日曜日と無花果

涼しい週末だった。そんな日曜日の夕方、思いついて当ても無く出掛けた。ボローニャ市内を通り抜けて郊外へと向った。何がある訳ではないけれど溢れんばかりの緑で目を楽しませてくれる界隈だ。特に車を停めるでもなくひたすら標高の高いほうへと向うと、気が付けば山の友人の家のすぐ近くまで来ていた。電話を掛けると友人は家に居て、そんな近くまで来ている私たちを拒むことも無く歓迎してくれた。友人と会うのは久し振りだった。先週顔を合わせた友人の猫と犬に声を掛けると、どちらも嬉しそうな顔をしたくせに、あんた達、また来たの? と言っているようだった。実は、私は友人に頼みがあったのだ。先週其処に立ち寄った時に見つけたのだ。友人の庭にある2本の木に大きな無花果がたわわに実っているのを。もじもじしながら言い難そうにしている私に、一体どんな言い難いこと抱えているのかと好奇心を持つ友人にやっとの思いで切り出した。あのぉ、無花果が欲しいんだけど。友人は、なんだ、そんなことだったのか、と一瞬がっかりした表情を見せたものの、勿論さと言わんばかりに熟れた大きな無花果をもぎだした。あっという間にプラスティックのケースは一杯になった。先週から欲しいと思っていたことを白状すると、勝手にとっても良かったのにと言う。しかし、幾らずうずうしい私でも人様の庭の無花果を勝手に取るのはちょっと、なのである。涼しいを飛び越えて肌寒くて、剥き出しになった腕を摩らなければならなかった。庭の温度計を見ると20度も無い。山とてこんな涼しい7月は滅多に無い。丁度通り掛った近所の人たちが、いくら若いと言っても半袖ではちょっと寒いだろう、と笑いながら私達に声を掛けた。風邪をひいては大変。もいで貰った無花果を抱えて車に飛び乗った。また来週。うん、また来週。大きな声で挨拶して、日曜日の終わりへと向って車を走らせた。

コメント

No title

無花果を求めて車を走らせたyspringmind さんのお姿を想像しました。人の家に生っている果物は魅惑的な存在でも、なかなか手が出せませんね。
私は寒い場所で育ったので、無花果を食べたことがありませんでした。大人になって初めて食べたのですが、すっかり虜になってしまい、今ではもっとも好きな果物の一つです。甘ったるくドロドロとした果肉と、パサパサした果皮のコンビがたまらないです。籠一杯に貰ってこられた無花果、yspringmind さんはどのように楽しまれたのでしょうか?

ばけねこ(お久しぶりでした!)

2009/07/20 (Mon) 14:02 | bake-cat #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ばけねこさん、こんにちは! お久し振りです。本当に人の家に実っている果実は魅力的。手を伸ばせば届くような所にあると、尚更です。でも、やはりもぎ取ることが出来ない。大抵の場合、じーっと見つめていると家主がひとつ捥いでくれます。実際美味しいのですよ、人の家の果実は。貰ってきた無花果は果物が嫌いだけど無花果だけは食べる姑に半分以上あげてしまったので残りは数個になってしまいましたが、とても美味しかったですよ。ぷっくりと大きい熟れた無花果を手で縦にふたつに割ってそのままモグモグ頂きました。甘くてみずみずしかったです。また来週も無花果貰いに行ってきます。

2009/07/21 (Tue) 19:06 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

イチジク、羨ましいです~。
本当に美味しいですよね♪
先週、マーケットで買おうか迷ったのですが、
少ししんなりしていたのと、高かったのとで諦めました。
それがもぎたてとは! 私も誰か、くれないかな?(笑)

2009/07/22 (Wed) 02:49 | ako_bishoku #79D/WHSg | URL | 編集
No title

akoさん、ボローニャの市場にも無花果は並んでいます。少し前に市場で美味しそうなのを高い値段を我慢して奮発して買ったのに、なーんだ、こんななのかー、みたいな無花果でした。がっかり。それに比べてこのもぎたてのは瑞々しくて甘くって、美味しいね、美味しいね、と言いながら頂きました。何時か広い庭のある家に住んだら、無花果の木を植えたいと思います。そうしたら毎日でも美味しいもぎたてを頂けるものね。

2009/07/23 (Thu) 18:59 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する