量り売り

この店の前ではどうしても足を止めずにいられない。そんな店が誰にでもひとつはあるはずだ。私にはひとつどころか二つも三つもあって、歩いては足を止めの繰り返し。だから時間が掛かるのだ、いつもの気に入りの通りを歩くときは。via dei falegnami の天井の低い古いポルティコをそぞろ歩いていくと左右に走る via gallirea にぶつかる。その左手角に昔からある何でも屋風の店がある。お菓子もあれば雑貨もある。古臭くて洒落ていないが昔チックで懐かしい匂いがして大好きだ。どうやら私だけがそう思っているのではないらしく、そんな風にして外から中を窺っている人がいつもいる。私は、こんな量り売りの菓子が好きだ。綺麗な化粧箱に入った菓子も好きだし、勿論手作りの宝石のような大粒チョコレートも大好きだけど、山盛りにされている好きな菓子を好きなだけ袋に入れて貰うのが好きだ。昔、私がまだ小さな子供だった頃、よく母に頼まれてお使いに行った。あの頃は誘拐なんて物騒なものはあまりなく、6歳7歳の子供がひとりで近所の店に母の使いをしたものだ。私の使いとは、近所の豆腐屋に絹ごし豆腐を買いに行くことだった。絹ごし豆腐を頼まれたのに木綿豆腐しかなくて、判断出来なかった小さな私は今来た路を手ぶらでとぼとぼ歩いて戻ったりした。携帯電話などという便利なものは存在しなかったから、そうするより手がなかった。そしてまた豆腐屋に戻っては、木綿豆腐でいいんだって、と言いながら豆腐屋のおじさんに小銭を渡した。豆腐屋の斜め前にはパン屋があってパンのほかにも色んな菓子が並んでいた。大きなガラスのつぼの中に飴やラムネ菓子が入っていたが、一番好きだったのは餃子と言う名の煎餅だった。2枚で5円だった。時々お使いのつり銭でそれを買って食べながら帰ると母に叱られた。買ったことを叱ったと言うよりも食べながら歩いたという行為が宜しくなかったらしい。あの頃は叱られては萎んだものだが、今となっては笑える思い出だ。ところで私は昔チックのこの角の店で売っているラム酒入りのチョコレートが大好きで、店が開いている時間にここを通ると立ち止まるだけでなく中に入らずにはいられない。沢山買うわけではない。あのチョコレートを5個。そんな風に。そんなことが出来る店は時代は移り変わっても皆の人気者である。

コメント

No title

私もこういう売り方とっても好きです^^今はきれいに整頓されたように売られているけど、こうやってガバッと売られているのを見ると、美味しさが袋からあふれているみたいにみえて嬉しくなります。そこに幸せがあるような気がしてしまいますね!

2008/12/07 (Sun) 15:02 | limonata9 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

はじめまして。
先日はコメントありがとうございました。とても嬉しかったです。
私、yspringmindさんのブログへ時々おじゃましてました!
いつも素敵な写真と文章で、小説を読むような感じで見させてもらってました。ちょっとしたファンです!!すみません。^^;
残念ながら彼は来週いっぱいでボローニャでの仕事を終えてしまうので、
もう少し前にyspringmindさんに彼の働く薬局を紹介したかったなぁ〜って(勝ってに)思いました。

私も量り売りのお菓子買うの好きです。(もっぱらグミですが^^;)
いろいろ袋に詰めて楽しみながら買います。
なんとなく小学生の頃通った駄菓子屋さんのわくわく感と似てますね。
缶がレトロチックでかわいいですね♪

またちょくちょくおじゃまさせてもらいます!

2008/12/07 (Sun) 15:08 | mio_mmm #79D/WHSg | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/07 (Sun) 17:08 | # | | 編集
No title

limonataさん、私は古い人間なので古いスタイルが好きなんです。勿論スマートで綺麗な今風も好きなんですが、昔チックな店を見るといても立ってもいられなくなる。私たちが忘れつつある温もりみたいなものを感じます。幸せが山盛り、って感じですね。

2008/12/08 (Mon) 00:21 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

mioさん、こんにちは。そうですか、今まで遊びに来てくれていたんですね。有難う。
そうそう、現代は量り売りと言うとグミなんですよね。ボローニャでもグミの量り売りは結構あります。ボローニャに来ることはあるでしょうか、それとも今度は新しい住処に直行でしょうか。もしボローニャに来ることがあるならば、この店覗いてみてください。洗剤とかアイロン掛け用のスプレーとかも打っている雑貨店と駄菓子屋が合併したような店ですが、この店が好きだと言う人はびっくりするほど沢山居ます。あ、でもボローニャに来る日には是非声を掛けてください。美味しいもの一緒に頂きましょう。

2008/12/08 (Mon) 00:28 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

鍵コメさん、すごい。その通りなんですよ、正にそのチョコレート!鍵コメさんとはどうしてこんなに分かり合えるのでしょう。私も人から頂いて初めて食べた時は、むむむ、と言いながらぺろりと食べてしまいました。相棒は初めしかめっ面をしながら端っこを齧ってましたが、buono! と感嘆しながら3つもたて続けに食べました。ラム酒も入っているから体が温まりますね。明日、もし店が開いてたらまた買ってくる予定です。

2008/12/08 (Mon) 00:32 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

昔ちっくなお店っていいですよね。
なんだかアットホームななんとも居心地の良い感じがたまりません。
また、気取ってない感じも親しみがわきますよね!

地元で、ふと昔ちっくな思いで深いお店がなくなった時などは
とても寂しい気持ちになります。
ましてやいろいろな思い出がつまったお店はなおのこと辛いです。

2008/12/09 (Tue) 16:15 | momomomo72 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

momomomoさん、昔チックの店は昔風に作ったのではなくて本当に昔からそのままだから良いのでしょうね。真似しても真似できない温かさが有ります。そう、気取ってなくて親しみやすい。そんな感じ。
私が懐かしむ昔の店、豆腐屋と斜め前のパン屋ですが、7年前に訪ねたときにはまだ存在しており感激しました。其処に拘って通う人達が居るのでしょうね。周囲はすっかり近代化が進んでいてその界隈だけが昔のまんま。そういうことが有ってもいいと思います。

2008/12/09 (Tue) 23:48 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

いい雰囲気のお店ですね。
このあたりにもそういうお店があるといいのに。
でも、アメリカは古いものをヨーロッパほど大切にしない
ですもんね。 それに、不思議とアメリカで古いお店だと、
商品も古い感じがしてしまって入る勇気が出なかったりもしてます。

今、風邪っぴきなので、のど飴以外の飴が舐めたいです。(笑)

2008/12/10 (Wed) 01:31 | ako_bishoku #79D/WHSg | URL | 編集
No title

akoさん、アメリカの古い感じの店は確かに置いているもの自体が古そうな感じがする、って良く分かります。ヨーロッパとアメリカの文化の違いと言うことでしょうか。ボローニャにはこの手の店が探すと意外とあるんですよ。
風邪はしっかり治してね。これから楽しいクリスマスですからね。そういう自分も気をつけなくちゃ。

2008/12/10 (Wed) 17:37 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する