絵葉書が届いた

DSC_0027 small


週末に控えた帰省。準備は全くしていない。休暇が近づくと友人知人が毎日のように私に訊く。もう準備はしたの? 訊けば彼女たちは休暇のための荷造りを出発の10日も前からするらしい。ありえない。私はそんなに早くに準備をしない。いつも出発前夜に30分ほどで荷物を纏める。着替えと身の回りの必要品さえあればいい。行った先で困ったら、買い足せばいいだけだ。いや、昔は、初めてアメリカへ行った頃は、わくわくしながら準備をしたものだったけれど、あれもこれも必要に思えて大きな荷物になった挙句、全く使わないものも沢山あって、以来、あれもこれも必要ないだろうと削っていったら、前日に手早く纏める荷物だけで充分になったのだ。それに少しくらい不自由するのもよいのだ。何時も満たされていることに慣れ過ぎた自分が、当たり前のように使っているものが実は有難い存在だったことに気付く、唯一の機会でもあるから。でも、最小限のことはしている。例えばパスポートの期限が切れていないかとか、例えば飛行機の予約日を勘違いしていないかとか。

夕方、家の前で隣の建物のシニョーラに声を掛けられた。珍しいことだ。絵葉書がうちに届いたのだけど、あなた宛てだったのよ、とのことだった。郵便屋さんが間違えたのだろう。差し出された絵葉書には古いカフェの写真。あ、此処は見たことがある、此処に行ったことがあると思った。光熱費の請求書や市の保健所からの通達くらいしか届かなくなった近年は、こうした絵葉書を受け取ると幻なのではないかと一瞬目を疑う。絵葉書を裏返してみたら分かった、ヴィエンナからの便りだった。昨夏ヴィエンナで知り合った女性からの便り。こんな風に便りを書く楽しみを持つ女性と知り合えたことを、今更ながら幸運だと思った。黄ばんだ色合いのカラー写真なので古い写真かと思ったけれど、どうもそうではないらしい。古いカフェに集う客たちの装いから察するに、1990年代頃のものではないだろうか。昨夏、彼女と私が知り合って、誘われて入った由緒あるカフェ。昔のオーストリアの色合いの濃い、美しいカフェだった。こうしたオーストリアのカフェ文化は、隣国にも浸透し、ブダペストにもこうした美しいカフェが存在して、私を大そう魅了したものだけど。こうした古い美しさが好きだから、私は彼女と知り合ったのかもしれない、と今は思う。全く異なった人生を送る彼女と私。小さな接点があるのだとしたら、多分こんな部分なのだろう。人間のつながりとは面白いものだ。すべてを共感する必要はない。人間は異なった考えを持っているからこそ、面白いのだから。でも、小さな小さな共通点がまるで磁石のように吸い寄せられることがある。それが接点。私はそういうものを大切にしたいと思っている。遠くに居る女友達。そんな風に呼んだら、彼女は驚くだろうか。私にないエネルギーを持つ、魅力的なひと。

何処かで雨が降ったに違いない。南の方から吹いてくる風がヒンヤリと気持ちがいい。今夜はすみやかに眠りにつけそうな予感。必要だったなあ、こんな気持ちの良い風。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2018/08/11 21:17

yspringmind

鍵コメさん、こんにちは。絵葉書が隣に配達された理由、それはですね、4つの建物が同じ番地だからなのです。4つの建物とも敷地が分かれていて姿かたちも違うのに同じ番地。日本の苗字は私だけなんですから間違うはずがないのに、郵便屋さん、うっかりしたようですね。日本の美味しい、と満喫しようと思ってます。
  • URL
  • 2018/08/12 16:01

キャットラヴァー

今の世の中、随分と便利になり、コンピューターや携帯があれば、全て、コミュニケーションとれるようになりました。昔は、友人達から、短い文章の絵葉書とそれに貼られた切手が手元に届くことが楽しみでした。今は、全てメールです(笑)
ウイーンからの絵葉書なんて、ノスタルジックで素敵ですね。
どんな切手で、どんな絵葉書だったのかしら?って、想像してしまいました。

  • URL
  • 2018/08/14 22:16
  • Edit

yspringmind

キャットラヴァーさん、こんにちは。今ではメールでやり取りをするのに慣れてしまった私ですが、しかしこうして便りが届くと心が躍りますね。手書きの文字にこめられた想い。何度読み返しても飽きません。こういう女友達を持てたことを、幸運に思います。
  • URL
  • 2018/08/17 15:37

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR