夏の日

昨晩何度も目が覚めた。疲れすぎていると良くあることだ、が多分昨晩に限っては休暇に入った喜びで興奮していたからに違いなかった。そうして何度も目を覚ましたので朝目を覚ますともう陽が高く昇っていて、誰に何を言われる訳でもないけれど少々肩身の狭い思いをしながら朝食を頂いた。窓から外を眺めると、近所の人たちが車に沢山の荷物を詰め込んで何処かへと出発するところであった。私の出発は数日後。それまでボローニャを楽しもうということで、昼過ぎに家を出た。旧市街は半分以上の店が閉まっていた。何処の店にも張り紙があった。夏期休暇の知らせであったり夏の間は土曜日の午後は店を閉める知らせであったり。気に入りの店の半分以上が閉まっていて少し肩透かしされた気分であった。勿論8月だから当然といえば当然なのだけど。しかし暑い午後であった。散策の途中に立ち寄ったジェラートの店のおばさんに、今日は本当に暑いわねえ、と話しかけたら、そうよ、あなた、街中などうろうろしてたら日射病にかかるから早く家に帰りなさいよ、と言われた。だからと言うわけではないが旧市街の散策はあまりの暑さで2時間と続かず、早々と引き上げなくてはならなかった。丘の町ピアノーロも大変な暑さであった。夕方7時を回った頃、山の友人が前触れもなく遊びに来た。暑いな、ここは。家に入るなり友人はそう言ってアペニン山脈の小さな村、Barbarolo (バルバローロ) の夏祭りへ行こうと提案した。バルバローロねえ。うん、涼しいかもしれない。そういうことで私達はピアノーロから脱出した。バルバローロはピアノーロから更に16kmほど南下したところに位置する標高500mの村だ。人口はびっくりするほど少なくて、自然以外は何もない。いや、素朴な教会と小さな墓地、そして点在する民家だけだ。だからどんなに小さな祭りかと思って行ってみたら、沢山の人が集まって驚くほど賑わっていた。多分周辺の村やボローニャ辺りからも人が集まっているのだろう。教会の前の広場には沢山のテーブルや椅子が並べられていて、既に人々は食事を楽しんでいた。村祭りの食事には発酵させたパン種(のようなもの)を薄く延ばして油でからりと揚げたものが欠かせない。それはこの辺りではクレシェンティーナと呼ばれていて、揚げたての熱々に生ハムやサラミを挟んで頂く。私達は大きな樫の木の下のテーブルについて長い列の末にようやく手に入れたクレシェンティーナと赤ワインで食事を始めた。大きな樫の木、古い樫の木。100年は経っているだろう。長寿に見守られているような気がした。遠くの空に月が輝いていた。そして数え切れないほどの星が空を埋め尽くしていた。アコーディオンの伴奏の音楽に耳を澄ました。祭りに集まった老若男女が伴奏に合わせてくるくると踊っていた。亡くなった舅がこの場にいたらきっと喜んだであろう。時々吹くぬるい風に包まれながらそんなことを思い出した。もしかしたら少し酔っていたのかもしれない。気持ちの良い晩に美味しい赤ワインを頂いたから。素直に諸々の物事を受け入れることが出来そうな気がした。良いことも、そうでないことも。もう少しこんな風にしていたかったけど、相棒と友人に尻を叩かれて引き上げなければならなかった。バルバローロの村祭りはまだまだ続く。

コメント

No title

おはようございます。数日後にボローニャ脱出ですか、羨ましいですね。
ところで、ふと気付いたのですが、友人もなく、実家にも帰らず、海や山にも行かない一人者のイタリア人は、毎夏をどのように過ごしているのでしょうか? Sala Borsaも閉館ですし。
良い夏季休暇をおたのしみください!! 写真と文章、楽しみに待っています。

2009/08/02 (Sun) 10:56 | Via Valdossola #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ここはボローニャでもお気に入りの場所のひとつでした。
あれから2年が経とうとしていますが、こちらの写真を
見ているせいかそんな時間が過ぎたような気がしません。
それから、相変わらず日本を飛び出したい自分が
心の中でうずうずしています(笑

2009/08/03 (Mon) 15:22 | hiro_bl #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Via Valdossolaさん、こんばんは。友人もなく実家にも帰らず海や山にも行かない一人者のイタリア人は、私の周囲にはひとりもいないので想像がつきません。イタリア人って夏に一年の全てを掛けていると言っても良いのですよ。そして私も。さあ、私は明日早朝に出発です。Via Valdossolaも良い夏をお過ごしくださいね。

2009/08/03 (Mon) 21:17 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

hiroさん、この場所は地味ですが好きだという人を沢山知っています。いつもは憂鬱な空気が立ち込めているここですが、この日は不思議な光が差していい感じでした。
もう2年が経とうとしていますか。そろそろボローニャを訪れてみてはどうでしょう。3年が経ってしまう前に。

2009/08/03 (Mon) 21:23 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

こんにちは。今頃はもうボローニャ脱出されているのかな? そんなバカンスムード満載の中なのでちょっと心配しつつも今日ボローニャのチェントロに行きましたが思ったよりお店が開いてるなーと思いました。人も居たし、8月になると街はガラガラ・・・と、言うよりはお盆前後はガラガラ・・・に変化してるように思います。でも開いてるのはきっと客商売のお店だけでしょうね。これも不況なのでしょうかねぇ。。。

Yさんは今年はどんな夏を過ごされるのでしょうか。旅の便りが更新されるの楽しみに待ってますね。

2009/08/05 (Wed) 19:18 | naocci #79D/WHSg | URL | 編集
No title

naocci さん、こんにちは。まだ私の夏休みは続きますが旅からは昨日遅く帰ってきました。僅か8日間でいつもなら物足らないはずなのに、今年に限ってはこれで充分足りたような気がするのは不思議ですね。
今週は旧市街は何処も閉まっているでしょうか。雨でも一降りして涼しくなったら遊びに行こうと思っているところなんですけど。

2009/08/12 (Wed) 18:51 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する