Buon natale.

昨晩からアフリカからの南風が吹き荒れている。吹き荒れる、そんな言い方がぴったりだ。生温い風が窓ガラスを揺さぶる音に耳を傾けながら、まるで春の始まりのようだと思う。数日前まで昼間にして氷点下9度だったのが嘘のようだ。美しく晴れた空。居間の大きなガラス窓から温かい光が差し込むと暖房など要らないくらいだった。ガラスの向うに見える樹々が南風に大きくなびいているのを眺めていたら、ふと懐かしい気分になった。日本の冬のようだった。私が育った田舎の町は冬になると空っ風が吹いた。そんな風が吹く日は大抵快晴で、冷たい大風をよそに太陽の日差しで家中が暖まり、昼間は暖房など不要だった。まるで温室のように温かくて、時々半袖を着て過ごした。ところが母が言うのだ。風邪を引くから長袖を着なさい、と。今考えれば尤もな母の意見であったが、何しろ私は思春期だった上にはねっかえりだったから、そんな言葉に耳を貸さなかった。でも母の言葉には耳を貸すものだ。私は忠告を守らなかったばかりに熱を出して寝込むのが常だった。大人になって物事の良いこと悪いこと、正しいこと正しくないことが分かるようになった今、あの当時の私はどうしようもない子供だったと我ながら思うのだから、父も母も私には手を焼いたに違いなかった。もう何処を見ても雪の姿は無い。と思っていたら一日中陽の当たらない林の中で見つけた。でも、これも時間の問題。明日には消えてなくなるだろう。夕方ボローニャ市内へと車を走らせ、路上のデジタル温度計が17度を示しているのを見た。12月らしくないこの気候に、人々は当惑しながらも内心喜んでいるのではないだろうか。少なくとも私は手放しで喜んでいる。こんな風に今年を終えることが出来たら素敵だ。12月25日。遠くに暮らす私の家族や友人達、それから小さなつながりを持つ沢山の人達はどんな風に過ごしているのだろう。
Buon Natale. この聖なる日を私は喜びに満ちた気持ちで過ごしたいと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する