17日の金曜日

金曜日の朝は早起きが辛い。背中のシーツと顔の半分まで被っている毛布が私にもう少しこうしていたらどうだと誘惑する。それを振り切って起きるのは並以上の勇気が必要だ。今朝のようにそんな勇気を持ち合わせていない朝は、今日一日頑張ればまた週末だと思うのが宜しい。それが一番効果的だ。目を覚ますと外が明るかった朝は実は夢だったのではないか。そう思える程、最近の朝は暗い。昨晩の風でプラタナスの大きな葉が山ほど散って、路という路は落ち葉で埋め尽くされていた。今日の予報は午後から雨。雨は嫌いなのだ。心の中で降りませんようにと願いながら、少し雨が降ることを願った。もう随分長いこと纏まった雨が降っていないから、屋外の樹々や草花は欲しているに違いないのだ。昼を回っても雨は降らず、それどころか空は明るく雨雲のひとつもない。そうか、それでは旧市街へ行こう!そう決めて就業時間まで残り後20分となった頃、急に空が暗くなった。雨が降りそうだった。雨が降ったら降ったまで。そう腹をくくって旧市街行きのバスに乗った。旧市街の中心に近いところでバスを下車すると、雨粒がポツリと顔に当たった。雨はもう其処まで来ているのだ。沢山振り出す前に散策を楽しまなくては、と半分急ぎ足で散策する。ポルティコの下の、ある小さなカフェで温かいものでも頂ただこうか。いいや、雨が降る前に少しでも見て歩きたい。そんなことを心の中で問答しながら市庁舎の裏側まで来たと途端、一斉に雨が降る出し、あっという間に路面という路面が濡れて光った。ついてないなあ、と言うと同時に思い出した。今日はil venerdì 17。つまり17日の金曜日で、イタリアの迷信では不運な日であった。これは傘なしでは歩けまい、と鞄に忍ばせておいた深緑色の小さな折り畳みの傘を取り出した。そして傘を開こうとした瞬間、後ろで声がした。il venerdì 17、と。背後には50歳前後の男女が立っていた。こんなことを気にする若いイタリア人はあまり居ないが、この位の年齢の人は案外気にするものなのだ。彼らは私の横を通り過ぎたかと思うと黒い小さな傘をひとつ差して、雨の中を寄り添いながら歩き始めた。まるで映画の一場面のようだと思いながら、私は傘を差すのも忘れて小さくなっていく彼らの後姿いつまでも眺めていた。

コメント

No title

Happy Friday!!!
面白いですね、アメリカでは13日の金曜日が不運な日ですよね。
でも、きっと雨が悪い運を洗い流してくれたことでしょう。

温かい、美味しい飲み物にはありつけましたか?
CAは雨がないので、ちょっと恋しいです。

2008/10/18 (Sat) 04:04 | ako_bishoku #79D/WHSg | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/18 (Sat) 11:24 | # | | 編集
No title

この時期になると雨が多くなりますものねぇ、ローマに暮らし始めてすぐ小さなB&Bでバイトをスタートしました、それが10月。家を出るのが7時前だったのでこの暗い朝と小雨の風景があの頃の自分を... 暗い朝の濡れた空気まで思い出させてくれました。

こちらはあと一ヶ月もすると雨季は終わり、乾季に入ります。雨季の湿った空気とはお別れです。

2008/10/18 (Sat) 16:22 | Pfgia #79D/WHSg | URL | 編集
No title

akoさん、13日の金曜日はあまりにも有名。だからイタリアでもそうかと思っていたらそんなの気にしている人なんて居なくて驚きました。そうして分かったんですよ、イタリアでは17日の金曜日だってことが。実際相棒も昨日一日に何度もこの言葉を発して、何て迷信深い人なのだろう、と驚きました。結局温かい飲み物にはありつけませんでしたが、家に帰って夕食に温かいスープを頂きました。スープの季節到来ですよ。CAは雨がないですね。雨も無いと寂しいものなんですよね。

2008/10/19 (Sun) 00:39 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

鍵コメさん、どうして17日の金曜日なのか、それは私にも分かりません。今度お年寄りに聞いてみることにしましょう。彼らは何でも知っているから。暖かかった10月もこれで終わりですね。ボローニャはじめじめして肌寒い土曜日でした。これが本来の天気なのかもしれませんが、空が暗いと元気が出ません。曇りでも散歩はしますが、雨の日は全然駄目です。風邪が流行り始めましたからお互いに気をつけなくてはいけませんね。良い週末を。

2008/10/19 (Sun) 00:43 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Pfgiaさん、ずっと昔の10月に毎日雨が降ったのを覚えています。ボローニャの10月とはそういうものだと思っていたので、ここ2週間の温暖快晴には驚き狂喜しました。しかし日照時間は短くなりましたね。朝、まだ日が昇る前に家を出て仕事に行くのは寂しい気分になるものですね。私にも経験があるので、Pfgiaさんの言う暗い朝の濡れた空気、よく分かります。これから2月までずっとこんなかと思うと気が遠くなります。5ヶ月、5ヶ月間も!
そちらは雨季が後一月で終わりだそうですね。乾季を思い切り楽しんでくださいね。

2008/10/19 (Sun) 00:49 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

黒猫ちゃんでも近くに居たら絶好のシチュエイションでしたね(笑)
13と言う数字は確かアメリカ経由で不吉な数字だと幼い頃から聞かされていましたが、どうやら最近ではみだらに触れてはいけない神聖な数字だという意味に変わってきているそうですね。数字の持つ意味合いって時代を経ると変わるものなのでしょう。
ちなみに僕のラッキーナンバーは「9」です。西暦の生年月日を1桁になるまで足していくと「9」になります。日常でもこの数字を意識しています。自転車置き場のラックは常に45番を使うとか、スポーツジムのロッカーも使いにくいけど45番を希望するとか・・・。

2008/10/19 (Sun) 02:54 | ひろぽん #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ひろぽんさん、黒猫もまた迷信には欠かせませんね。私はどちらかというと鏡が割れるのがとても嫌いで、2年前の引越しのときに大きな大きな鏡に亀裂が入ったときには この世が終わるかと思うほどの大騒ぎでした。そして何か良くないことがおきては鏡のせいにする・・・丸1年間、悪いことを鏡のせいにしました。ひろぽんさんのラッキーナンバーは9ですか。私にはラッキーナンバーはないけれど、確かにイタリアの番号を自分で選ぶ宝くじでは必ず決まった番号を選んでます。イタリア人の大半がそのようで、そうやって6つの番号を全部当てて夢のような大金を獲得する人も居ます。明日の火曜日は宝くじの日。今、イタリア中が膨れ上がった賞金を獲得しようと大騒ぎです。

2008/10/20 (Mon) 18:46 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する