いつもの生活が始まった

DSC_0013 small


8月が終わる。とても早かったように感じるのは何故だろう。そして暑かった夏があっけなく去ろうとしていることに驚いている。こんな夏は初めてだ。暑いのは苦手だから有難いと思いながら、夏に置き去りにされたような気分で少し淋しいと感じる。随分と勝手なものである。よく考えれば、涼しい季節に向かうのを嬉しいと思いながらも後ろ髪を引かれるように感じるのはいつものことだ。何か忘れ物をしているような気がしてならない、そんな感じ。小説家ならばもう少し上手い表現をするに違いない。

夏が終わる前に、と久し振りに旧市街のジェラート屋さんに向かった。仕事を終えて旧市街に入ってすぐにある小さな店だ。この店はいい。店の人もジェラートも、それから涼しい季節にしか置かない自家製チョコレートも素晴らしい。久し振りということもあり、スキップしたくなる程わくわくしながら店に行くと、なんと店は閉まっていた。夏季休暇だろうか。電気の消えた店の中を、ポルティコの下から目を凝らして覗き込む。滅多に店を閉めないこの店が閉まっているとショックを受け、そんな不運に遭遇した自分を酷く不運に思い、ああああー、と声あげたところ、いつの間にか横に立って同じように暗い店内を覗き込んでいた男性が驚いてこちらを向いた。自分の家に居るでもあるまいし、と私は多少ながら恥じ入り、男性にお道化た表情を見せながら、残念ねえ、閉まっているなんてねえ、と行った。すると男性の背後に居た、連れと思われるもうひとりの男性が、8月なんてそんなもんさ、みんな平等に休暇を楽しむ権利がある、と言った。確かに皆に平等に休暇を取る権利がある。ただ、ジェラート屋さんは夏場が勝負だから、8月には休暇を取らないと勝手に思い込んでいたのだ。私と横の男性は両肩を上げながら、だってねえ、と表情の顔を見合わせた。ところで背後に居た男性の足元には小さな犬がいた。子犬ではない。小型犬なのだ。犬はもう年を取っているらしく、毛並みに艶はなく、足踏みするその足元は弱々しく、くるりと上に向いた尻尾は震えていた。優しそうな表情で、優しい近所のじいちゃん、と言った印象だった。それを背後に立っていた男性に言うと、明るい声を上げてひとしきり笑い、そして愛おしそうに犬を眺めながら大切な犬なんだよ、宝物なんだ、と言った。宝物と言って貰った犬。幸せ者だと思った。ポルティコの下を歩き始めた二人の男性と弱々しく彼らの後について行く犬。彼らは時々後ろを振り向いて、犬がちゃんとついてきているかどうか確認しながら名前を呼び、その度に犬は小走りで彼らのもと向かった。この二人の男性の素敵なことと言ったらなかった。上背のあるスレンダーな肢体。シンプルでナチュラルな装いが良く似合う、土台の良いふたりだった。髭を無造作に生やしていたが、恐らく巧みに計算して無造作に見せたに違いなかった。最近こんな素敵な雰囲気の男性をボローニャで見かけるようになった。私がボローニャに暮らし始めた頃にはいなかったタイプの人々。こういう人達を見かけるたびに、時代が変わったのを実感するのだ。それにしても、ジェラート、食べたかったなあ。

いつもの生活に戻り、仕事も始まった。嫌だと思うことはないが、時差ぼけが治らない。身体の奥深い場所に日本の時計が埋め込まれているかのようである。もう5日も経つと言うのに。日本から戻ってきて時差ぼけがこれほど長く治らないのは初めてのことで、少々困っているのである。ようやくやって来た週末。この週末を利用して、イタリア時間に身体を戻そうと思っている。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR