山の家族

DSC_0018 small


Ferragosto (聖母被昇天祭)の今日は周囲が静かだ。だいたいこの時期は夏季休暇の真っただ中のことが多く、ボローニャに暮らしてはいるが自分の両親が他州に暮らしている人達は、家族のもとへと帰る。日本のお盆みたいなものと言ったら分かりやすいだろうか。私が暮らすアパートメントは生まれも育ちもボローニャという人が多いので里帰りみたいなものは無いけれど、郊外の山に家を持っているから、8月という時期はそちらの方で過ごすことが多く、何時だって私と相棒が見張り番みたいな役目をする。別に頼まれている訳ではないけれど、しかし留守の家族が多いならば自然とそんな気分になるものだ。夏は要注意。留守を狙う悪い人達が居るから。この界隈ではそんな話は今まで聞いたことはないけれど、用心するに越したことはないだろう。

Ferragosto、昔は山に住む友人家族に誘われて、一日中其処に居ることが多かった。爽やかな山の空気が嬉しかった。日差しは強いが木陰は身震いするほど涼しくて、薄いセーターなどを着たものだ。午後も4時を過ぎる頃には、大きな胡桃の木の下にテーブルや椅子を置いて、アペリティーヴォを楽しむのだ。捥ぎたての熟れた大きな無花果。自家製の生ハム。そして此れも自家製のワイン。洒落たセッティングも何もないし、ワイングラスなどではなくて単なるガラスのコップだけど、どの洒落た店でのアペリティーヴォよりも美しく心地よかった。胡桃の木の影が建物に映る様子がまるで古い映画みたいで、君はこんなアペリティーヴォだけど好きかい、と訊かれて、こんな素敵なのはどこを探したってないと答えると、家長は黙って微笑むのだった。午後4時にアペリティーヴォだから、夕食は9時過ぎだった。陽がすっかり暮れてから、というのが決まりで、家長が植物という植物に水撒きを終えて、洗いたての白い麻のシャツに着替えると、夕食が始まるのだ。どれも自分の家で収穫したものを使っての料理が並び、総勢20人近くが一斉にワインを注いだコップを高く上げて、Buon Ferragosto と祝ったものだ。しかしね、この肉は近くの山の肉屋から買ってきたものなのだよ。しかしね、このチーズは誰々のところから分けて貰ったのだよ。しかしね、この粒胡椒は注文してから随分とまたされて、やっと手に入ったものなのだよ。私は家長の傍に座らされて、そんな話を聞かされるのだ。でもね、一番美味しいのは、やはり、僕が作った生ハムだろう? 大抵話はそこに辿り着き、うん、全くそうだねと頷くと、話がうまく纏まるという具合だった。幾度そんなFerragostoを過ごしただろう。多分10回くらい。10年もの間、8月15日をあの山の家族と過ごしたというのか。本当の家族でもないのに、そんな風に扱ってくれた彼らに感謝の気持ちを今日という日に贈りたい。今は転々ばらばらになったあの家族と会うことはない。あの山の150年以上経つあの古い大きな石造りの建物も、広い庭も、納屋も、そして周囲一帯をぐるりと囲む栗林も、そのうち娘息子たちによって売られてしまうのだろう。山の生活なんて不便で嫌だと言ってひとり残らずボローニャの街中に移り住んでしまったから。6人も居る娘息子、誰一人として山に暮らそうとは思わなかったのだから。

今夜は満月だそうだ。天気が良いから美しい月を望むことが出来るだろう。この美しい月を、日本に居る母や姉も見るだろうか。台風が近づいているそうだけど。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR