変化

嗜好は変わっていくものらしい。大人になったからなのか、それとも環境のせいなのか。理由は沢山あるに違いない。私がワインを嗜むようになってもう長い、しかし成人になった頃から飲んでいた訳ではない。あの頃の私はお酒のひとつも飲めなくて、そういう席を避けて通ってきたように思う。仕事帰りや出掛けの帰りにちょっとアペリティーヴォ、なんてことは一度もなかった。今思えば残念だが、嫌いだったのだから仕方がない。そんな私がワインを楽しむようになったのは、多分やはり環境のせいなのだ。私が暮らしていたアメリカの町から車で北上するとワイン畑が広がっていた。青い空の下、左右に広がるブドウ畑、あっちにこっちに点在するワイナリー。初めて見たときの喜び、それは思わず大きく体を伸ばして深呼吸したくなる、そんな開放感だったかもしれない。8月だったのだろうか、いいや、9月だったに違いない。誘われるままワイナリーに足を踏み入れた。Domein chandonという名のワイナリーだった。試飲を楽しむ人たちを横目に気持ちの良い中庭の席に着いた。知人からここの白のスパークリングワインは美味しい、そう促されて一口含んだのだ。それは今まで経験したことのない華やかな感覚で、生まれて初めてお酒を美味しいと感じた瞬間だった。それから私は天気の良い夏の終わりになると町から北上するようになった。あまりに沢山あるワイナリーを選ぶのは困難ながらも楽しかった。ワインの美味しさに出会って人生の楽しみがひとつ増えた。ワインを楽しむようになってまた変化が起きた。昔は臭いと言って嫌っていたチーズを好むようになった。多分、子供の頃に食べたオランダのチーズが嫌いだったのだ。オランダのチーズが美味しくないのではない、多分、私が食したそのチーズがたまたま美味しくなかっただけだ。そして多分、子供の味覚には合わなかったのだ、と思う。イタリアに来て数ある種類から選ぶ楽しみを得た。私は決して通ではない。けれども美味しいものがやっぱり好きだ。ボローニャの町を散策していると時々どうしようもない匂いに遭遇する。そんな時、辺りをぐるりと見回すと必ずチーズの店が見つかる。臭い、そう言いながら私はショウウィンドウに並んだチーズを鑑賞する。宝石を鑑賞するよりずっと楽しい鑑賞だ。しかしそれはここだけの秘密にしておいたほうが良いかもしれない。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/09 (Thu) 18:40 | # | | 編集
No title

子供の頃からは大好物だったのに大人になると苦手になったり、その逆もあり。確かに嗜好は変わりますよね。チーズやワインを気軽に楽しめていたイタリアでの生活が懐かしいです、こちらでは値がはります。大きな樽で買ってくるなんてこともないですしね、苦笑。

2008/10/09 (Thu) 18:44 | pfgia #79D/WHSg | URL | 編集
No title

私も、ワインの味は大好きです。
でも、お酒弱いのが本当に残念・・・。
ワイナリー巡り、したいんですけどね~。
でも、チーズは大好きです!
逆に相棒クンはチーズが大嫌いなので、なんとも勿体ない夫婦です。

2008/10/10 (Fri) 07:26 | ako_bishoku #79D/WHSg | URL | 編集
No title

チーズ良いですねぇ!

私チーズ大好きですよ。

まろやかなのも良いし、
クセのあるチーズも大好き。

ただ、
お酒が飲めないのが残念・・・

2008/10/10 (Fri) 07:34 | burts #79D/WHSg | URL | 編集
No title

鍵コメさん、最近また暖かい日が続いていますが、それにしても夕方7時には真っ暗ですね。朝も外が暗いから早起きするのに苦労します。またあの暗くて寒くれ陰気な冬になるのだなあ・・・そう思うとガックリ来ますが美味しいワインとチーズ!ですよ。そう、これは大人の楽しみだと思います。でも実は嫌いなチーズがあるんですよ。ゴルゴンゾーラ。これもここだけの秘密です。

2008/10/10 (Fri) 15:31 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

pfgiaさん、子供の頃嫌いだったのに好きになったのはお酒やチーズばかりではありません。ラッキョウも梅干もピーマンもです。これらは刺激がちょっと子供には強過ぎるのかもしれませんね。そちらではワインとチーズが気軽に楽しめないんですか。え、値が張る?うーん、それは残念。当り前だと思っていたこの習慣を感謝して楽しむことにしましょう。

2008/10/10 (Fri) 15:36 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

akoさん、ワインのアジは好きだけどお酒に弱いんですね。それは本当に残念というもの。あ、でも私もワインはグラスに3杯も頂くと気持ちよくなってふらふらーっとよろめいてしまいます。後はひたすら眠ってしまうし。2杯くらいが限界です。それで、え、相棒君はチーズが嫌い?うまくいかないもんですねえ。いつか2人ともワインもチーズもokになると楽しみ一つ増えますね。akoさんの近くにワイナリーはありますか?あるならいつか行ってみたいなあ。

2008/10/10 (Fri) 15:41 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

burtsさん、チーズ好きだけどお酒はだめですか。残念です。相性は抜群!なんですけどね。私は熟成したフランスのチーズも大好きだけど、羊の乳を搾って作ったペコリーノチーズ、しかもよく寝かせてコクのある奴が好きです。ナイフの先でぽこっと掘り出したチーズの欠片をつまみながらワイン。これがなかったら暗い季節を乗り切るのは難しいです。

2008/10/10 (Fri) 15:45 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

はじめまして。2年前、サッカーワールドカップの年の7月にボローニャに旅行しました。旦那の仕事の関係で5日程ボローニャのみの滞在でした。其の時、パーティー(飲み会)で旧市街からバスで30~40分程の山に行きました。そこのレストランで飲み会(笑)があったのですが、名前が思い出せません。バスの窓からの景色は、一面、葡萄畑が広がり、午後7時過ぎても物凄く明るかったのを覚えています。ボローニャ旧市街から南西方向だったように思います。もしお分かりでしたら教えてください。
いつも、毎日、ブログを拝見させてもらっています。来年はボローニャへ行けます様に。

2008/10/11 (Sat) 03:55 | TSUBOI #79D/WHSg | URL | 編集
No title

TSUBOIさん、はじめまして、こんにちは。2年前の7月にボローニャに来られたそうですね。7月は夕方7時どころか9時になってもまだ明るくて、日本から来られた方たちは皆びっくりします。冬が暗くて憂鬱な分だけ、この時期の明るさは皆の心を躍らせてくれます。ボローニャ旧市街から南西方向でバスで30分から40分の山でバスからの眺めは葡萄畑。これだけのヒントがあって、それでいて私にもこれだ!という答えがわかりませんが、monte san pietro やsavigno 、sasso marconi なんてこともあるでしょうか。ただバスで行くと30分どころか、もっとかかる距離なんですけどね。来年、ボローニャに来れるといいですね。

2008/10/11 (Sat) 22:49 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する