無花果の木の下で

昨日の夕方に蚊に刺された痕がまだ痒い。蚊に刺されるのが好きな人はそう滅多にいないけれど、少なくとも私はまだそんな人に会ったことは無いけれど、私は蚊が大嫌いで敵対意識を持っていると言ってもよいくらいだ。それなのに蚊に好かれる体質らしい。血が甘いのか、それとも刺しやすいのか。理由は未だに解からないが人一倍蚊に刺されては大騒ぎするのである。それで昨日のことだ。夕方知人を久し振りに見掛けた。ジョヴァンニだ。ジョヴァンニは私の相棒の友人で、私とは単なる知人にもう少し毛が生えたような関係だ。彼は上階の家のテラスに置いた寝椅子の上で寛いでいたから、私が大きな声で彼の名前を呼んだ時は大そう驚いたようだった。やあ、元気かい。彼は寝椅子から起き上がって庭に立っている私にそう言った。彼は多分50歳くらいで、独身だ。長身の彼は一年中陽に焼けた肌と自転車漕ぎで鍛えたカモシカのような長い足が格好いいと評判で、男性からは悔しがられ、女性からは人気の色男だ。本人は多分そんなことを気にも掛けていないに違いないが、女性達が放っておかない。私が彼に初めて会ったのは8年前だっただろうか。相棒がいつも、ジョヴァンニが、ジョヴァンニが、と言うので一体ジョヴァンニって誰なのよ、ということで会うことになった。暑い日で、彼は丁度自転車で丘の方から帰ってきたところだった。白い短パンにポロシャツか何かを着た彼を見て、70年代の映画に出てくる青年のようだ、と思った。しかし彼はそんな映画の青年のようにいいとこ取りの人ではなくて、人が困っているとどんなに大変な力仕事でも自分の時間を上手く都合をつけて駆けつけてくれる人であった。私達もそうして何度も彼の力を借りて苦境を乗り越えることが出来たから、彼が単なる色男でないことを知っていると言う訳だ。ジョヴァンニ、悪いわねえ、と言って何か礼をしようとすると、いいからいいから、と言って何処かへ消えてしまう。それがジョヴァンニなのだった。その彼と私の相棒は、もう何週間も前から冷戦状態らしい。私が彼と他愛ない話をしているのを横目で見て、相棒はさっさと向こうへ行ってしまう。話に交わりたいくせに素直になれないのだ。相棒だけではない。ジョヴァンニもまた同じように素直になれなくて、やあ、元気かい、の一言がいえない。庭の隅へ行ってみると小さな無花果が実っていた。今年は実りが良い。けれども天候不順で例年よりも成長が遅れているようだ。この無花果が大きくなって食べ頃になるまでに、この大きな子供2人がまた仲良く話すようになっていると良い。そんなことを考えているうちに、蚊に8箇所も刺されてしまった。そんな昨日の刺された痕を摩りながら、考えた。近いうちにこの大きな子供達を誘って美味しいピッツァでも食べに行くことにしよう。

コメント

No title

とても良いお話です。秀逸な随筆という感じで読ませていただきました。
そういえばアメリカに住んでからイチジクの木を見た覚えもないし、マーケットで新鮮なイチジク(fig)など一度も見た事が無いなあと思い調べたら、カルフォニアとかワシントンなどの西海岸かテキサスなど南部にしかないと分かり納得。ドライにした袋入りはどこでも手に入るけど、日本で食べた大粒の甘いイチジクを知っている私には、食べられたものではありません。子供の頃住んでいた家の庭にも、イチジクの樹がありました。

2009/07/09 (Thu) 14:30 | september30 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

こんにちは。散策だけでなくyspringmind さんの生活の一端が目に浮かぶような思いです。そこに住んでいる、という落着きを感じました。ちょっと羨ましい光景です。相棒さんとジョバンニさんは幸せですね。

2009/07/10 (Fri) 08:41 | Via Valdossola #79D/WHSg | URL | 編集
No title

septemberさん、無花果の樹は何か懐かしいものを感じますね。私の家には無花果の樹はありませんでしたが、近所に大きいのがあって季節になると無花果をもいで貰いました。大きいふっくらしたのを手で縦に割ると中には赤い粒々が詰まっていて、甘くて美味しかったですね。今はそれに生ハムを添えて頂くなんてことを覚えてしまいましたが、昔はあれはあれで上等なおやつだったような気がします。何時か田舎に広い庭を持ったら、無花果の樹を植えたいのです。

2009/07/10 (Fri) 18:07 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Via Valdossolaさん、こんにちは。私を取り巻く人たちを観察するのは本を読んだり映画を見るように面白いです。誰一人同じでなくて、素朴で普通そうに見えるのに色んな味を持っているんです。
相棒とジョヴァンニが幸せですって? 彼らはそんなこと、これっぽっちも思っていないに違いありません。

2009/07/10 (Fri) 18:09 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する