冬の眠い

DSC_0002 small


一昨日の月曜日はBlue Mondayだったらしい。私にとっては月曜日は大抵ブルーなのだけど、1月第3の月曜日は、一年で一番ブルーな日と定められているそうだ。誰がそんなことを決めたのか知らないし、何時からそうなのかも知らないけれど、そうしたメールが沢山届いた。販売促進の類のメールで、よい買い物をしてブルーな気分を吹き飛ばしてしまおうといった内容だった。良い買い物。聞こえは良いし景気の良い話であるが、余計なお金を使わないように気をつけねばならぬ。それからネットでの買い物。身に着けるものをネットで買い物するのは苦手だ。手触りとか重さとか、色合いとかは手に取ってみなければわから無いから。返品は簡単というけれど、私のような人間はその簡単な返品すらも面倒臭い。やはり店に出向いて選びたい。たとえ少しくらい値段が高くても、失敗が無いことが大切なのだ。それに店の人の目も大切。自分が好きでも他人から見た感想は異なることもあるからだ。色んな理由を並べてみたが、早い話が私は古いタイプの人間なのである。そして、それでよいと思っている。

髪を短く切ったので首元を風が通り抜ける。うっかりすると風邪を引くので一日中スカーフを外せない。首に巻き付けたシルクの小さなスカーフは、8年ほど前に旧市街の小さなスカーフ屋さんで手に入れたもの。もう店を閉めてしまったフランス屋の横に在る、開いた口が塞がらぬほど小さい店。昨秋、店に立ち寄ってひとつ新調したら、とても周囲の人達に好評だった。明るい色合いがいいと思う。顔色が明るく見えるから。そう言ったのはこの店の女主人だった。明るい色は何となく気恥しいからずっと避けていた私には、そういうものなのか、他人の意見を聞くのは何と面白いことなのだろうと思ったものである。フランス屋が店を閉めてから、その界隈から足が遠のいているけれど、久しぶりに行ってみようか。シルクの小さな四角いスカーフを、女主人に見立てて貰うとよいかもしれない。

ああ、眠い。冬はいくら眠っても充分過ぎることがないらしい。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR