独り言

DSC_0038 small


暑い一日。30度に上がる予報が出てはいたから覚悟はできていたけれど、しかし家の中に流れ込む風すら生暖かいと、案外しんどいものである。昔、暑い夏が好きだった。暑ければ暑いほど良かったけれど、今となれば父や母が夏場は外出したがらなかった気持ちがよく分かる。子供だった私は、陽が照り付ける時間を好んで遊びに出たものだけど。帽子を被りなさい。昼寝をしなさい。栄養を取りなさい。母がいつも私の背後から声を掛けた。帽子は嫌いだったし、昼寝も嫌いだった。栄養があるからと出されるものは皆嫌いだったから、私は親泣かせの子供だったに違いない。梅干しなど、酸っぱくてとんでもない話だった。それが今では好物になった。年を取って手間がかかって大変になったからと梅干しづくりを辞めてしまった母が、昨冬、私が風邪を引いた時に母が作った梅干しを湯に入れて飲んだら急激に良くなった、随分と助けられた、と話したところ、再び梅干しづくりをしようと思ったらしい。この夏帰省するときに、それを分けてくれるのかもしれない。親とは何と有難いことか。こんなに大きな大人になってから、そうした有難さに初めて気づく私は、やはり今でも親泣かせなのだろう。

テラスが随分と綺麗になったのは、相棒が精を出してくれたおかげだ。春先にやって来た寒波のせいで根元から腐ってしまったゼラニウム。その穴埋めをするように、幾つもの苗ほどの小さなゼラニウムを買ってきて、鉢に植え替えてくれた。土がいいのか、陽当たりが良いせいか、それともうちの庭師の腕がいいのか、ぐんぐん成長している。このままいけば来月には美しい花が咲くだろう。それからジャスミン。ふたつの大きな鉢のうちのひとつが、やはり寒波にやられて枯れてしまった。もうひとつは元気なもので、蔓をどんどん伸ばして白い小さな花を驚くほど咲かせた。さて、枯れてしまった方はどうしたものかと暫く放置しておいたところ、枯れた根元の脇から新しい芽が。それで枯れたものを鋏ですっかり切りおとして新しい土を足して、水をたっぷりくべたところ、伸びる伸びる、新しい芽がどんどん伸びた。此の生命力に私も相棒も驚き、とても大切なことを教えて貰ったような気分である。そしてバジリコ。毎年春先に苗を購入するのが習わしで、今年も4月早々に近所の店から買ってきた。今の季節はバジリコが大活躍する。バジリコのない夏なんて、と言うくらい。と、思いだした。私がローマから戻ってくるために、相棒が用意してくれたアパートメントは、旧市街から歩いてすぐそこの住宅街だった。家自体は狭いがテラスはとても広々としていて、草木を育てるのが楽しかった。そのうちのひとつがバジリコで、何しろ陽当たり抜群だったから、育つのだ。それで時々ペスト・ジェノヴェーゼを作った。テラスで育ったバジリコでこんなに美味しいペストソースが出来るのかと感激したものだけど、あのアパートメントを出てからは作らなくなってしまった。どうしてだろう。
そしてもうひとつ思いだした。トロントに暮らす友人夫婦に会いに行った夏、もう15年ほど前のことになるけれど、あの夏、私は彼らに美味しいイタリアの家庭料理をご馳走したくて、遠くのイタリア食材店や、近所の食料品市場を渡り歩いた。遠くのイタリア食材店はトラムに乗って出向いた。色んなものがあったけれど、どうしてもバジリコが見つからない。バジリコ、バジリコはないの?とイタリア人らしい店員に訊くと、あるわよ、此れよ、と取り上げて私に見せた。それは私が期待していたようなものではなかったから、これがバジリコなのかと訊き返すと、店の人が残念そうに、そう、これがここのバジリコなの、と言った。確かに匂いがバジリコだったが、ふーん、そうなのかあ、と納得できないままそれを購入した覚えがある。うちのテラスにあるようなバジリコはトロントでは手に入らない。ちょっと残念だった、そんな思い出。目を瞑ってあの時のバジリコを思いだしてみたのだが、長さは40センチほどあって、何に使えばいいのだろうと思うほどの束だった。ばさり、ばさりと誰かの頭の上にバジリコの枝をかざして、お祓いか何かに使えそうなほど。今ならトロントでもイタリアのバジリコが手に入るのだろうか。イタリアの美味しいバジリコが。

週末は駆け足で立ち去ろうとしている。もっとゆっくりしていけばいいのに。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2018/06/14 09:40

yspringmind

鍵コメさん、こんにちは。しんどい時は自分に優しくしましょうね。私はそうしています。悪いことではありませんよ。むしろ、良いことだと思いますから。
イタリアに旅行に来る時には是非声を掛けてくださいね。ガイドなんて大層なことはできませんが、道案内役なら出来るかもしれませんよ。美味しいものでも一緒に食べながらお喋りできるといいですね。私は8月は数週間不在ですので、それだけは是非外してくださいよ。
  • URL
  • 2018/06/16 12:43

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR