幸せさん

DSC_0094 small


昨日の寒さは何だったのか。夕方の帰り道は冬のような寒さで、冷たい風で体を冷やしたらしく夜に熱を出した。この季節に風邪など引いてなるものかと黙々と眠り、薬も効いたのだろう、今朝は元気に目を覚ますことが出来て感謝だった。今朝は空が美しかった。朝の空が美しいと思えることが嬉しかった。

最近週の真ん中に祝日があって調子が狂うと言うよりも、身体が、脳が、2日ごとに休むことに慣れ始めているようで怖い。飛び石連休を終えて平常に戻る来週はさぞかししんどいことだろう。家の近所で店に立ち寄った。手作り石鹸を売る店で、ケミカルフリーの様々な製品も置いている。今日は店に店主は居なくて、その代わりに店主の妻が店番をしていた。店のど真ん中に大きな犬が寝そべっていて、彼女が居にに声を掛けねばならかった。ほら、シニョーラが通れないでしょう? そう言うと犬はまるで言葉が分かったかのようにムクリと起き上がり、尾っぽを左右上下に忙しく振りながら店の奥の角っこに移動した。言葉がよく分かるのねえ、と感心する私に彼女はうんうんと頷いて、でもこっちの方がもっと話が通じると言って彼女は自分の足元を指さすと、お、自分の方に話の鉾が向いたな、と言わんばかりにそれまで蹲っていた濃い茶色の犬が立ち上がった。その犬に気が付かなかったのは、床の色とよく似ていたからだった。それにもう一匹とは比較にならぬほど小さくて、痩せていた。まだ幼いのかもしれないし、そういう種類なのかもしれないが、それにしてもビクビクして弱そうな犬だった。彼はね、保護されていた犬でね、と彼女は話し始めた。随分と嫌な目に合ったらしく、時々どうしようもなく弱気になっておどおどしたり震えたりするのだそうだ。犬を保護しているところに彼女と夫が足を運んだ時には、犬は夫婦を見ることもできなかった。人間に背を向けて震えていた犬。随分辛かったね、と夫婦はその犬を自分の家に連れてきたと言う。家に連れてきても犬は家の隅っこで夫婦に背を向けていた。何日も何日も夫婦は遠くから見守って、自分から近づいてくるのを待ったのだそうだ。そうして遂に夫婦が悪い人達ではないと分かると、心を開いたのだろう、犬はのろのろと歩み寄り、少しづつ、少しづつ、夫婦と共に生活を楽しむようになったそうだ。彼女が犬に向かって言う。大丈夫、シニョーラはいい人なんだから。ほら、顔をあげてみてごらんなさい。すると犬は上目遣いで私の方を向いて鼻をくんくんさせると、ふーん、と言うような顔をして私の膝に頭を擦りつけた。まるで猫みたいだ、と言う私に、彼女が笑う。そうなの、猫と仲良しだから、猫も一緒に暮らしているからと彼女が言うので、彼女の家には猫も居ることが分かった。動物好きの優しい夫婦。あんた、幸せねえ。こんなに優しい家族がいて。そう言って私が犬の頭を撫でると、奥に居た大きな犬がのそりとやってきて頭を突きだした。自分の頭も撫でてくれとでも言うように。彼女と私は顔を見合わせて、ふたりで代わる代わる頭を撫でると二匹の犬は満足したらしく店の真ん中に横たわった。犬の居る店。優しい人達が営む店。此の店の手作り石鹸がとても良い理由が分かったような気がした。家に帰ってきたら犬の匂いのする私をうちの猫が酷く嫌がり、尾っぽを太く含まらせてぷんぷん怒った。彼女もまた保護された猫。生まれてすぐに置き去りにされた猫。箱の中に入るのも、雨に濡れるのも、車の音を聞くのも嫌いなのは、置き去りにされた時の悪い思い出のせい。でも、彼女もまた幸せな猫だ。私と相棒という家族を得て、幸せに暮らす猫。幸せさんだ。もう悲しい思いは、怖い思いは一生させまい。

今日で4月は終わり。日本はひとつの時代が終わった。明日からは新しい時代。希望のある穏やかな時代になればいい。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR