錆色

相棒に付き合って旧市街へ行った。仕事帰りにこんな風にして2人で旧市街へ行くのは最近にしては珍しいことだったから、ほんの少しわくわくした。と言ってもどこか素敵な所へ行く訳でもエノテカに立ち寄って美味しいワインを頂く訳でもない。アンティーク店を営む友人の店へ行く為だった。この店に来るのは久し振りだった。実を言えば友人に会うのも久し振りだった。最後に会ったのは確か夏が始まる前だった。あの日の友人は大切にしていた恋人と別れて酷くがっくりしていたが、どうやら一番辛い時期は通過したらしい。ほんの少し吹っ切れたような表情の友人を見てほっと胸をなでおろした。店に入るなり電話が鳴ったかと思えば女性客が入ってきた。お喋りなどしている暇は無かろう。10分だけと言い残してひとり散歩に出掛けた。この辺りを歩くのは久し振りだった。暫く来ないうちに幾つかの店が無くなっていていた。そのうちのひとつは私の気に入りで、冬が始まる前になると美しい色のカシミヤセーターが並んで目を楽しませてくれる店だった。寂しいなあ。そんなことを呟きながら歩いているうちにこんな所まで来てしまった。Via Testoni だった。道の片側に備え付けられた古いポルティコ。錆色の天井と壁。人が2人すれ違うのがやっとの狭さ。いったいどんな歴史があるのか、と思う。こんなポルティコはボローニャの町中にはごまんとあって珍しくないと言えばそうだけど、その中でもここは良いと思う。このポルティコが終わった数メートル先には大通りのVia Ugo Bassi があって、右手角にはあの美味しいが菓子店がある。ガンベリーニだ。ここを素通りするのは難しい。大抵吸い込まれるように店に入っていく。と、腕時計を見た。いけない、こんなに時間が経ってしまった。友人の店に戻らなくては。残念だけどまた今度、とガンベリーニの店先に並ぶ美味しそうな菓子の数々に声を掛けて、急ぎ足で友人の店へと歩き始めた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する