季節限定

夕方、ボローニャ旧市街へ行った。約束の時間までまだ1時間と少しあったので、時間を気にしながら散策した。なに、約束と言っても友達との楽しい約束がある訳ではない。ちょっとした用事があっただけだ。ただ、明日が祝日だから、どうしても今日のうちに済ませておきたい事があったのだ。天気の良い金曜日だから街は混んでいるに違いない。そう睨んでいたのに思いのほか空いていた。多分こういうことだ。天気が良くて急に暖かくなったから、多くの人は仕事を終えるなり、若しくは仕事を半日で切り上げて小旅行へと出かけたのだろう。イタリアでは夏になるとこういうことが殆ど当たり前のことになる。だから金曜日も真面目に仕事をして旧市街などへ行くと、こんな風に人が少なくて寂しいような快適のような肩透かしされたような気分になるのだ。それにしても木々の緑の濃いこと。何しろ雨が沢山降ったから、山も丘も、町中の街路樹も緑が燃えている。これからは自転車やオートバイが気持ちよいのだろう、にわかに車の交通量が減り自転車、オートバイが増えたような気がする。昨朝、私が暮らすピアノーロの丘を下った辺りの谷間の村からボローニャ市内へと行く道で自転車を軽快にこぐ男性を見つけた。私と相棒はその後姿を見つけて、あっ! と叫んだ。それは毎年良い季節限定に毎朝見掛ける想像年齢80歳くらいの老人だった。去年は確か11月になる随分前に見掛けなくなった。そして今年はなかなか冬が終わらなかったから昨日まで見掛けなかったという訳だ。老人のトレードマークはベージュのジャンパーと白い帽子、それからサングラスだ。年はとっているが一年の半分ほど毎朝自転車で鍛えているので、ペダルを漕ぐ速さは若者並だ。おじいさん、今年も元気そうですね。また会うことが出来て本当に嬉しいです。そんなことを呟きながら車で追い越そうとすると、何かいつもと様子が違った。何だろうと観察すると、何時も何かの袋が括り付けられている荷台にリラの花束が括り付けられていた。多分ついさっき庭先で摘んだのだろう。おじいさんが毎朝ボローニャ市内へ自転車で通う理由は私と相棒の間では長いこと謎だった。仕事ではあるまい。孫の顔を見に行くのだろうか。そんな推測をしていたが、この春はその推測にもうひとつ加わった。もしかして憧れの女性がいる何処かに毎朝通っているのかもしれない、何しろリラの花束だし。どんな理由にしろ、おじいさんの姿を朝見かけると元気が出る。おじいさんは今日も元気に自転車を漕いでいるのだと思うと。おじいさんを追い越しながら、私達が本当に良い季節を迎えたことを確信した。

人気ブログランキングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/05/01 (Sat) 14:56 | # | | 編集
No title

鍵コメさん、私はリラの花がとても好きなので、そんな花を自転車の荷台にくくりつけて走るおじいさんの行き先がとても気になります。鍵コメさんの祖父母様は元気ですね! 何でも自分達でやってのけますか。脱帽ですね。そんな人たちと接すると沢山のエネルギーが伝わってきそうです。
ところで本当に元気なんですね。ひょっとしたらそれが元気の素なのかもしれませんよ。

2010/05/02 (Sun) 00:01 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する