静かな午後

昨日から夏時間が始まって夕方遅くまで明るくて大変宜しい。僅か一時間のことだけど心に与える印象も喜びも大きい。そしてもうひとつ。僅か一時間のことだけど私はその一時間の違いが体に堪えて眠れない。自分が顔に似合わず繊細であることを毎年この時期に再確認している。顔に似合わず繊細などと人に言われたらむっとくるに違いないが、自分で言うのは良い。あははと腹の底から笑って、お終い。後腐れも何もない。先日via santo stefano で96番のバスを待っていたところ、一瞬ぱたりと車の流れが途切れた。この通りには珍しいことである。旧市街内は交通規制があるというのに不思議なことに何時だって車の流れが途切れない、それがvia santo stefano なのである。この瞬間この通りに存在するのは私と向こうからゆっくりとペダルを漕いでくる青年と、そのまたずっと向こう側から歩いてくる老人だけ。物音のしない静かな午後の一瞬を互いに知らない同士の3人で分かち合った。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yspringmind.blog.fc2.com/tb.php/435-c4bf88be

Comment

hiro_bl

この写真とても素敵ですね。
santo stefanoは好きな通りのひとつです。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/04/02 11:00

yspringmind

hiroさん、ボローニャの路はこんな風に車が通らないと違った路に見えますね。たまにはこんなのがいいです。いい瞬間に出会えました。

yspringmind

鍵コメさん、やっと時差ぼけが治りました。たった一時間、けれども一時間てこんなに体に影響があるんですね。
ボローニャはどうしてこんなに車の交通量が多いのだろう、交通規制のある旧市街にしても、といつも不思議に思うんですよ。だからこんな風に車が通らないと、凄く不思議な気分になる。寂しいのではなくて、いいなあ、って感じ。私は人混みや騒音、混雑が嫌いなのでこんな雰囲気が好きです。毎日こんなだったら・・・うん、それもいいかなあと思います。

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR