留守番

先日の午後早く友人の両親が営む小さな花屋に立ち寄ってみたところ、予想していた通り店は昼休みだった。でも案外店の中で急に入った注文の小さなブーケや贈答用の花束を作っているのではないかと期待してガラス越しに中を覗き見したが、誰の姿も無かった。先程まで贈答用の美しい花束か何かを作っていたに違いない。作業テーブルの上にはそんな気配が残っていた。小さな花屋だ。でもこの界隈の人たちから好かれているらしく、注文が次々と入ってくる。長年続いているのは彼らの人柄に関係していると思うが、その予想は多分間違っていないだろう。店は閉まっているのに花が店先に出しっぱなしだった。切花を入れた器3つが、まるで留守番みたいな顔をして閉じられた入り口の脇に置かれていた。ポルティコの下には鉢植えの棚も置いてあった。何の工夫もされていない。隙あらば誰でも簡単に持ち去ることが出来るけど、誰が無断で持っていくでもない。店とこの界隈の人達の暗黙の了解みたいなものを嗅ぎ取って、何だか嬉しくなった。昔ながらの厚い人間関係が、この辺りにはまだ残っているのかもしれない。

コメント

No title

★おはようございます。。只今、日曜日の午前8時半。。
この写真も好きですねぇ~、、色が良い感じ♪

2010/03/14 (Sun) 00:27 | りんままプリンセス #79D/WHSg | URL | 編集
No title

今や貴重な信頼関係ですね。
春色チューリップに心躍らせていただきました。

2010/03/14 (Sun) 23:39 | topotopi #79D/WHSg | URL | 編集
No title

りんままプリンセスさん、こんにちは。花はやっぱりいいですね。個人的には百合の花が好きで買うのはいつも百合ばかりですが、チューリップは春の象徴的存在ですね。

2010/03/15 (Mon) 00:09 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

topotopi さん、今時こんな地元の信頼関係が成り立つのっていいですね。いいショックでした。この留守番のお花たちを見ていると春がもう其処まで来ているような気分になりますね。

2010/03/15 (Mon) 00:12 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

先日はブログへのコメント、ありがとうございました^^

この記事を読んで、心があったかくなりました☆いい所ですね。

ちょっと違うけど、うちの田舎の良心市場(無人市)を思い出しました。道端に作られた小さなお店に並べられた野菜たち。お客さんはその店先に置かれた小さな箱の中に料金を入れて、野菜を買っていきます。うちの夫はいつも日本について話す時にその話をします。するとそれを聞いた人はみんな信じられないと言った顔で夫の話を聞いています。確かに、こっちでは無理だな^^;そういう暖かい場所、大切にしていきたいです。

2010/03/15 (Mon) 00:25 | guapa #79D/WHSg | URL | 編集
No title

guapa さん、こんにちは。訪問有難うございます。ボローニャは素朴な町ですが、この界隈は昔ながらの人が昔のまま暮らしているような感じで、だから人間関係も強くて互いに信頼しあっているのかもしれません。guapa さんの田舎の良心市場、いいですね。そういう所があると話に聞いたことがあります。日本でだってもうあまり無いのではないでしょうか、こんな信頼関係は。これは美徳ですね。名前の通り良心市場ですね。ご主人はこの話をする時、きっとちょっと自慢げなのではないでしょうか。僕の奥さんの国にはこんな素敵な場所があるんだよって。

2010/03/15 (Mon) 23:40 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する