長いしっぽ

DSC_0045 small


細く長いしっぽ。犬のしっぽ。斜め前の座席に腰を下ろした飼い主の前にちょこんと座った犬を、私は眺めていた。仕事帰りのバスの中でのことである。飼い主は坊主頭の、何だか怖そうな感じの若い男性だった。対して犬は優しそうな瞳の中型犬。痩せているわけではないけれど、細身で、しっぽを車内の床に垂らして、忠義を守るかのようにして飼い主を一心に見つめていた。あのしっぽ、誰かに踏まれなければいいけれど、と思ったけれど、バスは程よく空いているから心配はなさそうだった。バスが停車して、幾人かが下車し、入れ替わりに幾人かが乗り込んできた。その中に何か嫌な感じのする年配の女性が居た。髪はぼさぼさで、それを後ろで結わいていた。何が不満なのか仏頂面で、どやどやと歩き散らす感じで乗り込んできた、といった印象だった。そう思った瞬間に、悲鳴が聞こえた。犬の、あの犬の悲鳴だった。あの年配の女性が犬のしっぽを踏んだらしい。すると年配の女性は身を屈めて犬の腰からしっぽを優しく撫ではじめた。ごめんね、本当にごめんね。痛かったよね。そんなことを言いながら。怖そうな感じの飼い主が言う。シニョーラ、いいんですよ。彼女がしっぽをあんなに長く垂らしていたのがいけなかった。ほら、こっちにおいで。そんなところに居たらみんなの邪魔になるんだよ。その声といい、口調といい、第一印象の怖さが嘘のように優しかった。混み始めたバスの中で、年配の女性は犬にとても優しかった。あ、あなた、犬のしっぽを踏まないでね。踏んだら痛いんだから。そんなことを言いながら周囲の人に注意を促し続けた。そうして男性と犬が下車する時、男性が言った。親切なシニョーラ、あなたに良いことがありますように。私はすっかり参ってしまった。年配の女性のことにしても。嫌な感じだなんて。知りもしないのに。そんなことを思うなんて。先入観は失敗の始まり。先入観で物事を見ると、失敗すると思った瞬間だった。犬にはかわいそうだったけれど、こうしたことを通じて、忘れかけていた大切なことを思いだした。

家に帰ると猫の長いしっぽ。冷えた床が気持ちよいのだろう、長く伸びた肢体から、細くて長いしっぽが。踏まれないように気を付けてね。って、間違えて踏んでしまったのは他の誰でもない、この私だ。




人気ブログランキングへ 

コメント

先入観は、しょうがないですね。私もよくあります。

2017/07/22 (Sat) 13:55 | つばめ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。先入観はダメ、と常に思っているのですが・・・。まだまだ修行が足りません。

2017/07/22 (Sat) 19:39 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する