有難くて嬉しいこと

DSC_0025 small


母の日を迎えて、海の向こうに居る母を想う。こんなに大きな大人になった今も、母にとっては私は子供のままであろう。勿論一人前の大人扱いをしてくれはするけれど、心配ばかりかけている、いつも心細くて母の後ろに隠れている女の子の印象が母の脳裏に染みついているに違いない。その証拠に母からの便りには、私が元気にしているのか、無理はしていないか、相棒と仲良くしているか、と、文面の裏側に、大丈夫かなあ、といった気持ちが含まれている。それがこの頃の私には有難くて嬉しい。母がまだ元気な証拠なのだと思っている。

窓の外の菩提樹が花をつけた。目を凝らさないと見えないほどの小さな花。思うに菩提樹は私の元気の象徴みたいなもの。濃い緑の葉をふさふさとつけるその様子を見ていると、私はぐんぐん元気になる。いや、それまでだって元気だったけれど、しかし菩提樹のそのエネルギッシュな様子が、私に新たな力と勇気をもたらせると言うと良いかもしれない。そして枝に茂った葉が風に揺れるその音はさざ波のようで、心癒されてふーっと胸の底から息を吐き出したくなる。暑い季節も菩提樹のさざ波があれば何とかやっていけると気付いたのは一昨年前のことだ。
ローマに暮らしていた頃、プラティ界隈にアパートメントを借りていた。イタリア人4人との共同生活で賑やかで楽しい生活だった。プラティと言う界隈自体も気に入っていたし、アパートメント自体もよかったけれど、ひとつ残念なことがあった。私の部屋は建物の中側に面していて、窓を開けると住人たちの窓に囲まれた空間しか見えなかった。窓を全開すれば他所の家から見えてしまうし、反対に他所の家の中が見えてしまう。この辺りの人達はそうしたことを気にしないようで、皆潔く窓を開け放っていたけれど、私はなかなか慣れることが出来なかった。そもそも私は窓を開けたら樹が存在する、そうした状況を好んでいたから、開ける必要もなかった。それに建物は古くて壁が分厚く、天井がいやに高く、床が大理石だったから、窓を閉めていてもひんやりとして夏場も苦痛ではなかった。窓を開けても樹がないから、時間を見つけては外を歩いた。この辺りには安易に樹が植わっていたから、歩きながら不足していた喜びを補充した。喜びを補充しながら街を歩くと表情が自然と明るくなって、すれ違う見知らぬ住人たちに声を掛けられたものだ。やあ、楽しそうだね、何処へ行くんだい。良いことでもあったの?とても嬉しそうよ。と、そんな感じに。確かに私は嬉しかった。何故ならボローニャに相棒を残してローマにやって来てしまった私を、周囲の人達が良くしてくれたし、ボローニャの田舎でぐずぐずしている生活から脱出して自分の友人知人、同僚を手に入れて、自分の足で立って生活している実感を再び取り戻したからだ。これで相棒がローマに引っ越して来れば完璧だったが、世の中そうはうまくいかないもので、私が手に入れた生活を折りたたんでポケットにしまってボローニャに帰ってしまったけれど。でも、と思う。私があの頃ローマに行ってあの生活をしなかったらば、恐らくとっくの昔にしっぽを巻いてアメリカか日本へ逃げていったことだろう。何故ならボローニャの田舎でのぐずぐずした生活はそれほど長く続けられるようなものではなかったから。受け入れなければならぬことばかりで、自分がしたいことも求めていることも認められることはなかっただろうから。
と、そこまで考えて、思う。今が何と幸せなことか。ああだ、こうだと文句を言いながらも、自分の居所があり、自分の意思で色んなことを決めることが出来て。随分と贅沢になったものだ。窓の外の揺れる菩提樹の葉を眺めながら、今手元にある普通の生活の幸せを噛み締め、そして自分に言い聞かせるのだ。もう少し感謝しなくてはいけない。

猫は随分と気持ちが落ち着いたらしく、いつものような機嫌のよい猫に戻った。歩く私の背後について歩き、時々、ねえ、ねえ、と言うかのようにグイッと膝っ小僧に頭を押し付ける。はいはい。機嫌が良くてよろしい。人間も猫も元気で機嫌がいいのが一番だ。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

moonriver

yspringmindさん こんにちは。
親にとって子供はいつまで経っても子供と言うのは,紛れもなく事実ですね。親が100歳で子供が80歳だとしても(^^)/

菩提樹の木って好きです。マロニエの木やプラタナスの木と間違えるときが・・(笑)

自分の居場所があるって幸せだと思います、私も居場所がないと感じることが多々あります。いまだに社会についていけなさを感じたり、無性に孤独感に陥ったり、自分はいったいどこに向かっているのだろう、、とか、ね。
yspringmind さんの文章は読んでいてすごくすごく共感できる「すと~んと心にはいってくる感じ」、ハッと気づかされることも多いです(^O^) 感謝です!
いろいろ言いたいけれど、上手くコメントできなくて・・(/_;)


  • URL
  • 2018/05/14 15:50
  • Edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2018/05/14 16:05

yspringmind

moonriverさん、こんにちは。自分の居場所があるのは本当に有難いことだと思います。moonriverさんは社会についていけなさを感じたり、無性に孤独感に陥ったり、自分はいったいどこに向かっているのだろう、思うことがあるそうですが、それは考えようによっては良いことなのだと思います。そういうことに気づかずに生活している人が何と多く居ることか。感受性が強くて模索しながら生活している証拠、ポジティブなことだと私は思います。そういうことを感じたり考えることは大切なことだと私は思いますよ。
  • URL
  • 2018/05/15 20:59

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR