やっと来た初夏

今日はたったの火曜日。日曜日の小旅行以来、小さな楽しみや用事が沢山あって何となく忙しい。小さな楽しみは幾つあっても嬉しいものだ。さて、小さな用事について改めて考えてみたら、どれも自分のしたいことから生じたもので、つまりは喜ぶべきことであることに気が付いた。日曜日以来、私は色んな小さなことに気が付くようになった。言葉にしたら大したことのないことばかり。でも感じる。長いこと私が求めていた感性みたいなものであることを。これを良い変化と呼ぶことにしようと思う。月曜日に続いて今日もまた、夕方に旧市街へ向った。小さな用事をふたつ済ますために。ひとつが済んでもうひとつを済ますべく歩いていたら、良い雰囲気の場面が目に端っこに入った。火曜日にしては肩の力を抜いて夕方を楽しむ人達の集まり。集まりと言ってもそれぞれがそれぞれの時間を過ごしているだけど、彼らは何かを共有しているように見えた。ボローニャの初夏。やっと来た初夏の夕方。そんなところだろうか。暫くその様子に見惚れ、そしてまた歩き始めた。

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する