観察。これは映画を見たり本を読むのと同じくらい面白いのです。でもそんな私をまた知らない誰かが、変な人だな、などと思いながら観察しているのかもしれませんね。
これからもお付き合いお願いします。

2010/06/06 (Sun) 00:10 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する