普通の生活

DSC_0003 small


今朝、目を覚まし窓の外を覗いたら雪が降っていた。積もるものではなく、すぐに解けてしまうような雪。ただ、冷たいらしく、栃ノ木の枝についた、空に向かって開いた元気な印象の新緑は地面に向かって項垂れて、無言で寒いことを訴えているように見えた。テラスのジェラニウムにしても同様だ。赤い蕾が今まさに開かんばかりに膨らんでいたのに、今朝は殻を固く閉じた貝のようだった。昨晩テレビのニュースで言っていた。急に訪れた寒波による野菜や果物への大きなダメージ。凍り付いた芽を手に取った農家の人の泣きそうな顔が忘れられない。もう3月も終わりだというのに。数日後には夏時間が始まるというのに。

昨日買い物に行ってくれた相棒が、手ぶらで帰って来たのは残念だった。冷たい風の吹く朝だから店に入る人の列は短いだろうと思ってのことだったが、冷たい風などお構いなしの長蛇の列だったらしい。切らしてはならぬ物のひとつはilly caffè。此れなしでどうして朝を迎えられよう、と言う私の懇願で店に行って貰ったのだが、長蛇の列では仕方あるまい。当分は相棒が知人から貰ったというローカルな、名も聞いたことのないようなもので間に合わせることになった。夕方になると相棒が、もう家に居るのはうんざりだと言って外に出ていった。丘の町に暮らす姑の様子を見に行ったのだろうと思っていたら、暫くして自慢げな表情で袋をふたつも手に提げて帰ってきた。もう少し先にある店に行ったらしい。どうせ其処も長蛇の列だろうと思っていたら、思いのほか列が短かったらしい。一番初めに袋から出てきたのは勿論illy caffè。わあっと歓声を上げた私の声に、相棒は上機嫌だった。袋の中には、数日前にストックが無くなっていたパスタ、新鮮な野菜、朝食用のビスコッティと相棒の好きな菓子たち。そして丸い形のチーズがふたつ。幻かと思った。
随分前、相棒がブリーチーズを買ってきた。フランスの、ブルターニュ地方の白黴チーズである。大抵こうしたものは相棒が好きで、私はと言えば黴ものは避けて、例えばコンテなどの固めのチーズばかりに手が出る。ところがである。このブリーチーズは私を虜にした。此れほどのチーズは、パリはサンルイ島のチーズ屋さんと今年1月6日に店を閉めた、ボローニャ旧市街にあったフランス屋以来のことである。いや、なに、私は美食家でもなければ、チーズ専門家でもない。ただ、食の好き嫌いがはっきりしていて、此れと思わないものにはいくら薦められても手が出ない、それだけのことだ。兎に角そういう訳で、好みの白黴チーズに出会い、毎晩相棒とワイングラスを片手に白黴チーズをちびりちびり堪能した。形あるものは何時かなくなるものだ。食べ終えてしまったチーズ。購入した店に相棒を送りこんだが、もうチーズの姿は何処にもなかった。ああ、残念。私が嘆くので、相棒が他のものをあれこれ家に持ち込んだ。相棒の気持ちは有難いが、やはり何か違う。ああ、もうあのチーズを手に入れることは出来ないのだなあ。などと芝居がかった台詞を言う私に相棒は苦笑したものだが、素晴らしい、彼は遂に同じ物を見つけた。
昨夜のワインが進んだのは、美味しいチーズのせいだ。思えば旧市街からフランス屋が姿を消して以来、私の仕事帰りの立ち飲みワインの楽しみはピリオドを打ち、美味しいチーズやワインを探す趣味も影を潜めた。おかげで小遣いが減らなくてよいといえばよいけれど、あれは私の小さな楽しみだったのだと今更ながら思う。春には新しい店を開くと言っていたフランス屋の店主だったが、予想外のこのウィルス騒ぎで話は凍結しているだろう。店の人達との再会は先延ばし。どのくらい先になるか知らないけれど。

家に居るようになって10日経った。カレンダーの数字をひとつづつ数えてみたら、まだ10日の残りがあるようだ。其れもうまく行けばのこと。国が自宅待機期日を延長しなければのことである。私には難しいことは分からない。政治的なことにも口を出すつもりもない。ただ、早くこのウィルス問題が終わりを迎えることを願うだけだ。ただ、早く普通の生活が戻ってくるのを願うだけだ。朝だと張り切って起き、簡単な朝食をとり、手短に身支度をして仕事に行く。忙しい日は休憩も取れないほどで酷く目が疲れるものだけど、それでも就業時間を迎えて外に飛び出す時の喜び。家に帰って来た時の安心感。相棒と猫との時間。一日を労う楽しい夕食時間。そうしたごく普通の生活が恋しいだけだ。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

マダムKenwan

illyのコーヒーは、美味しいですね。
うちは、ウィーンの焙煎屋のコーヒーをいただいているけれど
illyのコーヒーが、美味しいのは知っています。
シチリアのお兄さんがやっているお店があって
そこのリコッタ・アル・フォルノや生ハム、サラーミが
好物です。すみません、食いしん坊で、食べ物の話はすぐ乗ってしまう。
  • URL
  • 2020/03/26 17:41
  • Edit

ブノワ。

yspringmindさんへ。

こんばんは。
スッカリご無沙汰しています。
そちらは本当に大変ですね……。
バルセロナやパリの友人たちの近況を知るにつけ、
日本は何となくお気楽で、危機感がまったく感じられないのです。
今週末、東京はやっと外出の自粛要請が出ました。
丁度、桜が満開です……皆さん出るでしょうねぇ……。
各国の対応、厳しさの度合いって軍隊があるかないか、
そこがポイントだと思うのです。
当たり前であったものが当たり前でなくなった今、
普通であると言うことがどれだけ幸せか……。
ひしひしと実感ですね。いやぁ……まいった(苦笑)
yspringmindさんも相棒さんも、
呉々もお身体を大事になさってください。

ブノワ。

yspringmind

マダムKenwanさん、こんにしは。ははあ、ウィーンの焙煎屋のコーヒーですか。それは大変興味深いですね。市販コーヒーならilly、しかし専門店のコーヒー豆はやはりおいしいですよね。ところでシチリアのお兄さんがやっているお店ですか。わー、いいですね。その店は食料品店なのでしょうか、それともバールのような存在なのでしょうか。行ってみたい気がします・・・。
  • URL
  • 2020/03/27 17:48

yspringmind

ブノワさん、こんにちは。こちら、もう訳が分からないほど大変なのですが、ここ数日はスペインがとんでもないことになっていまして、お気の毒様なのです。自宅に居るのも10日が過ぎました。あと10日なら何とかなると思うけど、これが20日になったら頭が変になるでしょう。健康な人間が外にも出ずに。“朝から晩まで相棒とふたり顔を突き合わせて”ですねえ。(ここが一番のポイント。) 出来ることは家に居ること、ポジティブで居ることでしょうか。もう少しだと信じて頑張りまーす。
  • URL
  • 2020/03/27 17:58

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR