出合い

誰でもそうなのかもしれないけれど、私が何時かイタリアの地を踏んでそこにずっと暮らす日が来るなどと、誰が想像しただろう。人生というのは計画や希望どうりには行かないものらしい。少なくとも私の人生は自分の計画や希望とは全く違う方向に道が開けていった。それが良かったかどうかはさておいて、イタリアに暮らすようになったことで出合った本がある。元々私は本が好きなのだ。でも、イタリアに暮らさなかったらば、そしてある人に出会わなければ、この本を手に取ることは無かったのではないか、と思う。随分前にその人と知り合った。私がまだボローニャでの暮らしの軌道に乗り切れず、定職も無くぶらぶらしていた頃に知り合った。日本語の本、読みたいでしょう? そう言って貸してくれた数冊の中にその本はあった。須賀敦子という作家が翻訳したイタリアの本で、ある家族の会話という名前の本だった。私はこれを翻訳した日本人作家を知らなかったし、この原作を書いたナタリア・ギンズブルグという作家の名も耳にしたことがなかったから、初めは半信半疑で読み始めた。ところが私は直ぐに話しに引きずり込まれて一晩掛けて読み終え、そして翌日また読み直し、結局その本を5回も読んだ。幾ら私が本を好きだといっても、立続けに繰り返し読んだのは初めてだった。何がどう良かったのかを言葉に現すのは難しい。素晴らしかったとか、読み応えがあったとか、そんなありきたりの言葉ではなくて、私自身が時代を遡ってこの目で見た、そんな感じだ。1930年代から50年代の自分の家族を描写したこの本を、戦争の話が大嫌いな私が珍しく関心を持って繰り返し読んだのには何か理由があったのかというと、正直なところ理由のひとつも見つからない。もしかしたら現代に無い何か強い家族のつながりとか、今は見ることが出来ない戦前の北イタリアの暮らしとか、そんなことなのかもしれない。あれから何年も経った3年前のある日、急に原作を読みたくなった。丁度通り掛った本屋に駆け込んで探したが見つからない。店員に訊いてみるが知らないという。それで町の中心の二本の塔の下の本屋へ行き、私より少し若いであろう店員が山のような本の中からやっと見つけだしてくれた。Lessico Famigliare と表紙に書かれていた。店員が不思議そうに訊いた。どうしてこの本を選んだのですか。それで随分前に日本語に訳されたのを読んで酷く気に入ったので、原作を読んでみたいと思ったのだと説明すると、店員は納得したように、うん、うん、と頷いてこれは良い本ですと言った。嬉々として本を抱えて家に帰り早速読み始めてみたら、あまりに小難しい言い回しのイタリア語でなかなか先に進まなかった。何日も掛けて読み終えてみると、翻訳には無い味わいがあって嬉しくなった。と同時にこの本を訳した須賀敦子という作家の素晴らしさを改めて知ったのだった。それから私は彼女の本を幾つか読むことになるのだが、既に他界してしまった彼女と会って話すことが出来ないことをいつも残念に思うのだった。私が相棒に出会ってイタリアに来なかったらば、多分イタリアに関心を持つこともなかっただろう。私にとってイタリアは無縁の世界だったのだから。出合いとはこういうものだ。知らないところでちゃんと繋がる。私の大切なギンズブルグのLessico Famigliare は、今は以前となりの会社で働いて私にとても良くしてくれた優しい女性の本棚にある。

コメント

No title

須賀敦子さんの本は地味だけれど引き込まれる感じがします。
昨年は生誕80年だったせいか日本では色々特集が組まれたようで、父がFAXに書いて送って来ました。娘がイタリアに行かなかったらきっと知ることのない人だっただろうに、一人で興味深くTVの特集を見ていたのだろうと思うと、不思議な気がしました。
この写真とても好きです。この道を通る時にいつも感じる雰囲気そのままが映像になっていて、yspringmind さんも同じように見えていたんだなと思いました。

2010/01/31 (Sun) 18:13 | camera-oscura #79D/WHSg | URL | 編集
No title

私もイタリアに来た最初の年“トリエステに行きたい、、、”と会話をした翌日、語学学校で知り合った日本人の男性が貸してくれました、、、その後、虜になってしまって全て読み、全集も日本で買ってしまいました。どこかで書いたのですが、彼女の文章に励まされた、、、と思う時が何度かありました。

 旧ブログ2006年4月21日に須賀さんのことを書いています。yspringmindさんの文章からもそんな息遣いを感じることがよくあります。

 

2010/02/01 (Mon) 08:27 | レオナルド #79D/WHSg | URL | 編集
No title

はじめまして。バナナカレーと申します。いつも拝読しております。
私はおととしくらいに須賀敦子さんの小説に出会って、イタリアに憧れて、それ以来、有給がとれるときは須賀さんゆかりの地ばかり旅行しています。トリエステのウンベルト・サバ書店にも行きました。
少しでもイタリアの生活の香りを嗅ぎたくて……と、yspringmindさんのページにたどり着きました。憧れのイタリアではない、落ち込むことも、憂鬱なこともあるイタリアの暮らしの日記、いつも楽しみにしています。
だからysさんのブログで須賀さんのことが出てきたので嬉しくて嬉しくて、思わずコメントさせていただきました。なんだかまとまりないですが(笑)また遊びに来ます!

2010/02/01 (Mon) 15:13 | バナナカレー #79D/WHSg | URL | 編集
No title

camera-oscuraさん、須賀敦子さんの書く本は不思議です。特別な表現はあまり無いく平凡、それなのに心に手が届く。そんな感じでした。もしかしたら普通の言葉だからこそ、良いのかもしれませんね。
私の母もまた、私がイタリアに暮らすようになるとは夢にも思っていませんでしたが、それが現実になってみると、あれこれイタリアに関係することに関心を持つようになったようです。私の人生の道が大きく湾曲しましたが、それも運命。良いことばかりではないけれど悪いことばかりでもありません。
camera-oscuraさんがこの道を歩くと知って、ああ、やっぱりね、と納得して思わず笑いが零れてしまいました。

2010/02/01 (Mon) 23:57 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

レオナルドさんが須賀敦子さんの小説の虜になっていたとは知りませんでしたが、冷静に考えてみれば当然のような気もします。私は本の数冊と、例の翻訳された本を読んだだけで、まさか全集が出ているなんてことすら知りませんでしたが、むくむくと全部読んでみたくなってきました。
彼女の文章に沢山の人が惹かれるのは、彼女の冷静で淡々とした視線、が理由なのだと思うのですよ。それは簡単そうで難しいことですね。

2010/02/02 (Tue) 00:03 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

バナナカレーさん、初めまして。須賀敦子さんの本を読まれてから彼女のゆかりの地を旅行しているそうで、興味深いです。私はほんの一瞬でしたが数年前の夏にトリエステに立ち寄り、ああ、須賀敦子さんの本に書かれていたな、と思い出したことを覚えています。それから数年に一度、領事館の手続きでミラノへ行くときも、彼女の本に出てきたミラノのトラムとか道を見つけては思い出しました。沢山の人がイタリアについて書いているのに、こんな風に人の心に言葉をしのばせることが出来る、それが須賀敦子さんなのかもしれませんね。
私の書く日記の方はイタリアに憧れる人たちの夢や映像を壊してはいないだろうかと時々心配になるのですが、あくまでも私の目線の高さから見えるイタリアなので、そんなことも含めてこれからもお付き合いお願いします。

2010/02/02 (Tue) 00:13 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する