自分らしいもの

DSC_0078 small


復活祭の週末。明日の日曜日はパスクア(復活祭)、翌月曜日はパスクエッタで祝日ときているものだから、金曜日くらいから北へ南へと大移動が始まり、今日はもう静かなものだ。昔はこうした祝日を家族で過ごすのが習わしだった。上階の家族は習わし通り一足先に木曜日には沢山の食料品を車に詰め込んで家族みんなで旅だった。目的地は彼らの山の家に違いない。この家族はこうした休みがあると前後に休みを追加して山の家に行くことが多いから。とても仲が良いのだ、この家族は。と、私は病で寝込みながら、旅立つ彼らの様子を羨ましく思った。体が弱っている分だけ、楽しそうな彼らの様子が羨ましかった。しかしそれもすでに過去のこと。5日ぶりに元気を取り戻して、土、日、月の3連休を楽しめることを嬉しく思う。空の様子は気まぐれで晴れたり曇ったり、そしてうっかり目を外した途端に雨も降るが、これも春の証拠と思えばよい。春とはこういうものなのだ、と。

昨日、朝からサングラスが必要だったのは、前方から白く輝く強い日差しのせいだった。愛用しているのはレイバンのクラブマスター。使い勝手が良くて自分らしいこともあり、ここ数年こればかりだ。他にもあるが何故かこれにばかり手が伸びる。そういえば、私達の間でレイバンが異常に人気だった頃がある。1980年代後半から1990年代前半のことで、ちょうど私がアメリカに夢中で足しげく通い、そして暮らすようになった頃のことだ。80年代後半はサングラスよりも兎に角アメリカに行きたかったし、90年代初めはアメリカに暮らし始めて少しでも無駄遣いをしたくなかったからサングラスどころではなかった。そんな私の前に登場したのが一緒に暮らし始めた友人だった。今思えばあれは復活祭のに日曜日だった。何をする予定もない私達は外の快晴に誘われて外に出ることにした。彼女が誘ったのか、出掛けようとしていた私に彼女がついてきたのかは、今となっては思いだすことが出来ない。兎に角やっと4月というのに半袖シャツで充分なほどの気温だった。私達はアパートメントの前からひたすらサクラメント通りを歩いた。少し行くと、感じの良い界隈があることを知っていたからだった。この街には素敵な界隈はいくらでもあったけれど、観光化されていないその辺りはこの街に暮らし始めた私達にはとても魅力的だった。その分家賃が高いのも知っていた。何しろ私達はこの街のこれと言った界隈の物件を見て歩いたのだから。だから私達にとっては憧れの界隈と呼べばよかったのかもしれない。子供たちが大人に手を引かれて歩く様子。歩道に並べられた美しい花。色を付けられた卵たち。卵を探すのではなくて、店の人達が子供たちに色付けした綺麗な卵を手渡ししている様子が印象的だった。昔、私が小さい頃、復活祭に向けてゆで卵に色を付けたことを思いだしながら。ふと気がつくと、隣を歩いている彼女が格好の良いサングラスを掛けていることに気づいた。それはレイバンの、ジョン・レノンが70年代に掛けていたような丸メガネで、当時200ドルを超えるそれは私には高級品だった。訊けば店で見つけて試してみたら格好が良かったので購入したという。サングラスも格好いいが、そんなセリフをさらりと言う彼女も格好いいと心底思った。好きなものを購入する、それはいいことだと思った。それから少しすると別の友人が格好の良いサングラスを掛けていた。彼女にぴったりのサングラス。これはレイバンのウェイファーラーで、私はサングラスはレイバンしか掛けない、と言い切る彼女の言葉が今も耳から離れない。何故もそうレイバンに拘るのだろうと思っていたが、数年前、店先にそれがあって、店の人に頼んで試させて貰ったら、その理由が分かったような気がした。掛けやすいこと。シンプルなこと。飾り気のないそれが自分らしいと思った。それ以来、手元にある他のサングラスに手が伸びなくなった。もう何年もこればかり。ボローニャには多数のメガネ屋さんが存在して、無数の格好いいサングラスが存在して、時にはショーウィンドウを眺めながら新作のサングラスに心を奪われたりするのだが、多分これから先も私はレイバンのクラブマスター。よほどの出会いがない限り、心変わりはしないだろう。

だから私は変わり映えがしないと人から言われることがある。でも、それもいいではないか。シンプルで身に着けていて気分の良いもの、それが一番自分らしい。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR