リセットしよう

DSC_0036 small


旅の後の片付けは簡単には終わらない。留守にしていた家の中は相棒と猫が二週間丸々思い存分楽しんだらしく、こちらの整理整頓と掃除も簡単には終わらない。しかし山ほどあった選択の大半は終わったし、積み上げられたアイロン掛けも完了。こんな風にして少しづつ片付いて行くのだ。大丈夫。のんびり行こう。気長に構えると言うことを、私はいつの間にか学んだらしい。以前に比べれば、こうした中途半端な状態にストレスを感じることはあまりない。

日本から戻ってくると何時も少し妙な感覚に陥る。私が歩んできた道は正しかったのかどうか、と。具体的に言えば、私が日本を、家族のもとを飛び出したことを、あれでよかったのだろうか、と日本から戻ってくると必ず考えてしまうのだ。後悔とは違う。私は今までしてきたことを、たとえそれがいいことであれ悪いことであれ、後悔はあまりしない性質だから。ただ、私が飛びだしてしまったことを父や母は悲しまなかったかどうかとか。鉄砲玉のような妹を姉はがっかりしなかっだろうかとか。後戻りできないことを色々考えるのは、私が帰省するたびに家族が共に過ごす時間を喜んでくれるからだ。これでよかったのだろうか。自分のことばかり考えていた若かった自分のことを振り返って、ほんの少し胸を痛めるのだ。
日本を飛び出してから色んなことがあった。アメリカでは、いいことも悪いことも含めて、すべてが薔薇色に見えた時代。その後相棒とボローニャに来ると薔薇色だったアメリカの生活が黄金に見えるほど、私にとって辛い辛い時期が続いた。ようやくボローニャのリズムを掴んだのは随分と経ってからのことで、これでやっと安心できる、と心底嬉しかったのを覚えている。それからは、多くのことを望むことなく、平坦でシンプルな生活を続けることだけを考えてきたけれど、急にリセットしたくなった。自分自身のリセット。慣れたことを続けるのは簡単で心地よい。だから敢えてしてみようと思う。私のリセットはチャレンジに繋がる。重い腰がさらに重くなって、手遅れにならぬうちに、リセットしよう。

明日の朝が心配だ。早起き出来るだろうかと。手早く身支度できるだろうかと。休暇明けは、いつだってそんな心配が付きまとう。ああ、明日からいつもの生活が始まる。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR