オスロのこと

DSC_0025.jpg


そもそもオスロへの旅は、降って湧いたような話だった。この夏はリスボンだけで充分と思っていたところに友人から声が掛り、ならば、と重い腰を上げたという訳だった。何の知識もないまま出発の日を迎えたことに気が付いたのは、ボローニャ空港の待ち時間の間だった。ノルウェーの通貨も知らない有様で、インターネットで調べながら、先が思いやられると思ったものだった。それに、空港まで迎えに来ると言っていた友人が来れなくなった。オスロ中央駅で待ち合わせをすることになったのは良いが、中央駅へ行く手段すら分からなかった。何とかなるさ、といつものように考えていたが、知らない街に夜遅く到着することが私を不安にさせた。計算外だった。不安を追いかけるように飛行機の到着が遅れた。オスロ空港に到着するなり現地の貨幣を入手して、駅に向かう。この国はカード社会らしく、どんな少額でもカードでの購入が可能とのことである。チューインガムひとつだってカードで買えるのだと友人は言っていたが、成程、隣の青年も、その隣の女性も、カードで列車の乗車券を購入していた。初めての国、初めての街。雨が降ったらしく地面が濡れて光っていて、寒いと思ったら15度もない。此れがオスロの夏なのか、それとも夏はもう終わったのか。多くの人がトレンチコートや温かいジャケットに身を包んでいるのを見ながらそんなことを思い、20分たっぷり待って列車に乗りこんだ時には剥き出しになっていた足首が冷え切っていた。中央駅で間違えずに降りて、待っていた友人の顔を見た時の安堵。友人には分かるまい。時刻は23時を回っていて、そんな時間に待っていた友人への感謝の言葉を探してみたが、うまい言葉が見つからなかった。それが私のオスロ一日目。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

すぷーん

私の住むゲルマン系の国も、午後遅くはジャケットが必要ですよ~
土地の気候って 人の行動や感覚への影響って大きいですよね
「訪ねる国の通貨も考えていなかった」とは うふふ大胆ですね
それもこれもいい思い出になりますね 楽しい発見がいっぱい!
  • URL
  • 2019/08/23 15:36
  • Edit

yspringmind

すぷーんさん、こんにちは。え、そちらも午後遅くはジャケットが必要ですって? まあ。土地の気候が人の行動や感覚への影響が大きいのは同感です。今回の旅で色んなことを考えました。
友人がいるからとはいえ、無謀でした。やはり旅の下調べは空港の待ち時間にするものではありませんね。
ところで、私はユーロ貨幣の国ばかりを訪れているのでないかと、ハッとしましたよ。少しいつもの枠から出る必要があるようです。
  • URL
  • 2019/08/23 17:05

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR