楽しむこと

DSC_0007 small


暑い日が戻ってきた。夕方、職場を後にする時の暑さと言ったら言葉にし難く、しかし明日はもっと暑くなるらしいと知って、暑いの一言をぐっとのみこむ。もう18時前と言うのに日差しはまだ、真昼のような強さで肌を射る。夏至はもう過ぎたのに日は十分長く、遅くまで明るいせいで夕食時間が遅くなる一方だ。
家に帰ってきてテラスに続く大窓を開けたら、向こうの方に近所に住む夫婦者が休暇に出掛ける準備をしているのが見えた。もう、とっくの昔に年金生活に入ったであろう夫婦で、夫の方は夏だろうと冬だろうと朝早くにガレージから車を出してどこかへ出かける。多分、朝早く目が覚めてしまうのだろう。少しすると帰ってきて家の中に入る、それが朝の6時半だ。いったい何処へ行くのだろう、こんなに朝早く、と此処に住み始めたばかりの頃は思ったものだが、今はそれほど気にしていない。朝のドライブ。それとも朝一番にパン屋に行っているのか。そんなところだと睨んでいる。それで夫婦は、彼らの車にこれでもかこれでもかと荷物を積み込んで、車の上にまで括り付けて、これで彼らが座席に座ったならば、重量オーバーで車が悲鳴を上げるのではなかろうか、などと思っていたら、案の定、夫の方が、駄目だ、駄目だ、こんなものは必要ないだろう、これも、これも、と荷物を減らし始め、ようやく荷物積みが済んだらしく、やれやれ、とふたりは大きなため息をつき、汗をぬぐって車に乗り込むと、軽快なエンジンの音を立てて旅立った。想像するに、彼らは海に行くのだろう。そんな感じの荷物だったから。そんなことを考えていたら、ずっと昔のことを思いだした。

相棒と私がアメリカを離れてボローニャに暮らし始めた1995年の夏、アドリア海へ行った。行った理由は相棒の家族が毎年7月になると丸々ひと月アドリア海の町にアパートメントを借りて過ごすからだった。その年に限っては6、7月のふた月を海で過ごすことにしたらしく、いつもと同じ建物の一番広いアパートメントを確保したから、相棒と私にも夏の休暇に参加することを勧めたからだった。私はあまり気乗りがしなかったが、相棒は家族と過ごす夏を喜び、いつもは会えない気に入りの小さな甥っ子も来るからと言って、私を説き伏せて1週間、そして間をあけてまた一週間を海で過ごすことになった。海辺は非常に暑かった。だから午前を海辺で過ごすとアパートメントに戻り、ゆっくり昼食をとり、昼寝をして、午後も4時頃まで外に出ることはなかった。姑は体を休めるとか、のんびり時間を過ごす術を知らないのか、それとも忙しくしているのが好きなのか、食事の後は後片付けをして、家中の掃き回り、拭き掃除をして、洗濯を干して、乾いている洗濯物にアイロンをかけた。ゆっくりすればいいのにと言うと、することが沢山あるからと言った。それは夕食後も同様で、朝にしてもまだ涼しい5時に起きて家のことをして過ごした。ボローニャに居た方がよかったのではないかと皆が言ったが、姑は耳を貸すことなく、ボローニャに居る時の倍も働き、そうしては折角海に来たのに忙しくて忙しくてと不平不満を言った。そんな姑を手伝わぬわけにはいかなくて、そういうこともあって、なかなか忘れがたい夏の思い出なのである。姑はかわいそうな人だったのだと思う。自分のために時間を使うことを知らなかったのだと思う。そんな姑を見ながら、私は思ったものである。私は自分の人生を楽しもう。したいことをして、愚痴や文句を言わぬ生活をしよう、と。文句を言っているうちに人生が終わってしまわないように。

私の夏休みはひと月先だ。まだ1か月もあるのか、という気持ちと、なんだ、あと1か月しかないじゃないか、という気持ちが交差する。少しづつ人が減り始めたボローニャの街。来週にはまた更に、人も車も減るに違いない。




人気ブログランキングへ 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/08 (Sat) 01:04 | # | | 編集
No title

もうそんな季節が近づいているのですね。
私は9月に仕事で三日間だけフィレンツェに行くのですが、その頃は街ももぬけの殻になっているのでしょう。
まあバールだけ開いていれば良いですが。
しかしイタリアの人は長期休暇を消費するのが上手ですね。羨ましいです。

2017/07/08 (Sat) 15:27 | Via Valdossola #P6wRKz4w | URL | 編集
No title

来月の休暇が楽しみですね!

此方は緑に囲まれた快適な家が多い大学街ですのに
それでも 休暇にいくのを住み始めた頃は不思議に感じていました
日本人にはちよっと想像がつかなかったです

友人が 休暇の時に自分のシンプルなアパートを貸したいと。。
場所もいいし、古い可愛いアパートで 
日本から方を探したそうですが この頃は海外に出たくない若い方が多く
借り手がないと落胆していました  
冒険好きだった自分の若い頃を思い出し 驚いています~



2017/07/08 (Sat) 16:52 | すぷーん #EQkw1b1A | URL | 編集
Re: タイトルなし

鍵コメさん、こんにちは。ビール! 私はビールを飲めないのです。苦いから、と言ったら笑われますでしょうか。チェコに美味しいビールがあるそうですよ。これを飲んだらビール嫌いの私でもきっと好きになるのだそうです。

2017/07/09 (Sun) 15:16 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

Via Valdossolaさん、こんにちは。早いものですね、もう夏の休暇の季節なんですから。9月に仕事で三日間だけフィレンツェ・・・3日間ですか! フィレンツェは季節問わず旅行者であふれかえっていますよ。9月は日本の旅行者が多い季節でもあります。そして夏の休暇はすっかり終わってイタリア人も普通の生活に戻っていることでしょう。
長期休暇の消費の仕方・・・いいえ、イタリア人はどれだけ休暇があっても十分ではないのですよ。

2017/07/09 (Sun) 15:19 | yspringmind #- | URL | 編集
Re: No title

すぷーんさん、こんにちは。来月が楽しみでなりません。涼しさを求めてウィーンへ。この夏は何処も暑いですが少なくともボローニャよりは涼しいでしょう。
すぷーんさんの街は緑に囲まれた快適な家が多い大学街にあるのですか。まあ、羨ましい。私の住む辺りも緑がそれなりに在りますが、やはり皆出かけますよ、休暇に。一年に何度も、2,3週間の単位で。隙あれば休暇、街から脱出、です。
ところでこの頃日本では外国に行きたくない若い人が多いだなんて驚きですね。外国へ行きたくて仕方なかった私にはちょっと理解が難しいけれど、人それぞれ、時代の流れでしょうか。ご友人のアパート、私が借りたいくらいですよ。

2017/07/09 (Sun) 15:26 | yspringmind #- | URL | 編集
No title

こんにちは。おひさしぶりです。かれこれしつこい風邪に悩まされて2週間も経ってしまいました。
無理して参加したバレエの発表会がよくなかったのか・・

アメリカの話のくだり。なんだかyspringmindさんがもうその頃からその国に住むことになるような、そんな感覚でいたのですね。
なんだか、脳の奥の遠い記憶をうまく描かれているなあと、いつも感心してしまいます。

yspringmindさんも夏バテには気をつけて・・

2017/07/09 (Sun) 16:19 | inei-reisan #pNQOf01M | URL | 編集
Re: No title

inei-reisanさん、こんにちは。今の時期の風邪は辛いですね。ゆっくり休んでしっかり治してくださいね。若くても無理は禁物、ですよ。
アメリカに住もう、この街に住もう、と決めたのは初めての旅行の時でした。感覚が合うというのか相性がいいというのか、直感しました。そのアメリカに暮らすまで3年思いを温めましたから、遠い記憶とはいえ、今でも鮮明なのですよ。それなのに離れてしまった…どうしてかな。

2017/07/16 (Sun) 21:58 | yspringmind #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する