角の本屋

Piazza di porta ravegnana に建つ2本の塔。広場を挟んで反対側にそれほど大きくない古い建物がある。Palazzo degli Strazzaroli と言う名の1400年代後半に建てられたものだ。ボローニャの町の中心であるここは昔から沢山の人が行き来していたらしい。私の持っている白黒写真集の第一頁目にその様子が掲げられている。戦後の写真だ。沢山の車とバス、通行人が建物など気にすることも無く往来する様子は、昔も今も同じということか。現在、館の地上階にはfeltrinelli という大きな本屋が入っているが、白黒写真の時代には煙草屋とバールが入っていたようだ。大体この館の名前を幾人の人が知っているのだろう。私はこの建物の前で待ち合わせをすることが多く、待っている間に名前を偶然知った。書物を手繰ってみると、当時の芸術家と建築家が腕を振るった館であることが分かった。成る程、少し離れて観察するといろいろな装飾が施されていて、単に前を通り過ぎるだけでは勿体無い。それにしても館の名前を言われるよりもfeltrinelli の前に何時何分といわれたほうがぴんと来るというものだ。本屋の中は歴史的な雰囲気は何も無い。実に淡々としているが、歴史的な建物の中で本を物色しする・・・よく考えれば贅沢な話ではないか。

コメント

No title

初めまして。昨年11月ボロンニャに行った時、Feltrinelli 書店で、フィレンツェの友人の息子さんのクリスマス・プレゼントに、楽しい童話を探して貰いました。大変親切でした。ボロンニャの人に大変 simpatici を感じています。

2009/01/19 (Mon) 11:17 | ペッシェクルード #79D/WHSg | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/19 (Mon) 18:17 | # | | 編集
No title

ペッシェクルードさん、初めまして。こんにちは。Feltrinelli をFeltrinelli 書店と呼ぶとちょっといい感じですね。新しい発見です。私はこの店に良く行きますが、確かに親切な店員が多いようです。ペッシェクルード さんがボローニャの人に親しみを感じてくれたことを嬉しく思います。

2009/01/19 (Mon) 23:36 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

鍵コメさん、確かに、Feltrinelliの前は待ち合わせ場所の定番なんですよ。人間観察にも良い場所ですね。ただ、兎に角人が多いので隅っこに佇むのがいいようです。
昔は東京の人混みの中を歩いていたなんて信じらません。小さい町が好きです。人々が休暇に行って閑散とした夏のボローニャもいいですね。

2009/01/19 (Mon) 23:43 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する