豊かさ

寒い町なのに薄着でどうしたことか。budapest に着いて以来しきりに頭をもたげていたところ、町の中心の広場にたつ冬の市場で温かそうなご婦人を見つけた。頭のてっぺんからふくらはぎが隠れる辺りまで白い毛皮で身を包み、見ているだけで温かくなった。おそらく裕福なご婦人であろう。イタリアは豊かな国と思われがちだが、一握りの裕福な人たち以外はごく普通の人々だ。昔に比べれば貧富の差は少なくなったにしても。尤も食生活が豊かであり、また人生を楽しむ術を知っているので、金銭的に豊かでない、辛い、不幸せ、可哀相といった語彙にはあまり縁が無い。皆それぞれが自分に合った人生の楽しみ方を心得ているのが、イタリア人の美点だろう。私にしても決して豊かな生活ではないけれど、かといって苦しいとか辛いといった感は無く、美味しいワインと好物のチーズを頂きながらの家族友人達とお喋りをしては、心の中が全く豊かさに満ち溢れたりするのである。芸術や自然にたやすく接することが出来るのも豊かさのひとつだと思う。そういうことを私はイタリアの生活を通じて知った。私はこのご婦人を見つけた時、そんなことをふと心に思い浮かべていた。ハンガリーにしてもイタリア同様に一握りの裕福な人たちが居て、それ以外はごく普通の人々なのだろう。しかし私は知っている。このごく普通の人々の心の中はお金で買えない豊かさで満ちていて温かいことを。私がこの国に、この町に惹かれるのは勿論町並みや雰囲気でもあるけれど、ここに暮らす人間味溢れる人々抜きだったらばこれほど好きにはならなかっただろう。それにしてもご婦人は際立って白く、飛びぬけて温かそうだった。ブダの丘にお屋敷を持つご婦人だろうか。それとも閑静なアンドラーシ通り界隈に広々としたアパートメントを所有する悠々自適な方なのだろうか。そんなことを想像しながら眺めていたが、ふと笑いがこみ上げた。ご婦人も屋台の焼き栗がお好きなようだ。彼女も熱い熱いと言いながらこんがり焼けた焼き栗を指先を黒くしながら剥いては口に放り込むのだ。みんな同じなのだ、そんな言葉にたどり着いて急に嬉しくなった。

コメント

No title

yspringmindさんへ。
こんにちは。本当に真っ白な御婦人!(笑)
帽子のポンポンが可愛らしさを演出していますね。
さて、僕等が思うイタリアの豊かさって、yspringmindさんが仰言るところの豊かさなのではないでしょうか。同盟を組んで一緒に敗戦国になった頃の記憶、ネオ・リアリズムの映画全盛だった頃のイタリアの記憶……どちらかと言うと「貧しい」時代の記憶が強いです。反面、ヴィスコンティが描く途方もない豪華な貴族の世界……これまた貴族社会全盛の頃ではなく、没落して行く貴族の姿だったりします。そんな中、イタリアが豊かに思えるのは、矢張り、人々が人生を楽しむ術を知っているからなのでしょうね。そしてあの笑顔!言葉の響き!
皆、老若男女、貧富の差も何のその、皆、同じなのですね。

ブノワ。

2009/01/04 (Sun) 03:04 | raindropsonroses #79D/WHSg | URL | 編集
No title

yspringmindさん、Buon Anno!!!
心の故郷とも言えるBudapestにいらしているのですね。
こんな見事な毛皮にお揃いの帽子をお召しになったマダムは、仰るように
広い庭があり執事がいるような屋敷を構えている方なのかもしれませんね。
粗雑な私にはとても恐ろしくてこんな純白を羽織る勇気がありません。
もちろん持ち合わせておりませんが(苦笑)

以前にも拝見したBudapestは確か夏でしたよね。おいしい蜂蜜の記事が
頭の片隅に残っていて、蜂蜜を見るとyspringmindさんを思い出します。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。


2009/01/04 (Sun) 15:52 | emilia2005 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

あけましておめでとうございます!
年はじめからとてもステキな物語を読ませていただいたようです。
またこのご夫人のなんと素晴らしい白いコートでしょう。絵本で言えばどこかの国のお妃ぐらいのものです。そのお妃と普通の人たちが同じように手を黒くして栗をむいて食べている。そういう平等さがとてもいいですね。

