文字好き

この冬のことだ。フランクフルト空港で乗継した。丁度良い乗り継ぎ便がなく、4時間も空港で過ごす羽目になった。尤も乗り継ぎ時間が短すぎて飛行機に乗り遅れたり最終地で荷物が出てこないよりは良い、と納得済みのことだった。それにしても4時間とは何と長い時間なのだろうと空港の中を彷徨いながら思った。冬の休暇シーズンとはいえ、こんな日に飛行機に乗る人はあまりいないらしく空港は空いていた。店を冷やかしたり、カフェに入ったり、本屋で立ち読みしてみたり。様々なことを試みたが時間は一向に経たず、観念して滑走路を一望できるガラス張りの窓の近くに深々と座った。ふと横を見ると新聞があった。これは良い、とそのうちのひとつを手にとってばさりと音を立てて広げた。新聞との付き合いは長い。子供の頃、うちでは小学生新聞をとっていた。姉と私の為だった。誰が読みたいと言ったのだろうか、姉だろうか、それとも私だったのか。それにしても私達はある1ページにしか関心を持つことがなく、母をいつも嘆かせていた。そのうち小学生新聞を読む年齢が過ぎると、中学生が読むに丁度よいレベルの英語新聞が配られるようになった。これは多分私が読みたいと言った筈だった。私にはその頃アメリカ東部に同年の文通友達が居て、英語に夢中だったのだ。いや英語に夢中だったから文通していたのか、今となってはよく分からない。かといって英語が堪能だったわけでもなく、恐らく下手の横好き、そんなものだったに違いない。その証拠に英語の成績は散々で、母や姉からアメリカの友達と本当に意思の疎通が取れているのかと不思議がられてはからかわれた。次第にその新聞は溜まる一方で誰も読まなくなり、勿体無いということで契約を打ち切った。あの読まなかった新聞は油絵を描くときに下に敷いて、その後丸めて捨ててしまった。読まずに新聞を捨てる、それが心に痛いことを味わった時代だった。大人になって私は新聞の面白さを知った。新聞なしの朝なんて。そう思ったのは何歳のときだっただろう。街角に新聞が置いてあると手に取らずに居られない。何か面白いことはないだろうか、そんなことを思いながら。多分、私は新聞に限らず文字が好きなのだ。新聞の代わりに、本でも良い。雑誌でも良い。そう、文字が好きなのだ。そんなことを考えながらひとつ新聞を読み終え、また次のを手に取り、気が付いたら搭乗時間になっていた。いくら好きとはいえ、こんなに長い時間新聞を読んだのは生まれて初めてだった。

コメント

No title

こんにちは☆
やっぱり新聞はいいですよね^^
私も好きで、新聞を見るとついつい手が・・・((笑
昔は文字なんてよみたくなかったのに・・・^^;

質問なんですが、英語新聞とはどのようなものだったのでしょうか?英語を勉強したいと思い、その新聞を購読してみようかと想います!
もしよければ教えていただけませんか?

2009/08/16 (Sun) 10:56 | Saki #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Sakiさん、こんにちは。私がとっていた英語の新聞は何しろ大昔のことなので今もあるか分かりませんが、朝日新聞社から出ていた中学生向きの英語の新聞です。結構面白かったです。私が今までしてきた中で一番良かった英語の勉強方は、英語の歌を歌うことと、好きな映画のDVDを何度も見た後にその映画の原本というか英語版の本を読むことです。自分でも驚くほど読めますから試してみてくださいね。

2009/08/16 (Sun) 15:38 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する