通り抜ける一筋の風

DSC_0359 small


満月に近い美しい月を眺めていたら、黒い雲が覆いかぶさり、みるみる間に天候が急降下した。昨夜のことだ。少し前まで熱風が吹いていたのが嘘のように涼しい空気が窓から流れ込み、そして空が光った。向こうの空がまるで映画のシーンのように光るその様が怖かったのだろう。猫は抽斗箪笥の下に逃げ込んで出てこなくなった。怖がりの猫さん、出ておいで。5年前の秋、私と相棒が生まれて2,3か月の猫を引き取った。明るい緑色の瞳の猫。うちに来たはいいが怖がって、猫は家具の下に潜りこんで出てこなかった。3日間、猫は姿を見せなかった。食事に手も付けずに。何処かから私達の様子を窺っているのだろうと思った。良い人間だろうか。意地悪はしないだろうか、と。4日目の早朝、猫の声がした。猫はソファの下に潜りこんだはいいがあまりに狭いところに入ったらしく、出てこられなくなって小さく鳴いていた。此処だ、此処に居る。眠っていた相棒を揺り起こし、ふたりでソファを持ち上げたら猫が小さく丸まっていた。さあ、其処からおどきなさいよ。猫を囃したてると光のような速さで何処かの物陰に隠れて、再び姿が見えなくなった。ああ、また姿を消したと私は落胆したが、仕事に出掛ける前に相棒が小さな声で私を呼んだ。来てごらん。行ってみると小さな小さな猫が、決心したのだろう、家具の上にこわごわと座ってこちらを向いていた。脅かさないようにと、私達は手を振って、猫を残して仕事へ行ったあの日のことが脳裏に蘇る。涙が零れそうなほど嬉しかったあの日のこと。

昨夜はあれから雨が降り、一気に涼しくなった。8月とは思えぬような涼しさで、そう言えばリスボンもこんな感じだったと思いだした。あれは土曜日のこと。旧市街を歩いていた。そもそも通行人の少ない通りだったが、時折向こうから人が来ては、ぷいっと右手に続く道に消えていった。道は更に道幅の狭く、何故皆が皆、その道に吸い込まれて行くのだろうと不思議に思い、試しに私も行ってみることにした。右手に曲がってみると小さな店があり、成程、此の店かと思いながら私も中に入ってみた。俗に言う、地元のものを売る店で、例えば綺麗な紙に包まれた石鹸とか、お茶とか、小物、布袋といった、女性が好きそうな店だった。外の涼しさが嘘のように店内は暑く、だから数か所に扇風機が設置させていて、その前で足を止める客がほとんどだった。私は一通り見て回って、出口近くに本のコーナーがあるのを見つけた。ポルトガル関係の本が置いてあった。写真集あり、絵本あり。その中にイラスト集があった。薄っぺらい小型の本で、鉛筆画に水彩絵の具で彩どった絵が魅力的で、暫く見入った後、それを自分の土産に購入することにした。こういう絵を描ける人はいい。旅先で足をちょっと止めて、サササと鉛筆画描ける人。そういえば昔は私もそんな類の人だったのだなあと思いだすと、酷く残念に思えた。今は鉛筆を持っても手が動かない。だから本を眺めて堪能するしかない。店を出てその先に行くとカフェがあり、そしてその先の本屋の前辺りに古本屋市がたっていた。本当に古い古い書物やプリントもあれば、60年70年代といったわりと近年のものもあった。近年、とはいえ若い人達にしてみれば十分古いものなのかもしれないと気がついて、ひとり苦笑した。手に取ってみたいのを我慢したのは、良いものを見つけないためだ。万が一、興味深いものを見つけたら、手に入れたくなるだろう。そうすると私の荷物はまた増えて、大変なことになること間違えなしなのだ。それでなくとも既にポルトガル各地の塩を3袋、つまり3キロも購入して困ったことになっているのだから。よく見れば先ほど此の道に吸い込まれて行った人達は皆ここが目的だったらしく、本を手に取っていたり、早くも店主に値段の交渉をしていたり。こうした店主との会話がまた楽しいのだ。今回この楽しみには参加できないことを残念に思いながら、私は古本屋市を後にして、その先のカフェを目指した。細い道を通り抜ける涼しい一筋の風。強い日差しを逃れるような日陰。素敵な場所だった。

今日は相棒の為にリスボンから持ち帰ったワインの栓を抜いた。相棒が白ワイン、白ワインと昨日から騒いでいるからだ。奮発して購入したので期待はしていたが、此れほどとは思わなかった。アレンテージョのワインはやっぱり赤でなくちゃ、なんて誰が言った。この白もなかなかのもので、おかげで留守番していた相棒の機嫌は上々。うちの中にポルトガルの風が吹き抜けた。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

ムーンリバー

yspringmindさん、こんにちわ、


おかえりなさい、リスボン、満喫されたご様子(^_-)

リスボンは治安も良さそうですね!

写真のたくさん売られてる絵画・・見てみたいな、数枚ほしいくらい・・

何か買われましたか?



うちの中にポルトガルの風が吹き抜けた・・・素敵な表現ですね。

読んでる私のほうにもポルトガルの風が吹き抜けたようでした。



次回の旅の予定は、、?(*^^*)





こちらは大型台風10号がようやく去っていきました・・・・
  • URL
  • 2019/08/15 10:03

yspringmind

ムーンリバーさん、こんにちは。この夏はリスボンに行けて大満足です。リスボンの治安が良いかどうかは分かりません。ひとり旅なので夜遅くはで歩かなかったし、それに直感的に良くない場所には足を踏み込みませんでしたから。ただ、人は親切ですね。とても優しい。
此の古本屋市のみならず街の本屋に幾度となく足を運びましたが、小さなイラストの本を一つ買っただけです。本は重くてかさばるので、旅先ではなるべく眺めるだけにしているんですよ。
次の旅がもうすぐ始まりますよ。元気なうちにどんどん旅をしようと、リスボンを歩きながら思いました。
  • URL
  • 2019/08/15 18:11

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR