吐息

7月もこれで終わりだ。この日に向けて馬のように走り続けてきたから疲労も心労も相当なものだが、引き換えに手に入れるものは途方もなく大きい。夏の休暇。なんて良い響きなのだろう。今朝、いつもなら触るのもちょっと戸惑うトカゲ、室内に迷い込んだトカゲを捕まえて外の草むらに逃がした。最近よく見掛ける、トカゲといっても子供のトカゲで、トカゲちゃんと呼ぶのが相応しかった。しかし何という奴だ。こんな鈍い私に捕まるようなトカゲなのだから、間違いなく鈍くさいトカゲであった。人間に捕まってしまった小さなトカゲは手足をばたばたさせていた。私には聞えなかったが多分きゃーきゃー喚いていたに違いない。草むらにそっと置くと小さなトカゲはあっという間に草の陰に隠れて見えなくなった。トカゲを捕まえたのは子供の頃以来である。いつも出来ないことも出来てしまう、それは楽しいことが直ぐ後に控えているからなのだ。そんな朝の始まりは私の気持ちを更に高揚させた。それにしても何度口にしただろう。明日から夏の休暇だなんて夢のよう、と。指折り数えていた待ち焦がれていた休暇が目の前にやってくると信じられないような気がする。魔法にかかったような気分。いい夢を見ているような気分。昼には職場の人達と白のスパークリングワインで休暇を迎える喜びを分かち合った。夕方仕事を終えて外に出ると熱風が吹いていた。暑い筈なのに清々しく感じるのだから気分とは何ていい加減なものなのだろうと、思わずひとりで苦笑した。ピアノーロへの道は驚くほど空いていて、あっという間に家の前まで来た。だから家には帰らずにそのまま道を走り続けて山を目指した。何もないが自然だけは溢れかえっているこの界隈。そうでなくてもカーブが多いこの辺りは、道こそ舗装されているが車2台がすれ違うのがやっとの山道。しかしそんなのも全て含めて私はここが大好きだ。鬱蒼と木が生い茂っていた。今まで何度もここを通っているが、気が付かなかった。今年は雨が沢山降ったおかげで緑が特別濃いようだ。様々な種類の緑が互いに調和しながら息づいている様子に小さな吐息をついた。自然とは人間がどうにかできるものではないのだ。どうにかしようと思うと壊れてしまうのかもしれない。眩しいほどの豊かな緑に囲まれて澄んだ空気を肺に送り込んでいるうちに、ようやく休暇の実感が湧いてきた。もう一度吐息をついた。感慨の吐息だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する