寒い日

肌寒い一日だった。いや、今日一日だけではない。ここ数日ずっとこんな寒さが続いて、私は何度寒いと言って身を縮めただろう。寒いといっても朝は7度あるし日中だって20度に満たないにしても気温は上昇するのだが、手足は冷えるし首の辺りも風通しが良すぎるので "私にしたら" 快適温度よりかなり下回っていると言うべきか。兎に角あまり寒いので薄手のシルクのスカーフを首にぐるぐる巻きつけて外出する毎日。今日は金曜日、嬉しい金曜日だ。今朝5時頃、大きな雷が鳴った。どーん、と鳴る雷ではない。ばりばりとまるでまだ夜明け前の空を引きちぎるような雷だった。そんな雷が何度も鳴り響いているのを目を瞑ったまま聴いていた。耳を澄まして聴いていたのだ。それでいて私は夢を見ていた。夢の中で私はボローニャ旧市街の塔の下から延びているvia castiglioni を歩いていた。それは数日前に見た風景だった。連れはなく、私は何か探し物をしていた。探し物。ひょっとしたらそれは探し人だったのかもしれない。私はあっちを見たりこっちを見たり、路の左右を何度も往復しながら歩いていた。そんな夢を見ながらつまらない夢を見ていると思った。そんな風にして朝を迎えた金曜日は夢同様つまらない一日だった。何をしてもうまくいかず、最後には深い溜息をついた。晩になって週末の始まりを祝うが如く、赤ワインを開けた。グラスに僅か半分だけど、凍り付いていた体中の血液が温まって循環するのを感じた。美味しいワインを頂く喜びを言葉にするのは難しい。文学者ならばどんな言葉で表現するのだろう、ワインに通じる人達はどんな風に表現するのだろう。と、いつもワインを頂きながらそんな事を考える。語彙の貧しい私には、幸せとか喜びとか、そんな簡単な言葉しか見つからない。よく熟成させたペコリーノチーズを齧りながらワインを頂き、そしてお喋りしてはまたワインを頂いた。寒いのは嫌いだが、寒い日には寒い日の楽しみ方があるものだ。そんな事を思いながら金曜日の晩が更けていった。

コメント

No title

「金曜日」って魅惑的な響きですね。そしてどこに住んでいても日常は色褪せることも、うまく物事が運ばないこともありますね。美味しいワインで心を温められた日記に私も少しだけその温かさをお裾分けしていただきました。いつも思うのですが、イタリアはこの煉瓦色の建物にヴィヴィドな色合いが映えますね。この緑色の車もこの町ならではでないかしら。色が氾濫している日本の町ではこうはいかないでしょう。とても素敵です。
ところでyspringmindさん、よろしかったら私のブログにも遊びにいらっしゃいませんか。まだ初心者ですが、やっと書くことに慣れてきたところです。

ばけねこ

2008/09/27 (Sat) 12:23 | bake-cat #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ysprinmindさん、こんにちは!イギリスも寒いです。でもまだまだヒーターなんてつけられないから厚い靴下はいてます。我家は家の下の階がイタリア式に(?)全てタイルなので(イギリス人の友人は靴を脱ぐのをいやがるーでも脱がせます!)寒い、寒いxxxでもyspringmindさんがおっしゃるように寒いときは寒いなりの楽しみ方があるのは大賛成!イギリスもこれからコンサート、バレエ、クリスマスパントのシーズンに突入です。食べ物はどうだろう~、イタリアみたいに美味しいものがたくさんないから、やっぱり自分でつくったおでんかな~♪

2008/09/29 (Mon) 14:38 | ogosyu #79D/WHSg | URL | 編集
No title

お久しぶりです。相変わらずのステキなお写真が続いておりますね。私の方こそ、ysprinmindはさぞ素晴らしいカメラをお持ちなんだろうと思っていたんですよ。そうしたら普通のデジカメということで、道具から入りたがる私はちょっと恥ずかしくなりました。
さて、そちらも寒いようですね。ベルリンも秋で紅葉が始まっております。私も寒くなると赤です。身体が温まるような気がするんですね。喉が渇かない分、ちびちびっとやる楽しみがある。それこそチーズやおいしいパンなど、本当に単純なものの素晴らしさが一層映える飲み物ですね。
確かにワインを形容する専門用語はすごいですが、おっしゃるように文学者のワイン形容語というのは聞いてみたいですね。でも、以外に幸せとか美味しいというものなのかもしれません。それが五体には一番実感しやすいですね。
さて、ysprinmindさんの日記も秋めいてまいりました。またステキな写真をお願いします。