>このごく普通の人々の心の中はお金で買えない豊かさで満ちていて温かいことを。

日本ではない光景だと思いましたし、お金で買えないものをしっかりと強く当たり前にとらえている国だと私もそう思いました。

2009/01/04 (Sun) 16:39 | limonata9 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ブノワさん、このご婦人はかなり目立っていました。帽子のてっぺんのぽんぽんがチャームポイントですね。
そういえば私が日本に居た頃に抱いていたイタリアのイメージはヴィスコンティの世界、若しくはソフィア・ローレンが描く下町の様子でした。可笑しいことにカラーなのに白黒映画の印象が強くて、それがイタリアのイメージを勝手に作り上げていたような気がします。いつの間にかイタリアブームなんていうものが生まれて、モーダやブランドのイメージが前に出てきたんですよね。私が居るのは確実にそんな煌びやかな世界ではなく、慎ましく、しかし食だけは不自由のないイタリア、です。皆がそれぞれ言いたいことを言い放って、笑って。老若男女、貧富の差も何のその。まさにそれがイタリアって感じですね。

2009/01/05 (Mon) 16:58 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

エミリアさん、Buon anno!
心の故郷とも言えるBudapestとは良く仰ってくださいました。どうも私はこの町と相性が良く、1年住んでみませんか、と訊かれたら多分喜んで暮らすのではないかと思います。しかし冬は寒くて、このご婦人のように身を包んでいなかったら病気になりような寒さでした。勿論私だってこんなコートは持っていませんし、着る勇気もありません。これはやはりご婦人ならではのお召し物、なのですよ。もう冬のブダペストへいく勇気はありません。
夏に貰ってきた蜂蜜。今はミルクティにたらして毎日頂いてます。ハンガリーの蜂蜜は本当に美味しくて、一度エミリアさんにも味わっていただきたい限りです。
今年もお付き合いお願いします。

2009/01/05 (Mon) 17:08 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

limonataさん、新年明けましておめでとうございます。
この真っ白のご婦人が手を汚して栗をむいては頂くところを一度見てみたいですね。美味しく焼けた栗を頬張るとき、彼女は私たちと同じ様にほんのり笑って美味しい美味しいといいながら頂くんでしょうか。
それにしても良い冬休みでした。温かい料理と温かいワインを囲んで同じ視線を持つ人間の集いは何て楽しいのでしょう。そういう幸せも人生にはありますね。私はそういうことを大切にしたい、とこの冬休みに思いました。
今年もお付き合いお願いしますね。

2009/01/05 (Mon) 17:18 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ、ヨロシクです♪

本当に豊かそうな、温かそうなご婦人ですね。 真っ白な姿で、
黒い栗を買う姿がまたいいですね。

イタリアの豊かだけれど、贅沢でない生活、憧れます。
どちらかというとアメリカは物欲の強い国のような気がします。
便利は便利なんですけどね。

それでは、また! 今年はLAも寒いです~。

2009/01/05 (Mon) 19:12 | ako_bishoku #79D/WHSg | URL | 編集
No title

akoさん、明けましておめでとうございます。
こんなご婦人が焼き栗屋で栗を買っている姿を面白いなあ、と思ったのは私だけだったようです。この町の人達にとっては誰だって焼き栗屋で栗を買い求めるのが普通なようです。それがまたいいですよね。
イタリアの豊かだけれど、贅沢でない生活・・・上手いこと言いますね。まさにそんな感じ。アメリカは物欲の強い国かもしれないけれど、その便利さには脱帽ですね。それに向上心の強いことも良い面ですね。
LAも寒いのではボローニャが寒いのは仕方ないですね。今朝うちのほうは雪が降っていました。今年もお付き合いお願いします。

2009/01/07 (Wed) 10:27 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

yspringmind さま

貴ブログの内容に感動しています。市井の人々の心の豊かさがお分かりになるのは、ご自分の心が豊なためです。
ところで、小生のブログでは外国に住んでいる「心豊かな日本人」のブログをご紹介しています。第一回目はハンガリーの盛田さん、第2回目はタイのHikarunoさんを取り上げました。
つきましては第3回目か第4回目に、貴方様のブログをご紹介しおたいと思います。そこでこの記事の文章の一部とボローニアの街の風景写真2、3枚を小生のブログへ転載したいと考えています。
転載のご許可を頂きたく、謹んでお願い申し上げます。
ご返事を頂ければ嬉しく思います。
有難うございます。
敬具、  藤山杜人

2009/01/09 (Fri) 03:57 | 藤山杜人 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

藤山杜人さま、ブログ訪問、そして褒めていただきまして有難うございます。自分の心が豊かどうかは当の本人には解かりませんが、そうでありたいと願っています。そういう心掛けがあれば、いつかそうなれるかもしれないですね。
さて、ブログを紹介していただけるとのこと、有り難くお受けします。藤山杜人さまの気に入ったところを転載して下さいね。
これからもお付き合いお願いします。

2009/01/09 (Fri) 13:30 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する