置いてきぼりの場所

P1020825 small


今日は少し暑くなった。と言っても、冷房の必要はない。それに朝晩は窓を開け放つこともない。街を歩いていると、ほんの少しだけ夏の名残を見つけることが出来る。それは人々の軽装や、自慢するように剥き出しになった焼けた肌。そして強い日差しと濃い影。青果店に美味しい桃が並ばなくなってきたのは夏が終わろうとしている証拠であり、次の季節へと移り変わろうとしている証拠。ああ、しかし、この辺りの桃は確かに終わりかもしれないけれど、ナポリに行けば手に入る、9月の美味しい桃。何故あの桃はボローニャで手に入らないのだろうと、もう16年近く考えている。あのずっしりと、果汁が詰まった大きな桃。久しぶりに旧市街の食料品市場に行って探してみようか。

多くの人がいつもの生活に戻ったらしいこの頃、旧市街に、ぽっかりと、空っぽの場所を見つけることがある。置いてきぼりにされたような。こんなボローニャが好きだ。




人気ブログランキングへ 

Pagination

Comment

kimilon

まあ ナポリの桃って大きくて果汁がずっしり なんですか? それは いつか食べてみたいなあ。
今年は 雨が降らなくて とても暑い夏でしたけれど もう 10年ほど前に植えた 白桃が初めて 沢山 実をつけてくれました。美味しくて 美味しくて そのままで コンポートにしてと 楽しみました。
夏の初めに 行ってしまった 義父が幼少期を過ごした家なので 彼の置き土産のような 気もしています。
  • URL
  • 2017/09/07 08:25
  • Edit

yspringmind

kimilonさん、こんにちは。ナポリの、と言いますか、ナポリ辺りで収穫されるらしい桃は、本当に大きくて甘くて果汁がたっぷりで、ひとつ食べるとお腹が満たされてしまうほどです。これ、ボローニャで探していますが、未だに見つかりません。
ところで10年前に植えた白桃が初めて沢山実をつけたそうですね。嬉しいですねえ。kimilonさんが美味しそうに桃を頬張っている様子が目に浮かびます。きっとお義父様のからの贈り物ですよ。
  • URL
  • 2017/09/07 20:00

kimilon

きっと そうですよね。
今年は 果物がたくさんできました。サクランボも ブドウも イチジクも。感謝していただくことにしましょう。
それにしても ナポリの桃 おいしそうですねえ。
  • URL
  • 2017/09/08 08:34
  • Edit

yspringmind

kimilonさん、お庭に果物が実るというのは良い印なのだそうです。果物も生きていますから、感じの悪い庭や環境の悪い場所では実らないのだそうですよ。
  • URL
  • 2017/09/09 17:24

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

yspringmind

Author:yspringmind
ボローニャで考えたこと。

雑記帖の連絡先は
こちら。
ysmind@gmail.com 

フリーエリア

月別アーカイブ

QRコード

QR