そぞろ歩き

一昨日の土曜日の朝、驚くような雨音で目が覚めた。まるでたたき起こされたような感じだった。前の晩、あまりに寝苦しかったから窓を開け放っていたからだ。だからあんなに雨音が大きく聞えたに違いなかった。猛烈な勢いで降り落ちてくる雨を眺めを眺めていたら気持ちが妙に落ち着いて、もう一度深い眠りについた。深い眠り。心地よい眠りであった。あれからボローニャは急に涼しくなった。昼間とて25度も上がれば上等だ。涼しくて嬉しいやら、6月らしからぬ涼しさにがっかりするやら。つい1週間前の暑さが嘘のようだ。炎天下を遠方から来た人達と共にボローニャの町を歩き回ったことが夢のようにすら思える。あの暑い中を私達はよく歩いたと思うけど、ああ、もう少し涼しかったら足取りも軽いのに、と何度思ったか知れない。そうだ、こんな涼しい日ならばあそこにも足を延ばすことが出来ただろう、ここにも連れて行けただろう。と考えているうちに思い出した。そうだった、私はあの路を見せたかったのだ。二本の塔から真っ直ぐ伸びるvia rizzoli を背にしてvia oberdan を私達は歩いていたのだ。それなのに途中でうっかり左に曲がってしまった。私が見せたかったのは其処を右に曲がって真っ直ぐ行った界隈だった。古くて決して華やかでない地味で質素な界隈だった。私はその辺りを歩く度に、何時か友人達が訪ねて来たらここを一緒に歩こうと、考えては楽しみにしていたのだ。それなのに。暑い日でも長く続くポルティコの下は意外に涼しく、きっと楽しく歩けた筈なのに。彼らはまたボローニャに来るだろうか。その時は此処もあそこも見せようと考えながら、なぞるようにしてポルティコの下を歩いた。

コメント

No title

こんにちは。この文章に誘われて、Via Rizzoliを背にしてVia Oberdanに入り、しばらくまっすぐ歩いて、適当な所で右に曲がり、そのまま歩いていたら、いつのまにかB.S.Pietroらしきバス停に着き、偶然に来た32番バスに乗ったら、ボローニャ旧市街のの周りを廻ってボローニャ中央駅についてしまいました。そこから11番バスに乗りDue Torri付近で降りたら、Via Oberdanの入口でした。何をしているのだか・・・ちょっと情けない私でした。yspringmindのようには行きませんね・・・。

2009/06/23 (Tue) 21:38 | Via Valdossola #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Via Valdossolaさん、こんにちは。その調子ですよ。自分の足で歩いているうちに頭の中に地図が出来上がって、自分の気に入りの路が増えていくんです。私は人の数十倍も呑み込みが遅くてトロイので、ボローニャの町のメカニズムが分かるようになるまで随分時間が掛かりましたけど、もう既にそんな風に行動しているVia Valdossolaさんは、あっという間にボローニャを制覇するかもしれませんね。ここ数日は涼しいですから今がチャンスなんです。また39度に上がったら、散策どころではないですからね。散策好きの私でも39度はちょっと・・・です。

2009/06/23 (Tue) 23:16 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する