寄り道

DSCF0585 small


隣の家の庭は花盛り。薔薇が美しく咲いている。それに3日前まで気づかなかったのは何故だろう。そして此れほど見事な薔薇に育てたのは、隣の家族のいったい誰なのだろうと思いを巡らす。少なくとも3種類の薔薇があり、それぞれが20も30もの花をつけていて、花園という言葉がぴたりとくる。こんな素敵な庭にして、こんな美しい薔薇を咲かせて、と隣の人にばったり会ったら称賛しようと思っているのに、何故か誰にも会わない。いつもなら頻繁に会うというのに。明日あたりに会えるとよいけれど。日曜日の雨が降る前に。

ボローニャ辺りは日曜日に雨が降る予報がてているから、今のうちに楽しんでおこう、と仕事帰りに寄り道した。今日の寄り道は公園。ボローニャ旧市街を取り囲む環状道路のすぐ外に存在する大きな大きな公園。何時もならばバスに乗って素通りだけど、今日から3日間楽しい催し物があると知ってのことだった。話によれ沢山の出店が出るらしく、その多くは植物を販売する店。私はゼラニウムを少し購入したいと少し前から思っていたのである。明るい夕方、何時までも明るいこの季節の夕方だ。催し物は20時までとのことで、18時半も随分な賑わいだった。いや、寧ろ、仕事帰りの人達や夕方の散歩を楽しむ人達でごった返していたと言っても過言ではない。私は植物を眺め、通り過ぎていく人達の寛いが表情を眺めているうちにすっかり気が済んでしまった。ゼラニウムを置く店は当然存在したけれど、店の人は客の対応で忙しく、またの機会にしようと思って店の前を退き、人の波に乗って公園の外に出た。折角来たのに手ぶらで帰るのも残念だけど、私はやはり人混みが苦手だ。昔住んでいたアメリカではストリートフェアの人混みが好きだったけれど、今は人は少なければ少ないほど良いと思うようになった。
それにしても、この公園に足を踏み込んだのは、18年振りくらいだ。別に避けていたわけでもないのに、それほどの年月が経ってしまった。亀のいる池は今も存在するのだろうか。昔歩いた場所は今も同じ情景だろうか。私は公園に全然足が向かないが、此れほどの大きな公園が存在することをとても贅沢なことだと思う。ボローニャが素晴らしい理由のひとつだと思う。

明日の土曜日は歩くための靴を履いて出掛けよう。何時も足が向かない界隈に行ってみようと思う。今が一番丁度良い時期なのだ。もうひと月もすれば暑くて大汗をかいて歩くのが億劫になってしまうだろうから。歩ける喜び、健康の喜びを堪能しようではないか。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

moonriver

こんにちは。

私も人込みは苦手です。20代の頃はそうでもなかったのに。(笑)
仕事帰りに寄り道、息抜きになっていいと思います。私も自転車に乗ってて、ちょっとした探検気分で公園へ寄り道することがあります。やはり人はそういう時間も必要だなぁ~思います。

「歩くための靴を履いて出掛けよう・・・・」、ハッとしました。私も歩くための靴をはいてお散歩、、早速です(笑)


話それますが、渡辺葉さんのエッセイのほかに、須賀敦子さんの本が大好きです。おすすめです。

本を読むのがすきなので、、何かおすすめがあればまたそのうち教えてください(^J^)



ゆっくりのんびりと今後もブログ更新、楽しみにしています!
  • URL
  • 2018/05/12 05:51
  • Edit

yspringmind

moonriverさん、こんにちは。仕事帰りに寄り道が大好きです。しかし時間の都合で早々頻繁にはしていられず、このところ家に直行が続いていましたから、これは本当に楽しかったです。
渡辺葉さんと言うのですね、エッセイを書いたのは。須賀敦子さんの本は私も好きです。1999年頃だったでしょうか、君が好きだろうからと言って知人が貸してくれたのが最初の本でした。それから数冊読みました。なかなかこんな風にエッセイを書ける人は居ない、そんな風に思っています。まだ読んでいない本がありますから、日本に帰省した際に購入する予定なのですよ。私も本が大好きです。こちらこそ良い本がありましたらぜひ教えてくださいね。
  • URL
  • 2018/05/12 22:27

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR