12月8日

DSC_0017 small


今日はいつもの日曜日ではない。聖母受胎祭という名のキリスト教に纏わる祝日。それが日曜日に重なった。実を言えば多くの人が今日という日が日曜日に重なったことを多少ながらも残念に思っている。私も其の多くの人のひとりである。伝統的に言うと今日がクリスマスの飾りを始める日。昔、と言ってもたかだか10年ほど前までボローニャもその伝統に従っていたが、いつの間にか11月中旬を過ぎると、まるで待ちきれないかのように、クリスマスの照明を設置したりマッジョーレ広場にクリスマスツリーが登場するようになった。そうすることで市民の気持ちが明るくなるのかもしれない。何しろ物騒な世の中になったから。しかし伝統を守り続ける相棒と私にには、今日がクリスマスツリーを飾る日。朝から大騒ぎして収納庫の中から大きな箱を取り出して、飾りつけをした。このクリスマスツリーは10年ほど前に相棒の知人が譲ってくれたもの。大き過ぎるからとのことだったが、それは単なる作り上げた言い訳みたいなもの。何しろあの家は驚くほど大きくて、多くなクリスマスツリーを幾つ飾ってもスペースは充分なのだから。クリスマスツリーを飾らないと相棒、飾りたい妻に、知人はていの良い言い訳を作って相棒に持ち帰らせたのだ。あれから12月8日はクリスマスツリーを飾る日となった。10年もの間に増え続けた小さな飾りは、今では何倍にも膨れ上がり100個を超えるほどにもなった。昨年相棒が持ち帰ったヴィンテージ物と私が骨董品市で購入した同じ時代のヴィンテージ物。これらがとても良い雰囲気でますます魅力を増したクリスマスツリー。何しろツリーが自分より遥かに高いし、飾るものが小さい上に多いので、2時間近く掛り腕も腰もガタガタだけど、居間の一角に温かく輝く姿を見ていると、そんな疲れも忘れてしまう。5歳になった大きな猫が、ツリーのよじ登らなければよいけれど。

今日はもうひとつしたいことがある。カードを書くことだ。先日、わざわざそれを購入するだけの為に旧市街へ行った。ガルガネッリと呼ばれるその界隈に店がある。この辺りには昔有名なガルガネッリという名のレストランがあったので、その名前が残ったのかもしれないし、若しくは昔からガルガネッリと呼ばれる界隈だったところに、その名を取って店を開いたのかもしれないが、多分90歳くらいの人に訊ねてみなければ分からないことだ。其れも昔の旧市街に詳しい人達。私の周囲には、残念ながらそうした人達は、いない。兎に角、ガルガネッリ界隈の店に行ったのだ。普通の店はどんな知店の規模が小さくても商店名を標すものだが、此の店ときたら看板に文房具屋と書いただけで、何処にも店の名は書かれていない。全く不思議な店なのだ。不思議なのはそればかりでなく、店の中が凄いことになっている。客は扉を押し開けて中に入るが、それ以上中に進むことが出来ない。まるで倉庫のように物が多く、それもかなり乱雑に置かれていて、店の人が何処に何が置かれているのかを把握しているのならば、それは驚くべきことだと思うほどの状況なのだ。だから客は店に入ったところで、何を欲しいか告げて探してもらうことになる。私は先客を待っている間に、偶然置かれていたカードに一目惚れした。これ。今年はこれにしよう! それで自分の番が来るなりそのことを告げ、同じものを3枚欲しいと店の人に頼んだ。ああ、これね。此れは本当に可愛いの。と店の人は言いながら同じものを探す。ところだ見つからない。ああだ、こうだ言いながら探しているが見つからない。良いものを置いているけれど商品管理が良くないのがこの店の欠点みたいなもの。探すこと15分。諦めて他の2枚は似たようなもので間に合わせようと思ったところで、店の人が喜びの声を上げた。ありましたよ! そうして3枚のクリスマスカードを手に入れた。うん、時間はかかったけれど、やはりこの店はいいものを置いている。だから商品管理がどうであろうと、私はカードを購入する時はこの店に足を運ぶのだ。あの山のような商品は宝の山。恐らく多くの客がそう思っているに違いない。あんな小さな店で、あんな看板の素っ気なくて、探すのに時間が掛かるけれど、多くの店が不況に風に吹かれて閉まっていくのに、あの店だけは残っている。何時から在るかは分からないが、少なくとも20年以上は続いている。もっと前からあったかもしれない、私が気付かなかっただけで。それどころか、私がボローニャに来る前から存在していたのかもしれない。その可能性は充分ある。

さあ、カードを書こう。そして明日はカードを持って郵便局へ行くのだ。旧市街の大きな郵便局へ。その帰りにフランス市場に立ち寄って、温かいワインでも頂いたら、寒さも吹き飛ぶことだろう。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR