止まない雨

DSC_0012 small


予報通りの雨。雨の土曜日となった。雨と言っても足元が濡れるようなものではなく、しかし傘を差さずに歩けば濡れてしまう霧のような雨。降り落ちる霧、そんな風に呼ぶのが丁度良い。髪を切りに行く約束をしていたので、重い身体を無理に起こして朝食をとった。正直のところ家に居たい気分だが、昨夏から予約が難しくなった行きつけの店は、一度予約を取り消すと次にとるのが難しい。特に土曜日にしか行けない私は、多少気分が乗らなくとも予約は取り消さないのが賢い。気温はそれほど低くないが冷たい雨だった。あと数度低かったら雪になっていたかもしれない。そんなことを思いながらポルティコからポルティコへと渡り歩いて髪を切りに行った。

土曜日。土曜日にしてはひと気のない旧市街だった。久し振りの雨は人の足を重くしたのかもしれない。それとも午後になれば人が出てくるのだろうか。いつの頃からか、ボローニャに暮らすのが当たり前のようになった。それは実に不思議な感覚。何故なら私は長いこと、この街から脱出することばかり考えていたからだ。それは此処に家を持つようになってからも続いた。何時から考えが変わったのかはいくら考えても思いだせぬ。しかし其れでよいと思った。いつか誰かが住めば都、そのうち慣れると私に行った時、そうかしらと眉をしかめたものだけど、ふふふ、其の通りになった。都とまでは行かなくとも、自分が居やすい場所になった。だからどんなことも絶対なんてことは無い。人間は変わるのだ。そしてそれは別に悪いことではない。うまくいかない時は流れに逆らってばかりいないで、流されてみるのもいい。案外それでうまく行くこともある、ということを私はボローニャに暮らしながら学んだ。流されて、丸め込まれたようなふりをして、少し軌道に乗ったらば、自分のしたいようにすればいい。そんなことをポルティコに面した店の大きなガラス窓の外を眺めながら思った。雨は目を凝らしても見えなかった。其れほど粒子が細かくて、雨とも呼べないような雨だった。
髪はあまり短くしないようにと言っておいたのに、店主のエンジンが掛り過ぎて随分短くなった。彼は私の髪を短くするのが好きらしい。それとも私は短い髪の方が似合うと思っているのかもしれない。どちらにしろ、髪はそのうちまた延びる。上手に切ってくれたから、まあいいさ。

雨は夜中になっても止まない。止まない雨。そんな週末もたまにはいい。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

すぷーん

頼んでおいたスカーフ。解れてしまった4辺を綺麗に縫って
彼は私の髪を短くするのが好きらしい。。。 
なんでか ここ惹かれました!
私の街で冬は閉めている伊人が店主のカフェが 今年は早くオープンし
窓の外を行く人も コーヒーを楽しむ私も何だかにやにや
自分の領分で寛ぐ嬉しさ この街角 ありがたいな  
  • URL
  • 2020/01/19 16:26
  • Edit

yspringmind

すぷーんさん、こんにちは。すぷーんさんの気を惹くことが出来たようで嬉しいですねえ。ふふふ。
イタリア人店主のカフェが今年は早く開いたそうですが、しかし冬は閉めているカフェというのも面白いですね。冬の間、店主は何をしているんでしょうか。気になります。スキーかな。それとも旅に出ているのでしょうか。気に入りのカフェでくつろげる有難さ。此れはちょっとした幸せですね。
  • URL
  • 2020/01/19 19:37

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR