寄り道

DSC_0040 small


7月も下旬になると、ひとり、ふたりと休暇に入っていく。職場の人数も徐々に減っていく。水曜日から休暇を迎える同僚の嬉しそうな様子を眺めながら、自分の休暇はまだまだ先だと溜息をついたのは一昨日のことだ。しかし誰かが嬉しいのは、たとえ自分のことでなくとも嬉しいものだから、まあいいさ、そのうち自分の休暇もやって来る、と我を慰める。そうだ。そんな風にしていれば、楽しい休暇がやって来る。

最近仕事帰りに寄り道をしていない。寄り道が嫌いになった筈もなく、ただ単に、疲れて寄り道どころではないからだ。最近になって寄り道は元気でないと出来ないものなのだと気付いた。そして今まで当たり前のようにしていた仕事帰りの寄り道を愛おしく思った。最後の寄り道はいつだったろう。街で繰り広げられている夏のサルディを覘いてみたくて、久しぶりに店に立ち寄ったあの日だっただろうか。旧市街の賑やかな通りに面している、ポルティコの下の小さな店。この店には冬にしか入ったことがない。店はカシミアやシルクのニット類を置く店だからだ。夏場は何を置いているかなんて考えたこともない。私にとってこの店は冬に立ち寄る店なのだから。ところが店の前を歩いていたら、店を改装するためのセールと書かれていて、コットンのパンツやジャケット、そしてシルクのシャツなどがショーウィンドウに並んでいた。あまり流行りを追わず、シンプルでスタンダードなものを置くこの店は、私には実に都合がいい。ガラス越しに店の女性と目が合ったので、ちょっとお喋りをしに重い扉を押して中に入った。1月以来だから、半年ぶりである。訊けばこの小さな店のスペースを少しでも広々とした感じにするための改装工事を8月にひと月かけて行い、9月には新しいイメージで新装開店、そのための売り尽くしなのだと店の人が言った。店には先客がいて、なかなか賑やかだった。テーブルの上に置かれているジャケットは綿麻ニットの男物。男物にしては洒落ていた。実に私好みだった。どうやら先客が既に購入を決めているらしく、店の人が丁寧に畳んで包む準備をしているところだった。実に素晴らしい印象のジャケットで、店の趣味の良さは勿論だけど、これを選んだ先客の趣味の良さにも感心した。その先客だが、恐らく店の常連客で店主と楽しそうに談話していた。歳の頃は既に60歳を超えているのか、髪は明るいグレーだった。陽気で穏やかな男性と言った感じだ。休暇中なのか、それとも毎日が休暇なのか、こんな話を店主に聞かせていた。トスカーナにある休暇用の家で数日過ごしてボローニャに帰ってくる時、高速道路を途中で降りた。フィレンツェ近郊のアウトレットがあるところらしい。兎に角そこには評判の良いレストランがあって、ボローニャに戻る前に其処で昼食を済まそうと言うことになった。ちょっとお腹の中にぽかりと開いている小さな空洞を埋めるべく立ち寄っただけなのに、まあ、何と美味しいこと。僕らは、というところをみると彼は友人達か家族が一緒だったのだろう。僕らはもう留まることを忘れて夢中になって食事をしたんだよ、と彼は言った。それほど美味しくて、それはもう美味しくて、と言うことらしかった。しかしその後に乗った体重計は実に正直者で、僕は体重計の上に涙を零さねばならなかった、と彼が話を閉じたので店に居た皆が遠慮も忘れて大笑いした。このお腹だよ、駄目だねえ、お腹が出ている男なんて格好が悪いじゃないか、と彼が言ったのを聞きながらちょっと感動した。幾つになっても自分の体形を一番いい状態で保とうとしている彼は素敵だ。こうしたことは男性も女性も関係ない。美しさのために努力をする人は素敵なのだ。そうして彼は包んで貰ったジャケットを受け取りながら、ねえ、君たち9月には店を開けるんだろう? 9月に会う時には僕はもう少し素敵になっている筈だから、と言って粋な印象のウィンクを投げて店を出ていった。格好いいわねえ、と思わず私の口から言葉が零れた。すると店主と店の人が笑って、若い頃も格好よかったが歳を重ねてますます格好良くなった、と言った。歳を重ねて格好良くなるなんて。良い休暇をと挨拶を交わして店を後にした。私も、歳を重ねてますます素敵になれればいいのに。そんなことを思いながら。

帰りがけにいつものい店で桃を買った。良い匂いのする桃を5つ。店主が不在で、彼の妻が丁寧に確認しながら良いのを選んでくれた。夕食後に食してみたら、まあ美味しいこと。明日の帰りに店に立ち寄って、店主に彼女の桃選びの素晴らしさを褒めなくては。そしてついでに、週末のための美味しい桃を確保するとしよう。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

moonriver

こんにちわ

桃、冷たく冷やして食べるのがすきです。おししいですよね。
白桃と黄桃どちらがすきですか?
桃は傷みやすいですよね、

私の記憶で、たしかイタリアの桃っていびつな形?!というか、
 pesche schiacciate?なんて名前だったのを見たような、、(笑)

ちなみに果物は梨とバナナがすきです~(#^^#)




「歳を重ねてますます素敵になれればいいのに。そんなことを思いながら」
 ほんとね、同感ですよ。いい歳のとりかたしたいですよね。
 わたしは年齢はただの数字、と思うようにしています「(笑)」アハハ

 いい歳のとりかたって年齢とともに、精神的にも成長している人とか、
年齢相応の美しさがある人かなぁ~。変に若作りしてる人見ると、逆に老けてみえたりしますよね(笑)イタイというか・・・ハハ




写真、いいですね!♪ 
  • URL
  • 2018/07/27 10:01

yspringmind

moonriverさん、こんにちは。冷やした桃、子供の頃からの好物です。白桃でも黄桃でも構いません、程よく熟れて甘い桃ならば。平たい桃もありますが、私はあまり好きではないのですよ。果肉が少なすぎる。まあ、そんな理由です。
私は一頃年齢におことを強く意識して落ち込んだりもしたのですが、今は吹っ切れました。幾つになっても自分らしくいればいいし、それから人生を謳歌すればいい。それから綺麗でありたいと思って努力するのも楽しいことだし、と。ただ、体力の低下だけはどうしようもないのですよ。このまま急降下したら、ちょっとまずいことになりそう、と言うくらいです。まあ、暑いせいもあると思うけれど。
  • URL
  • 2018/07/28 19:10

moonriver

私も体力の低下・・痛感していますよ。

疲れやすくないですか?わたしは疲れやすいですね。

以前までは徹夜しても平気だったのに。

疲れをなかなか解消できず、いつまでもズルズル引きずってしまう。

疲れやすい原因は、体力の低下も1つですが、

それ以外にもストレスとか自律神経の乱れとか・・・いろいろとありますよね、



記憶力も、低下、、?!、ド忘れもしますよ(^^) 今、しようと思ったことが急にわからなくなるとか、ね。アレ???って。

軽いショックをうけます。
  • URL
  • 2018/07/30 03:44

yspringmind

moonriverさん、こんにちは。体力は低下する一方ですよ。暑さに弱いのです。昔は夏が大好きだったのにねえ。
年齢と共に身体の変化が起きるのはごく自然なのことですから、流れに乗って、自分を楽な状況に置くようにしています。ストレスはあると思いますが、でも、多分私は周囲の人に比べらたら、随分と好きなことを自由にしている人間なのではないかと思うので、もしかしたら私のストレスは実は世間一般から見たらストレスのスの字でもないのかも…と思うことがあります。体力は確かに低下しているけれども、です。
  • URL
  • 2018/08/03 23:09

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR