仕立て屋さんに立ち寄った

DSC_0039 small


昨夜は満月だったが、夕方から雨が降り始めて止まなかったから、遂に月を見ることが出来なかった。始めは亜熱帯地方に降るような雨だった。スコール。そんな感じの雨。それがいつの間にか夏の初めによくあるような雷を伴う雨になり、夜遅くには静かで心休まる雨になった。窓を開けるとヒンヤリした空気が流れ込んで、火照った肌を癒してくれた。それにしても何と沢山の消防車が走り回ったことか。話によれば局地的に雨が降り洪水になった地域もあるらしく、そのために消防車が往来していたとのことである。雨はなかなか止まなかったけれど、満月はついに見ることが出来なかったけれど、洪水を思えば何とも幸せなことだろう。そして、今日も夕方に雨が降るのかと思えば、どうやらそうでもないらしく、だから一瞬掛けたお月様を今夜は堪能しようと思う。

仕立て屋さんに立ち寄ったのは、丈を詰めるためだ。今年はもう少し短めに着こなしたいパンツがあって、旧市街のいつもの店に持ち込んだという訳だった。相棒などは、そのくらいの丈詰めはしなくたって同じだよ、というけれど、私はそうは思わない。例えばコートの袖の長さがピタリとしていないと、まるで借りてきた他人のコートのように見えるの同様、パンツもまた丈の長さは大切だ。特に夏物は、その一瞬の長さで軽快に見えたり爽やかに見えたり、反対に野暮ったく見えたりもするものだから。店に立ち寄るのは12月以来だった。冬のコートを全体的に上手に直して貰って、それを最後に店が冬の休暇に入った、それ以来である。だから5か月ぶりに顔を見せたら、店の夫婦が喜んでくれた。試着室で持ち込んだパンツを履いて、ほら、丈がね、と説明すると、女主人は頷いて、そうそう、こんな感じの方がいい、と言って小さな針で印をつけた。彼女のセンスは確かだ。彼女と知り合えて本当に良かったと思う。と、あら、お腹が大きい。それとも単に太ったのだろうか。いや、この丸さは、きっと。何か新しい良いことがあったのではないかと訊ねてみたら、やはり身籠っているらしく、長時間ミシンの前に座っているのが辛いのだ、と彼女は言った。12月が臨月らしく、だから2か月くらい店を閉めなければならないだろうと言う。2か月! たった2か月でいいのかと驚く私に、無理かしらねえ、と彼女は言った。彼女をあてにしている人が私を含めて沢山居るから全く嬉しい話だけれど、ちょっと無理なのではないかと言うと、店の存在を忘れられてしまうのではないか、それが心配なのだと不安な笑みを浮かべた。こうした店は、こういう問題があるのだと、こんな時に気付く。大丈夫、大丈夫、みんなあなたのことを待っていること間違いなしだからと勇気づけたが、やはり心配はぬぐわれないようだった。だから、まずは元気な赤ちゃんを産むこと、その後のことは後から考えましょうと話をまとめて店を出た。誰にも心配事がある。でも健康が一番。それ以外のことはなるようになる。元気だったらどんな状況にも立ち向かえる。思い悩むのはよそうよ。それよりもストレスを溜めないで楽しくいこう。相棒と私は、いつの頃からか、そんな風に考えるようになった。

もうじき21時だと言うのに空が明るい。向こうの空に浮かぶ入道雲が薔薇色だ。明日も良い天気になるのだろう。5月の終わりに、実に相応しい。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR