11月最後の日

DSCF0853 small


今日は朝から晩まで寒かった。零度で始まった朝、草むらに霜が降りて白かった。ああ、霜が降りているねと言ったのは相棒で、もう冬なんだねと言ったのは私だった。

白くなった草むらを眺めながら4年前の今日を思いだしていた。猫がうちに来た日だ。ボローニャ郊外の猫の保護グループまで足を運び、猫を譲ってほしいとお願いしに行ったのは11月下旬に入ったばかりの頃だ。気に入った子猫を見つけたが、一週間待たねばならなかったのは猫の方も色々準備必要だからだと言われたからで、そして引き取る人間側の審査もあるからだった。責任を持って猫を養えるのかどうか。車の往来の激しい場所に住んではいないかどうか。予想もしていなかった沢山の質問をされて、ひょっとしたら猫を受け入れる資格なしと判断されるのではないだろうかと心配になったほどだ。一週間待たされ、再び足を運んだ4年前の今日もやはり寒い日で、太陽が一度たりとも顔を出さぬ、実に霧の濃い日だった。行ってみたらお願いしておいたのとは違う子猫が私と相棒を待っていた。多少なりとも戸惑いを感じて、思い切って言葉にしてみた。お願いしていた猫はもう一匹の方なのだけど。でも、言って直ぐに気が変わった。こうして私達のところに来るために準備されていた子猫が私達の猫。運命みたいなものを感じて間違えたことを詫びて詫びて詫びまくるグループのリーダーに、大丈夫、きっとこの猫がうちに来る運命だった、と言って車に乗せて帰って来た。怯える子猫に私達は声を掛けた。大丈夫。私達はきっと仲良しになれる筈。そんなことを猫は覚えてなどいないだろう。

猫がうちで暮らすようになり、ちぐはぐに見えた何かが、少しづつ整頓されたような感じがする。合わなかった歯車が、いつの間にかうまく回るようになった、そんな感じかもしれない。それとも穴ぼこだらけのパズルが、少しづつ埋まっていくような。私達は産まれ手間もなく外に置き去りにされた可哀そうな猫を守ろう、幸せにしようと思って家に連れてきたけれど、勘違いもいいところだ。猫が、猫が幸せを連れてきた。其れに今頃気づいた。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

moonriver

yspringmindさん!いいお話ですね~♪ 福の神ですよ猫ちゃん!!



 私も猫好きですが今は環境的に買うことができないけれど。

 猫は幸福を呼ぶと言われていますよ~(≧▽≦)招き猫という言葉もあるしね!

 
  • URL
  • 2018/12/05 10:50

yspringmind

moonriverさん、こんにちは。うちに来た猫が喜びと幸せと元気を連れてきました。外から帰ってくると足元から片時も離れない猫。そんな猫に、時々声を掛けるんです。ありがとうね、って。
  • URL
  • 2018/12/07 20:07

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR