白いショートパンツ。すらりと伸びた長い脚。

DSC_0033 small


金曜日の夕方、クリーニング屋に立ち寄った。クリーニング屋の夫婦は次の土曜日の午後から休暇に入るそうだ。待ち望んでいた夏季休暇。もう1週間、もう1週間と呪文のように唱えながら頑張るらしい。私の場合は休暇まであと2週間。成程、それならば私もと、もう2週間、もう2週間と声に出して言ってみたけれど、どうもぴたりと来ない。駄目ねえ、と笑う私にクリーニング屋の夫婦も笑う。あと1週間待ってから唱えた方がいいのではないかと言いながら。

クリーニング屋から引き取った衣服を抱えて家に向かって歩いていると、向こうから隣人が歩いてきた。色よく焼けた肌にテロンとした素材の涼しそうな開襟シャツと白いショートパンツ、素足にモカシンシューズといった装いで。横幅があるが背が高くて、脚がすらりと細いから、こうした装いがとても似合う。確か今年で53歳になるけれど、こんな恰好で歩く彼をかっこいいと思った。万年青年。そんな言葉がぴたりとくると思った。そんなことを思っていたら思いだしたことがある。クロアチアのことだ。クロアチアに行ったのは2005年の夏だった。そうと決めたのはその年の5月頃で、アパートメントを探すには遅すぎる時期だった。毎日夕方仕事から帰ってくるとネットで見つけたアパートメントに電話をして、ようやく見つかるともう7月も半ばになっていた。相棒の友人の恋人がクロアチア人。そういうことから始まった、クロアチアでの休暇話だった。夜中のうちに出発してクロアチアへと車を走らせた。目的地のポーラに着いたのは朝の10時ごろで、思いのほか時間が掛ったのは夜中なのに交通渋滞があったからだった。初めてのクロアチア。昔イタリア領だったと言われるその辺りはイタリア語が通じるから、折角イタリアから脱出したのに、外国へ来た気がしなかった。此処での滞在は1週間。その後車を北に走らせてブダペストで10日ほど過ごす予定だった。その年は8月なのに涼しくて、幾度も激しい雨にあった。だから海にはあまり入らず、浜辺に腰を下ろして透明な海を眺めながらお喋りをしたり散歩をしたり、それから旧市街のさ迷い歩いたりした。私はあまりに知識がないままクロアチアに来てしまったことを後悔した。遺跡に遭遇するたびに、どんな話が背後にあるのだろうと想像した。そして昔アメリカで一緒に暮らしていたブリジットが話していたユーゴスラヴィアの美しい海のことを思いだした。彼女はユーゴスラヴィアの海が好きだが、もう行くことはないだろうと言っていた。それは紛争のことを指しているのだろうと安易に理解できて、まだその美しい海を見たことの無かった私も残念に思ったものである。その私がクロアチアの海の街に来た。旧ユーゴスラヴィアの海の街だ。もっとも彼女が話していたのは私が訪れたイストリア半島ではなくてもっと南の方、モンテネグロに近い辺りのことを言っていたのだけど。でも、あの時あまりにユーゴスラヴィアについて無知だった私が今此処に居て海を眺めていると知ったらば、彼女は何と言うだろう。その彼女はあの話をしたすぐ後に他界したから、ユーゴスラヴィアの海にもう行くことはないだろうと言ったのは、彼女が自分の病を知っていたからなのかもしれない。澄んだ海が波を作って唸るたびに、私の記憶が行ったり来たりした。日に焼けたブリジット。白いショートパンツから伸びたすらり長い脚が美しくて、誰もが彼女に憧れていた。

クロアチアの海にはそれ以来行っていない。もう13年も前のことになった。隣人に道端で会ってブリジットを思いだしてクロアチアの海を思いだしたら、急に行きたくなった。秋になったら、海のシーズンが終わって静かになったら、ちょっと車を飛ばして行ってみようか。彼女が愛した南の海まではいけないだろうけれど。あの澄んだ海を眺めに。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

キャットラヴァー

お久しぶりです。
後2週間で、休暇に入るのですか。私は、主人が南半球から国際会議を終わらせて戻ってきたので、事実上、私の2週間の休暇は終了しました(笑)この2週間、食事の準備もせず、好きな時に寝て、食べて、ピアノとチェロの練習をして、たくさん本を読んで、映画を見て、猫達と自由に過ごしていました。自由って、やっぱり素敵。でも、やっぱり規律は必要です(笑)

ユーゴスラヴィアは、もう無くなってしまいました。私は、世界地図を日本から持ってきたときは、まだ世界地図が、変わっていなかった頃。自分が、地理の時間に学んだ頃は、ユーゴスラヴィアやソ連が存在していた時代。昔、私が学んでいたあの国では、東欧州への旅行も簡単ではなかった頃。チェコグラスが、大変美しいと聞いていて(ヴェネチアのガラスよりも、興味がありました)是非、見学してみたいものだって思っていたけど、ヴィザをとるのに難しい時代でした。
ブログを読んで、懐かしくなり、思い出してしまいました。クロアチアは、海が大変美しい場所だとイタリア人の友人から聞きました。

私達は、9月初旬に南カリフォルニアへ行きます。開襟シャツはきっと、きている人間はカリフォルニアにはいないだろうって思いますが、白いショートパンツに、モカシンの靴を履いた紳士たちは、たくさん存在するって期待しています。きっとトップはポロシャツかTシャツでしょうねえ(笑)イタリア男とは、ここが違いそうです。
  • URL
  • 2018/07/29 19:57
  • Edit

yspringmind

キャットラヴァーさん、こんにちは。毎日が飛びように過ぎていくので、もう休暇まで残り一週間となりましたよ。恐らく残りの一週間もそんな風に過ぎてゆくのでしょうね。
ユーゴスラヴィアと言う国の名を日本に居る頃にも幾度となく聞いていたのに、遠い地球の裏側のことで、内戦も紛争も、今ひとつ現実味がなく、自分には縁のないこと、と思っていた節がありました。ヨーロッパに暮らすことだって考えたことがなかった頃のことです。ブリジットの部屋には壁一面に大きな世界地図が貼ってあって、1980年代初期に作成されたその地図には、ユーゴスラヴィアが存在していましたっけ。
あの時代は東欧に行くことは本当にこんなんでしたね。私が大好きなハンガリーが今のように自由になったのも、ここ15年、20年ほどのことですから。

9月初旬に南カリフォルニア! いいですねえ。確かに南カリフォルニアには開襟シャツの男性はあまりいそうにませんね。うふふ。
  • URL
  • 2018/08/03 22:58

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR