美しい

DSC_0023 small


朝から風が強く涼しい一日。ひょっとして此の辺りだけなのかもしれないとも思う。昨年、日本へと旅立つ日も風が沢山吹いていて、涼しくてどうしようもなかった。空港へ行く為に呼んだ車の運転手に、今日は風が強くて飛行機が心配だと零したら、シニョーラ、風が吹いているのは此の辺りだけですよ、と返された。実際、旧市街に近づくと木の枝は微動すらせず、正午で日影がない歩道を汗を拭きながら歩く人を幾人もみた。この風は、時には困りものなのである。例えば冬に吹く風。日除け戸を叩く音が耳について眠れなかったりするから。

昨日のことだ。ちょっと用事があって、いつも行かない界隈に足を延ばした。とはいえ、旧市街の中で、贔屓にしている店もなければ、友人も住んでいない、それであまり行くことがないといった具合なのである。朝のうちは涼しかったとはいえ、何しろ週末の旧市街はバス侵入規制があるために、いつもの倍は歩かねばならぬ。重いものが鞄に入っていたこともあり、昼になる頃には額に汗が浮かんだ。それに喉が渇いていた。用を済ませたので、さっさと帰ろうと思ったが、少し先にある店を思いだして立ち寄ることにした。冷たいものでも頂こうと思って。Le Stanze. この店との出会いは随分前のことになるが、初めて入ったその日から好きになった。Bentivoglio家のチャペル場所がバールになっているのだが、昔の味わいがよく残されていて、大変貴重な空間と私はいつも思うのだ。このBentivoglio家というのは14世紀半ばから16世紀の間、事実上ボローニャを支配した一族なのであるが、彼らの個人的なチャペルがこんな風にして一般市民がカッフェやワイン、カクテルを楽しみに来るようになるとは、当時の人達は夢にも思わなかなかっただろう。さて、店は開けたばかりらしく、客はひとりも居なかった。美しい髪の若い女性と私と同じくらいの年齢の男性が居て、店を開けた後の準備作業に精を出していた。こんにちは。と明るい声で迎えてくれた女性。檸檬を絞ったジュースを飲みたいのだという私に、レモンソーダならあるけれど、と言った炭酸物は飲みたくないの、レモンジュースが欲しいのよ、と強請る私に、彼女は首をかしげながら考えて言った。そういうメニューはないけれど、そうだ、レモンを、そしてオレンジも絞りましょう。檸檬だけでは酸っぱすぎますからね。話が纏まってレモンとオレンジを絞って貰っている間に、天井の美しいフレスコ画を眺めた。美しいわよね、と話しかけると、彼女はここに働き始めて1年が経つが、見飽きたことなど一度もない、全く美しい場所だと言った。以前この店で知人とワインを頂きながら、この場所が自分の家の一部だったらどんなに素晴らしいだろうと想像したことがあった、と私が呟くと、彼女はそんなことは想像したこともなかったと大変驚いたようだった。彼女はロシア人とのことだった。美しい姿。美しい金色の長い髪。美しい顔立ちに、感じの良い人柄だから、きっと店の人気者に違いない。美味しいレモンジュースをありがとうと勘定を済ませて店を出る際、楽しいお喋りをありがとうと彼女は言った。楽しいお喋り。私も楽しかった。あまり歩かない界隈と言わずに、時には足を延ばして、ジュースの一杯、カッフェの一杯、ワインの一杯を楽しみに来ようと思った。感じの良い店。美しい空間。


何処かからトランペットの音。近所にトランペット演奏者が住んでいるらしく、時折、日曜日の遅い夕方に、無料の演奏を堪能できる。大変良い音色なので素人ではあるまい。近所の人達もこんな音色だから、文句のひとつも言わない。美しい夏の夕方が、さらに美しく感じる瞬間。




人気ブログランキングへ 

コメント

羨ましいです。

yspringmindさんへ。

こんにちは。スッカリご無沙汰しています。
そちらも暑いみたいですね……でもお元気そう!
記事を読ませて貰って羨ましい気持ちで一杯になりました。
「楽しいお喋りをありがとう」最近の中で一番素敵な言葉!
僕の住む街は下街ですから、路地、路地に、
口煩いしかめ面のオバさんと野良猫がいます(苦笑)
野良猫は可愛いけどオバさんは……近隣と仲悪いし。
ごくごく日常にこんな素敵な店もないし……。
お気に入りのレストランやカフェは幾つかありますけど、
わざわざ電車で出掛けて行かなければ……。
個人的なチャペルがバリッバリの商業主義ではなく、
こんな感じに素敵に残っているなんて、
子孫の方達も嬉しいのではありませんか?
素敵な記事をありがとうございました・
お陰でこの暑さをチョッと乗り切れそうです。

ブノワ。

2017/07/17 (Mon) 08:26 | ブノワ。 #kZkdgmoI | URL | 編集

こんにちは、yspringmindさん。
街中の行き交う人、みんな半袖ですね。
日本では、日に焼けるのをおそれ、半袖の下にうでぬきをしたり、日傘をさしたり、てんやわんやですがね。
見てるだけで、暑そうなので私はしません。でも、真夏には砂漠の暑さくらいになる日は考えないと、いけませんね。

2017/07/18 (Tue) 13:24 | つばめ #- | URL | 編集
Re: 羨ましいです。

ブノワさん、こんにちは。こちらこそご無沙汰してますが私は元気ですよ。
私は行く先々で知らない人と平気で話しかける、または話をする癖と言うか、習慣と言うか、趣味と言うか、そういうものがありまして、傍から見てもそんな風に見えるのか、話しかけられることが多いのです。尤も楽しい話ばかりでないのですが、気分の良い会話ができる相手に巡り合った時は嬉しいですねえ。楽しいお喋りをありがとう、なんて言われた時には最高です。
ボローニャにも近年沢山のカフェはオープンしてよりどりみどりなのですが、しかしこんなカフェはなかなかなくて、ブノワさんがボローニャに住んでいたら、ちょっとワインでもどう?とお誘いするのにね。

2017/07/19 (Wed) 23:06 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

つばめさん、こんにちは。皆半そで若しくは袖なしです。陽に焼けるのを恐れる人などいません。むしろ、日に焼けたくてどうしようもないといった感じです。私も半そでです。これ以上日、陽に焼ける必要がないくらい黒いので、影を探して歩いていますよ。

2017/07/19 (Wed) 23:16 | yspringmind #- | URL | 編集
No title

yspringmindさん、こんにちは


暑中お見舞い申し上げます

お元気にされていますか?


暑さに、まいっておられる頃かもしれませんね^^;


御写真、相変わらず素敵ですね

何だか、今回の御写真をみて、ひどく懐かしい気分に浸りました



なぜでしょうね?

ボローニャは、訪れた事がないのに・・・


イタリアは、2度訪れていますが、デジャブなんでしょうか?


京都は梅雨が明けましたが

相変わらず、湿度の高い毎日


そして、祇園祭

もうすぐ、クライマックスを迎えます

2017/07/21 (Fri) 22:48 | 高兄 #eP1cGWnA | URL | 編集
Re: No title

高兄さん、こんにちは。暑いですね。お察しの通り、暑さに参っています。鰻。鰻のかば焼きか何かで栄養つけなくちゃ、と行きたいところですが、来年まで我慢です。
高兄さんのブログの写真拝見したのですが、祭りの準備って大変ですね。それにしても縄仕事の美しいこと。手で触ってみたいと思いました。こういう物が大好きです。こういう物を目の前にしたら、震えがくるくらい大好きなんですよ。こういう物を見ることが出来る高兄さん、羨ましいです。
今日とも暑いようですね。どうかお元気で。

2017/07/22 (Sat) 19:37 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する