piazza verdi

数日前、思いついて旧市街を散策した。散策したという言い方がぴったりの、特に何処へ行く目的もなく足の先が向くままに歩いてみた。いつもなら同じ道へ行ってしまう癖のある私だが、ふと思いついて右折した。いや、何のことはない。そのままポルティコの下を歩いていくと、嫌でも大きな犬の前を通過しなくてはならなかったからなのだ。犬が好きだ。しかししかめっ面した大きな黒い犬はちょっと怖い。見た感じ大人しそうに伏せているが、ふとした拍子にむっくりと起き上がったらどうしよう。自ら危険に挑む必要も無かろう。と、そういうわけで右折したのだった。初めて通る道だった。少し見放されたような雰囲気の、しかしなにか人間らしさ、庶民らしさの残る界隈だった。その少し先を左折して道なりに歩いていくとPiazza Verdi に辿り着いた。大学街のVia Zamboni に面してあるこの広場には、朝といい昼といい、そして夜といい沢山の人で賑わっている。大学生も居れば教授や大学関係者も居る、研究員も居れば私のような全く無縁の人もいる。大して広い広場ではない。あちらでは地面に腰を下ろしてギターを奏でる三人組。こちらには数人が円陣を作って初めはひそひそと話している、と思ったとき突然声を荒げて大喧嘩が始まった。手は出さないが言葉の鋭さは一級品で、周囲にいる人達の耳に嫌でも入ってくる。何時殴り合いになるかとはらはらしながら沢山の通行人が見守る中、何時までも何時までも口喧嘩が続いた。彼らは口が達者だ。政治か哲学を学んでいるに違いない。そんな言葉が後ろから聞えたので振り向くと少々年をとった学生風の男性が立っていた。その言い方がとても面白かったので思わず声を上げて笑うと、彼もまた声を上げて笑った。訊いてみたら大学生だと分かった。大学生にも色々居て、素直に勉学に励むものも居れば屁理屈ばかり言っているようなものも居る、と彼は言った。ひょっとしたら彼は後者のタイプなのかもしれない。じゃあ、またね、と挨拶をして私はまた歩き出した。喧嘩の声がだんだん遠のいていった。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/03/30 (Tue) 01:28 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/03/30 (Tue) 09:14 | # | | 編集
No title

一番目の鍵コメさん、こんにちは。お元気そうですね。ボローニャに春が来て、晴れの日は太陽の日差しをまともに見ることが出来ないくらいです。暖かいっていいですね。肩の力が抜けていくような感じがします。行動範囲は広がるのはいいことです。凄いじゃないですか。私の数倍も範囲が広いです。私なんて殆どボローニャ旧市街ばかりなんですから。
もうすぐボローニャ再訪とのこと。楽しみですね。これからがいい季節なんです。気に入ってもらえること間違い無しです。

2010/03/30 (Tue) 23:03 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

二番目の鍵コメさん、寒くても太陽が出ていると散策が楽しいですね。何時も車で行く道を改めて歩いてみると色んなことに気がつきませんか? ああ、日本は春休みなんですね。そしてもうすぐ入学入社の時期で新鮮ですね。日本がとても懐かしくなってきました。
話がそれましたが、歩くのはよいことです。発見あり、運動にもなり、しかも夜良く眠れる。昔は歩きの遠足が大嫌いでしたが大人になってからは歩きの遠足が好きになりました。

2010/03/30 (Tue) 23:07 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する