2008/09/29 (Mon) 21:59 | Momidori #79D/WHSg | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/30 (Tue) 00:02 | # | | 編集
No title

ばけねこさん、こんにちは。イタリアはこの色褪せた煉瓦色の建物にはヴィヴィドな色合いが映えると言う意見に私も同感です。こういう色の町ですからモノトーンやくすんだ色は埋もれてしまう、と思う。イタリア人が目のさめるような配色のものを好む理由はここにあるのかもしれませんね。それにしても今日はたったの火曜日。魅力的な金曜日とは何と響きの違う一日でしょう。火曜日の文字の影にまだ週末がずっと先、なんて意味が隠れているような一日です。ま、仕方ないなあ。
それではばけねこさんのところに今直ぐ遊びに行きますね!

2008/09/30 (Tue) 12:52 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

ogosyuさん、こんにちは。こちらボローニャは本日から暖房解禁です。イタリアは市によって暖房をつけはじめる日が決まっていて例年ならば10月15日くらいなのですが、今年は異例中の異例。あまり寒くて風邪引く人が多いので市も考えたようです。早速会社で暖房つけて、うーん、温かい。今夜は家でも暖房入れますよー。しかしこの時期は芸術目白押しですね。イタリアも然り。しかしイタリアはどちらかと言えば食の方に傾倒しているかもしれません。今は色んなところで収穫祭が開かれていますよ。恐らくもうじき近所の村で栗祭があると思います。ああ、楽しみ。おでんはもっと好きだけど。

2008/09/30 (Tue) 13:54 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Momidoriさん、道具から入りたいのは私も同様。腕が追いつかないの承知で一眼レフのデジタルカメラを欲しいともう随分前から呟いていますが、なかなかうまくお小遣いが貯まりません。クリスマスまでには何とかなるでしょうか。
秋はやはり常温の赤ワインが好きです。ぐいっと飲まずに少しずつ舐めるようにして頂き、その間につまみを食して取りとめのないお喋りに没頭する・・・というのは秋冬の知る人ぞ知る楽しみなのではないでしょうか。私は決して大酒飲みではありません。だけどこんな風に頂いていると、気がつくと、あら、二杯も飲んじゃいましたね、なんてことに。
いつかMomidoriさんとそんなおしゃべりの時間が持てたらいいですね。

2008/09/30 (Tue) 14:45 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

Tner-Haroldさん、こんにちは。私がブログを始めたきっかけは単に"遠くに暮らす家族や友人たちにこの小さなイタリアの町のこと、私を取り囲む様々な小さなことを知らせたい" そんなことでした。ところが始めてみると知らない色んな人との繋がりが生まれて・・・ブログとは不思議なものですね。毎日が楽しいことばかりではないし、素晴らしいことばかりでもないけれど、そんなことも現実として、これからも細々と綴っていきます。
しかしですね、パソコンが故障してもう2週間になります。もうそろそろ直っても良い頃ではないかと思うのですが。おかげで連日欠席してます。そのうち復帰しますから、そうしたらまた宜しくお願いしますね。

2008/09/30 (Tue) 15:13 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

こんにちは♪
確かに、寒い時には寒い時なりの楽しみ方、ありますよね~。
ミシガンにいた頃、いっぱい経験しました。

熟したペコリーノを食べながらワインって最高ですね!

風邪をひかないように気を付けてくださいね。

2008/10/01 (Wed) 18:30 | ako_bishoku #79D/WHSg | URL | 編集
No title

akoさん、こんにちは。寒いときにも楽しみ方を持っていることがボローニャで楽しく暮らす秘訣かもしれません。これからは編み物もするし、お菓子も作ります。でも寒い季節で一番好きな楽しみ方はやっぱり美味しいものを食すること、かな。え、風邪?そうです、気をつけなくっちゃ。akoさんもね!

2008/10/02 (Thu) 16:24 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集
No title

この大きな建物の中の語学学校に行っていました。
大きい方じゃなくて、小さいほうの。
それにしても停めてある車かわいらしいですね。
懐かしい~。

2009/01/28 (Wed) 21:18 | hiro_bl #79D/WHSg | URL | 編集
No title

hiroさんはこの中の小さいほうの学校に通っていたんですね。ボローニャに滞在した学生さんたちは皆、このふたつのどちらかに通ってましたね。私はイ残念ながらタリア語の学校には遂に通わずじまいで自己流に勉強してしまいました。
この車、可愛いでしょう?今でも時々停めてあります。この辺りに暮らしている人の車なのかも。それともこの辺りの店の人の車なのかもしれませんね。

2009/01/29 (Thu) 15:10 | yspringmind #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する